MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
維新派
今日は維新派のお芝居を見に、神戸へ行ってきました。
なんだかもうこのごろ、映画もなにも見れてなくてインプットが足りなさすぎ。。。
「夕顔のはなしろきゆふぐれ」予告動画
場所は、神戸の税関の近くの、デザイン・クリエイティブセンター(旧・神戸生糸検査所)。このあたりは、湾岸の事務所街というのか。。。古いビルや倉庫が立ち並んでいます。

お芝居を見にいってきましたあ!といっても、この維新派の場合、お芝居の説明がうまくはできないので、もうひとつのお楽しみである、屋台村のことを書きます〜〜。
維新派のお芝居にはお約束の「屋台」。屋外の会場のときは、だいたい屋台村もいっしょに建築され、芝居期間中営業しています。早めにいってちょっと食べ、芝居が終わってから、また食い、飲むみたいな。
冬の屋外公演だったら、ホットラムを持って芝居を見、屋台村には大きな焚き火が上がり、ワイルド。

今回の夕方の屋台のようす。
(画像はすべてクリックで拡大)
2
毎回楽しみな「モンゴルパン」。
今回のなかみは、鹿肉の柚子胡椒風味です(チキンアボカドっていうのもあった)。うまかった!!
飲み物は、こちらも前にも出ていた蜂蜜屋さん(蜂かってとってるそうです〜)の、自家製ジンジャーエール。
1
だんだん日が暮れてきました。
3

お芝居のかんじは、維新派の上の動画や、サイトを見ていただくとして、今回の舞台はこんなのでした。
奥行きがむっちゃ深くて、会場に入ったとたん、目の錯覚じゃないよね?と思った。
ふいをつかれたかんじです。
この左右のブロックのすきまから、人が出たり入ったり、その人に、いろんなライトがあたって、影がいろんなかたちになって素敵だった。
もちろん、これはリアル遠近法じゃなくて、奥の方は壁が低くなっています。
5

(見た人にしかわからないことなので小声で。。。。わたしも、ああやって、歩いてたら突然あらぬ方向に、後ろ向きに走らされてみたい。。。と思ったというより、そういう夢見そうだと思った)

さてさて、芝居が終わったところで、夜の屋台。
7
そして、こんどの食べ物は「タピオカサンド」!
これは、タピオカの粉をちょっと分厚いクレープ状に焼いて、そこに、いろんなものをはさんだもの。
9_20120728010224.jpg
これはチキンですが、ほかにもピザふうのとか、ココナッツやあんこなど甘い系のものもあり、ココナッツが一番おいしいというウワサも後で聞きました。
油もひかないフライパンで、タピオカの粉を焼くだけ。初めて食べましたが、もちもちしてておいしかった。
なんといっても、このなかみのはんぱない盛りがうれしくて、さすが沖縄はいいなと思ったことでした(沖縄のお店みたいでした)。
これは作ってるとこ。
7A

タピオカサンドとオリオンビール持って、綱渡りなんか見つつ(大道芸やライブもお芝居の前後にある。これは維新派とは違う人たちですけど)、
8_20120728010731.jpg
しゃべっていると、あやうく終電逃す時間に!
無事帰れました。。。。

終演後の屋台は、役者さんたちも飲んだりしていて、生のかんじを見れたりするのも楽しみです。
また、屋外のを見たいな〜〜〜。

今までの維新派公演動画。
大阪港でやった「キートン」。

「彼」と旅をする三部作。
わたしは南米編の「ノスタルジア」がいちばん好きなのですけど、びわ湖でやった「台湾の、灰色の牛が背伸びをしたとき」も、びわ湖という舞台がすばらしく生かされていて感動だった。
コメント
この記事へのコメント
今回も良かった!
さすが!
すばらしいリポート!パチパチ(笑)

維新派のお芝居、ほんと説明しにくいですね。屋台も含め、なんか好き♪
今回の、私の中では琵琶湖に次いで二位で~~す!
2012/07/29 (日) 01:22:31 | URL | すみれ庵 #OzdJ.Av2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。