MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大MON展のおしらせ
10月に成安造形大学にて、28年間全仕事の展覧会をすることになりました!

【大MON展】
2012年10月2日(火)〜14日(日)


MONTEN-kuroウェブサイト修正版 のコピー
(クリックですごく拡大)

成安造形大学内ギャラリーのうちの4つを使っての、もういつ死んでもいいかもしれない回顧展!?
・ギャラリーフォレスト「シロクロのへや」:単行本約10冊分のマンガ原稿を中心に原稿、雑誌や単行本のイラストカットなどモノクロ原画を展示。
・ライトギャラリー「イロイロのへや」:『アメリカまるかじり』150ページ原稿と自費出版本MONMONBOOKS原画を中心に、雑誌や単行本用のイラスト・カットの展示。
・ギャラリーウインドウ「イヌイヌのへや」:黒犬グッズ。
・学内カフェ結エントランス:冊子とグッズ販売。

上から3つのギャラリーは12:00-18:00
カフェ「結」営業時間11:00-18:00


10/8はすべて休館
カフェ結は10/8と10/14休み。
●10/6・7日は大学祭もやってます

アクセス:JR京都駅から湖西線で約20分、おごと温泉駅下車、湖側ターミナル滋賀銀行前より無料スクールバス3分

各ギャラリーの場所こちらにて確認いただけます。また、守衛室(スクールバス発着所すぐ)と各ギャラリーにマップを 用意しておりますので、ご利用ください。
(お車の場合は「結」駐車場から校庭への通路山側にライトギャラリーがあります)

関連イベント1:ギャラリートーク
10/12(金)18:30〜ライトギャラリー前か中にて(お天気や気温により、きもちの良い方を当日決定)
自由に飲み食いしながらユルくお話ししましょう(申し込み不要/無料)。
ゲスト:青木俊直(漫画家)まつむらまきお(漫画家)
そもそものスタート地点であり、ここ数年また活動の場ともしている同人誌・自費出版の世界。 つかずはなれずみてきたこの30年について、ゲストをお迎えしてのトーク。30年前の同人誌など黒歴史も登場するかも!?

関連イベント2: Zine Picnic in 滋賀
10/13(土)12:00-16:30 詳しくはこちら
成安造形大学内カフェ「結」ウッドテラスにて
ZINEとは、じぶんで作る本のこと。Zine PicnicはZINEの販売や交換を通したコミュニケーションの場です♬レジャーシートとZINE、おやつやおにぎりを持ってお気軽にご参加ください(参加費/申込不要)。
*大阪のZINE専門店Books Dantalion出店、 京都の期間限定書店・三条富小路書店出店。その他、豆ZINEワークショップなど開催予定。

**************

ただいま、押し入れをひっくりかえして、すべての現存原稿を発掘中!展覧会のコピーとしましては
「作品」はない/あるのは「原稿」だけ/たくさんあるよ!
としています。

わたしは個人的には、イラストというのは原画を見せるためのものではないということをずっと思ってまして、別にそういうポリシーがあったわけではなく、28年間ずっとこの仕事をしてきて、99%、印刷されるためにしか描いたことがないのです。
ですし、やっぱそういうもんだと心の底では思っています(自分に関してですよ)。

ここしばらく、じぶんの描いたものを「作品」と言われたときの居心地の悪さについて考えていて、「作品」を作ろうとして描いたこともないし、何に使うか考えてからしか描いたことないし、じたばたと、なんだかとっても遅く来た反抗期のように、「’作品’なんかじゃねーよ!」みたいな気持ちをこめてみました〜。

どんなものでも、その価値というのは、あくまで見る人の気持ちにあるものですよね。
何がアートかとか、あっている、まちがっているっていうような議論にはまったく興味がなくて、わたしが好きじゃなくてもたくさんの人が好きならそれでいいし、わたしだけが好きであってもいいし。
何がイラストなのか、何が作品なのかとか言いたいのではなく、たとえば世界にひとつの作品と、こどもが描いたものと、茶色く焼けた雑誌のキリヌキを大事に持っている人の気持ちには違いはないと思えます。

なにかに「使われるイラスト」という世界では、1cm角の小さなアイコンカットと、絵の具で数ヶ月かけて描いた大きなもののどこが違うかというと、イラストの価値として、まったく違わない。
そしてまた、わたしとは別の有名なイラストレーターのかたのイラストと、看板やスーパーのチラシや洗剤の注意に使われている記名すらないイラストとも、イラストとしては、まったく価値の違いはないと思います(一昨年あたり、イラストレーション誌チョイスのコーナーで安西水丸さんが、このようなことを書かれていて、とても感銘をうけました)。

一応わたしは印刷媒体をはじめとして、ウエブも含め、大量複製されて見てもらうというメディアで仕事をしてきてますので、じぶんがイラストやマンガの原画を見るときには、印刷とどのように違ってるのか、どうやってパーツの役割をしているのかというところが主な興味です。
なので、そのあたりをそのまま(トレペがかかってたり、デジタル以前のものも多いですから、紙焼きの写植が貼ってあったり、デザイナーさんや印刷屋さんの指定が入ってたり、バラバラだったり)お見せしたいと思いました。
わたしだけでできたものはここにはない、みたいなところ。

でも、てゆーか、あまりそんな、めんどくさいことは考えないで全然よかったりもしますよねえ。

なぜいま展覧会なんてしたくなったかというと、わたしはとても刹那主義者で、ほとんど過去をふりかえらない(考えないことにするっていうのも含めて)んですが、今回は半世紀生きちゃったよなーみたいな気分もあり、なんとなく節目として、いちどひとくくりにしてみるのもいいかなーと思ったのでした。
年の前半に、丸善ジュンク堂梅田店でやらせていただいたフェアのときに、ざっくり整理をできたこともきっかけとなりました(このときは、本をメインに見せることをしたので、今回はずっとほったらかしてた原画の整理もしちゃおうと)。

あとは。。。いま原画を整理しつつ眺めていて、自分なりに、まあがんばったかなあと思うのは、この原画のほぼすべてに「語り」があることでして、そのあたり、ゆっくりご覧いただけたらとても嬉しいです。
がんばったなあっていうか、なんだかこんだけ人に話したいことがある自分が結構キモイですね(汗)。

滋賀県ということもあって、なかなか遠くからおいでくださいとは言えないですが、秋の京都観光などとあわせて計画されてもいいかも!?などなど。。。。
京都駅からは乗り継ぎスムーズにいけば、30分程度と案外近かったりしますし、関連イベントもありますので、ぜひ♬

カフェ結(ゆい)は、ヘルシーでローカルな食材を使った、びわ湖ビューのとてもいいお店です!ケーキもおいしいです(わたしはブルーベリースコーンが特に好きです〜〜)。
おいでになられたら、ぜひゆっくりしていってください。

Twitterでもいろいろお知らせしています!
過去のつぶやきはこちらでも(ツイログ)
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/18 (木) 17:29:14 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/10/18 (木) 17:23:57 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。