MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーヒーショップ・マル屋
今日(日曜)は、友人ちのカードゲーム会へおでかけ。早く着いちゃったので、皆さんが集まるまで、近所のおもしろい喫茶店に案内してもらいました。

その名は「マル屋」。
大阪西成、西天下茶屋で76年!(このはり紙がいつ書かれたのかわからないんで、もっとたってるかも)。
スタンド看板の下に、つり下げられた短冊(?)も、変色しております(変色の度合いがいろいろあるのがまた‥‥)。
(画像はすべてクリックで拡大)
maruya8.jpgmaruya1.jpg
そしてみなさんお気づきでしょう。「160円コーヒー」「カレーライス250円」に。

中へ入ってみましょう。
これがメニューです。友人はびっくり。なぜならメニューが新しくなっていたからです。前はさわると崩れそうな紙だったそうで、なんとか崩れる前にコピーがとられたようです。
maruya3.jpgmaruya4.jpg
このメニューの多さと安さ!そのうえ、値下げされてる!
わたしは、「牛乳コーヒー」と「ホットケーキ」(合計250円)を頼みました。

おっちゃんに「牛乳コーヒーお願いします」というと、「オーレね」と言われたのにはちょっとびっくりしましたが、メニューの「牛乳コーヒー」と「ミルクコーヒー」の違いは謎。
こちら(下)が、ホットケーキ(ちっちゃくてかわいい)と、友人が頼んだクリームみつ豆。
maruya6.jpg
午後遅め、入ったときにはお客さんがひとり新聞を読みながら座っていて、その後、小学生女子とママが来て、ざるそばとクリームソーダを頼み、別のおっちゃんが入って来て「冷コー(れいこー)」と言い(「レイコー」ってすっごい久しぶりに聞いた)、またおばちゃんが来て、、、、と、けっこうにぎわっていました。
このあたりの若者がここへくるのかどうか知りませんが、マクドとか行くより安くあがるよなあ。。。。
maruya5.jpg
店構えもなにもかもがレトロといえないことはないけど、いや、「レトロ」を、さくっと超えてます。
おっちゃんがひとりでなにもかもやっていて、朝7時半から夜8時まで年中無休。これもきっとずっとそうだったのでしょう。

maruya2.jpg
上の画像は、いちばん上の店正面にあるショーケースののはしっこ。なぜか、「えびてんぷら(うどん用)」と書かれたpopの横に、どでかいえびてんぷら。なぜ、これひとつなのかは謎。そして、このえびてんの下段には、食パンが2斤あった。。。。謎。友人が以前来たときは、カップケーキがあったそうだ。

「牛乳コーヒー」を飲みながらなごんでいると、15cmほどあいたままになっていたドアを、外を通りがかった地元のオッチャンが、なにげにきっちり閉めて行ったのが見えた。

*******

この店が「食べログ」にのっているのがこれまたびっくり。
コーヒーショップ・マル屋
けど、店舗情報のところの記載、『ロケーション→隠れ家レストラン』『空間、設備→落ち着いた空間』は、ちょっと(いや特に前者はかなり)違うと思いますが、選択肢のなかから選ぶとすれば。。。。ってことだったんでしょうねえ。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。