MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
文庫版『おしゃべりニューヨーク』と仕事のいろいろーその1
文庫版『おしゃべりニューヨーク』第一巻・上陸編が発売となって数週間たちました〜〜。
先週末まで、第二巻・生活編の書き下ろし分をやっておりましたが、無事校了。
こちらは12/18発売になります♬

上陸編の書き下ろし分は、イントロまんが(単行本のときの一巻のイントロまんがを、アップデートして書き直したもの)、見開き2ページのエリアガイド7つ(ひとつは1ページ)、巻末のエッセイ&イラスト(単行本時の書き下ろしとして掲載されたものをもとに、書き足し、アップデートしてまとめました。イラストは書き下ろし)です。
生活編の書き下ろしは、食べ物に関するイントロまんが、めちゃかんたんなスイーツレシピ(『アメリカまるかじり』や『はらぺこキッチン』などを読んでくださったかたには、おなじみというか、これしかないのか!って、あいかわらずのレシピですが、、、、汗)を6つ、巻末のエッセイ&イラスト(クイーンズとブルックリンのエスニック食べ物について)です。

***

文庫としてまとめるにあたって、やっぱ一応20年程度前のものなので、ひとつひとつに掲載年月日なんかを入れたほうがいいのじゃないかとも思ったのですが、内容はほぼ、情報ではなくエピソードなので、とくにその必要はないのじゃないかということになりました。
ということ、編集さんに言っていただけて、嬉しかった。

さすがに、ポケベルのこととか、今もうわかんないようなページは削除しました。
当時はネットもなく調べきれてないところもあり(雑誌掲載時も調べましたし、単行本になるときは校正も入っていたのですが)、今回改めて,細かいところまで全て調べていただいて、かなり修正もしました〜〜(汗汗)。

なんせ、書き文字が多いので、当時単行本になるときも、ペンと修正液を持って、集英社の会議室に一日こもり、赤字のびっしり入った原稿にアナログで修正を入れてったことを思い出します(5巻、それぞれ)。
書き文字の、てん、とか、ハネとかも、修正(今回の書き下ろしもですが)しながら、各ページのタイトルもその場で考えながらつけて(雑誌掲載時には、その号のテーマタイトルはついてなかったので)、書き文字タイトルその場で書いたっけ。。。。

前の単行本は5巻あるんですが、そもそも連載が、月刊誌に毎月2ページ&隔月刊の増刊に4ページずつという、ゆっくりペースでして、単行本1巻分がたまるのに2年半かかったんですよね。

『おしゃべりニューヨーク』を連載していたYOUNG YOUは、今はもうなくなってしまったのですが、とても思い出深い雑誌です。
なんせ、創刊からラストまで、たぶんすべての号に書かせてもらってた(たぶん)し、執筆されてるマンガもみんな大好きでした。
自分のはまあおいとくとして(汗)、載ってるマンガはどれも、少しずつ挑戦的で、おしゃれで、おもしろかった。少女マンガが大好きなおとなのための、でもレディースコミックじゃない微妙な層(年齢が、というわけではなく)向けで、自分も大ファン読者でした。

創刊時からしばらくは、東京の近所でみかけたことなんかをエッセイで書いていて、そのうち、キャラのネーミングだけを資生堂だったかの商品とタイアップした「パーキーちゃん」というシリーズを、他のマンガ家さんから受け継ぎ、食べ物エッセイ(だっけな)を描いていました。
その途中でNYに行く事になり、キャラはそのまま受け継いで、タイトルと場所と内容が『おしゃべりニューヨーク』になったというわけです。
『おしゃべりニューヨーク』の、くるくるヘアスタイルは、パーキーちゃんっていうキャラのために考えたものでした。

(続く)
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/11/15 (土) 19:21:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.