MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
夜の灯り
急に寒くなりました。
例年並みってことだと思うけど、急に気温が変わるのはやっぱきついですね。
週3-4日の勤務先が滋賀の湖西で大阪より2-5度は寒い(乗り換え駅ごとに気温が低くなるのを体感します)。出勤は朝で、だいたい夜遅く帰るから、行きの駅ホームでは、なんだかひとり着膨れてもこもこです。

しごと近況は、文庫1冊分の仕事を継続中。

今日は選挙でした(結果は超ガッカリ、ガックシ)。
選挙は、ちょっと前までは、出身小学校の体育館が会場だったのですが、いまは地域の小さなショッピングセンターにある集会所。駅とは反対方向で、めったにこっち方面に来ないから、たまに行くと、センターと近所の変わり様にびっくりします。

うちはニュータウンで、団地がびっしり並んだ地域ですが、団地はいまほとんどが高層に建て替え中。ウン十年見ていた景色がかわるって、こういうことなのかって、しみじみ。良い悪いじゃないのですが(じっさい昔ふうの団地だと、エレベーターがないから介護がたいへん)、寂しいのはたしかです。

センターに今もあるのは、小さなスーパーと郵便局、人のいない交番(昔からいなかった)、美容院、寿司屋、薬屋、新聞屋、文房具屋くらいかな。本屋も米屋もお菓子屋もなくなって、医院と介護サービスができた。
でも、今日、わたしも昔通った文房具屋に(ヒデキのメモ帳だの、鬼太郎のシールだの買った記憶が。鬼太郎シールはいろんな種類があって、悩んだあげく小豆洗いを買ったのだった←なんだかイケてない小学生のわたし)、時計、文房具、はんこ、ファンシーグッズ、のし袋、近所の小学校の体操服や小学生グッズなんかがあるのを見て(夏にはビーサンとか浮き輪)、こういう店はやっぱ必要なんだよなって思いました。
駅前の大きなビルには、あんがい必要なものがなくて、結局あれは隣駅の◯◯屋に、これはバスに乗って△△屋にってことになっている。わたしなんかは梅田に出ちゃうとかするけど、年寄りはそんなわけにいかないしね。

と、関係あるのかないのか、わたしが小学生時代、ほぼ毎日を過ごした公園の裏山の道。この道が手前の公園と向こうの公園をつないでる。
ちょっと前(と思ってるだけで20年前だったりするんだけど)まで、その電灯自体がこわいよってくらい古ぼけた電灯があったんだけど、明るい電灯に変わっていました。だからって夜ここを通る人はいないと思うけど。
この山(丘、程度ですが)に秘密基地を作ったりした。
(画像はすべてクリックで拡大)
yama.jpg

夜の灯りつながりで、これはこのところあちこちでみかける、夜の工事現場用電灯。
なんだかUFOみたいでかわいい。
梅田で。
DENTO2.jpg
吹田で。
DENTO.jpg

電灯の影が団地にうつって影絵になっていた。
KAGE.jpg

夜の灯り。月。
YORU.jpg
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.