MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画「エル・ブリの秘密」
ドキュメンタリー映画「エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン」を見ました。

1年のうち半分だけ営業する、世界一予約のとれないスペインのレストランのドキュメンタリー(お店は去年閉店したそうです。今後は研究財団になるらしい)。
半年間は何をしているかというと、レシピの開発で、映画はまず、その開発をしているところから始まります。
わたしはおいしいものは好きだけど、いわゆるグルメではないんで、このレストランのことも初めて知りました。
「驚きを提供する」っていうポリシーで、いろんな食材や調理方法(真空にするとか球体にするとか!)で、新しい料理を作っていて、必要なら器具の開発とかもして、料理界?に与える影響もすごいそうです(「ゆず」とか「オブラート」はここが広めたらしい)。

モダンアートのような料理と、その写真も美しいし、でもいじりすぎて、それ既に食べ物ちゃうやんみたいなところはなくて、食べてみたいなー!ってやっぱり思うのがいいなと思った。

サイトのコメントはほとんどが料理についてのことなんだけど、わたしは見てて、何がやっぱおもしろかったかというと、一番は、「この技を自分のものにしたいと思ってるシェフたちの目つき」でした。
すべてを、ひとつも見逃さず、この目と他の感覚も使って自分のものにしたい、記憶しておこうという目つき。

そしてボスであるオーナーシェフのフェラン・アドリアの、プロデューサーとしての仕事のやりかたに、うううと感心。プロデューサーっていう人はこういう人のことだなあ。
たとえば本や雑誌1冊、イベント一日、CD1枚、ブランドやお店をプロデュースするってどういうことか、じつはあまりわかってもらえない仕事なんだと思うんです。でも、オーケストラに指揮者が必要なように、本に編集者や編集長が必要なように、ボスが必要なんです。
フェランもそうだけど、誰の意見であろうと、そう思ったことにはとても素直なところ、ちゃんと議論をするところ、ユーモアのあるところ、いばってそうでいばってないところ、しっかり若い人にまかせるところはまかせて人の配置を考え後進を育てているところ、そういうのがボスには必要とほんとに思います。
ぜんぶ自分でするとか、人にまかせられないとか、それぞれの人の使い方や配置をわかってないとか、逆に、自由にやらせるだけとか、まわりにも迷惑な仕事のやりかたなんですよね。

ともあれ、何か、何でもいいから「作りたい」と思ってる人は見たらいいなーと思います。
わたしなんかは自分をクリエイターとかアーティストとか絶対呼びたくないし、クリエイトしてるなんて思ったことないけど、「単にそのときに、知りたいと思って、つい裏側まで見ちゃう」みたいな好奇心が「表現」に結びついているという気はする。
映画とかの映像見てるときでも、そのなかに気持ちが入ってると、木とか壁の向こう側を見ようと、つい動いちゃうときがある。。。。ありませんか???

映画では、作る方の映像が多かったので、人が食べてるレポートの映像をはりつけておきますね。
これはアメリカのトラベルチャンネルで番組を持ってる、シェフのAnthony Bourdainのレポート。
わたしこのひとのことあまり知りませんが、数回たまたま見た番組でおもしろい人だなーと思って好きだったので。
世界のあちこちでいろんな料理に挑戦とかもしてたけど、彼の地元のニュージャージーにある、いわゆるアメリカ~~ンな料理を、愛にあふれて紹介していたのが好きだったな(ほんとオイリーなフライドチキンとかハンバーガーとかです)。
ことば(英語とスペイン語)わかんなくても、お客にこうやって出て来てこうやって食べるんだみたいなリアル感がおもしろい。味を想像できて、じゅるっとなります☆

あとこの映画、BL好きな人には多分、萌えポイントが山盛りなんでおすすめ(笑)。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。