fc2ブログ
MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
SPBSとスタンダードブックストア、そしてストア・デイズなど(タイトルからして長文)
「笑って自由研究 おかし工場のひみつ!!」の続編の取材で東京へ行ったついでに、ただいまシブヤ・パブリッシング・ブックセラーズ/SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERSにて開催中の「SPBSが選ぶリトルプレス100展」に行ってきました。
はじめ行った日はあいにくワークショップ中で入れず、翌々日に再挑戦。
(画像はすべてクリックで拡大)
SPBS1.jpg
少し写真が暗いですが、このテーブルぜんぶがリトルプレス。手前に立てかけてあるのは掲載していただいている本「リトルプレスをつくる」です。ほかにも、リトルプレス関連(紹介)本が数冊並べてありました。
SPBS2.jpg
monmon booksからは「いぬのおしえ」の参加です。うーん、おしゃれな雰囲気なので、トートバッグとかのほうがよかったかなあ。。。などと思いつつ。。。。でもかーなーりー悩んで、あえてこれ、と思ったからまあいいや。20冊納品していて、半分ほど売れていたのでうれしいな。
book1.jpgbook2.jpg
これはここで買った小さな本。つくりも絵もすてき。このかたのサイトです。
SPBS3.jpg
こちらは書店の外観。ガラスの演出がおしゃれ!ちょっと見えにくいでしょうか。拡大してみてくださいね。
シブヤ・パブリッシング・ブックセラーズは、いわゆるセレクト書店さんで、ワークショップなどもたくさんしているし、わっと思う本がたくさん並んでいて、こんな書店が近所にあったらうれしいだろうなー。

本に関して最近のわたし界隈の話をしますと、徒歩6分のうちの最寄り駅すぐに新しい図書館ができたし、もうすぐ梅田にスタンダード・ブックストアさんがオープンするので、すっごくすっごく楽しみ。
わたしは若いときに東京で、六本木の洋書屋さん「ストア・デイズ」(池袋西部アールヴィヴァン系列店)や、銀座のイエナ、神保町の古洋書&雑誌店、青山ブックストアなどでほんとに目を肥やさせてもらった(肥えてるかどうかは謎だが、高いからあまり買えなかったけど、たくさん立ち読み/立ち見した)。このなかで残っているのはABC(青山ブックストア)のみ、それも一度潰れかけている。
このところ、ビレッジバンガードとかが少しがんばっているけど、サブカルというよりはもっとアートよりな、書店員さんがなんでも知ってるみたいな書店があればなあと思っていたのです。いまの若いひとたちのためにも、なんていうかなあ、ほしいけどとても買えない写真集や画集をせめて目にすべて画像として焼きつける気で立ち読みするみたいな経験、そんなのをしてほしい。

「ストア・デイズ」には特別な思い出があります。
学生のとき(というか卒業旅行で)ヨーロッパ1周(3週間)貧乏旅行をしたときに、パリのポンピドーの一角でひっそりとやっていた展示にすごい衝撃受けてパンフレットをほしいと思ったのですが、そのときお金がなくて(カードとかない時代)買えなくて、でも、Arnulf Rainerという、名前のアルファベットだけメモして帰った。
数年後「ストア・デイズ」に来たとき、ふと、ここならあるかもなあと思って探したのだけど、見つけられなくて、思い切って店員さんに聞いてみたのです。といっても、名前はうろおぼえ、「自画像っぽい白黒写真にどばどばってペインティングしたような、アーノルフ?アルナルフ?みたいなドイツ人ぽいかんじの名前。。。」なんていう、この程度の説明でなんと、即、「ああ、レイナーですね」なんていって画集を出してきてくれたのです。大感動。
さっそくそのときは1冊買って、そのあとまた1冊買いました。そしてその2冊は、その6年後ニューヨークへの船便で無くなってしまいました。
と、この話には後日談があって、つい2年位前、なんのきっかけだったか、同僚の先生と話しててなぜかレイナーの話をしたら、その先生もレイナーが好きで画集を持っていたのだった!あとで見せてもらったら、わたしは見たことないやつで、これまた大感動。
Arnulf Rainerって画像検索で出したら、ええええーーー???と思われちゃうような作品の画家なのでリンクはっておりません~ちょっとこわい絵?なのです。。。

はい、で、書店続きですが、スタンダードブックストアさんには行きたいと思いつつ、なかなか心斎橋で降りる機会もなく、行けないままになっていました。書店とかパン屋とかカフェじたいは好きなわりに、そのためにわざわざ行くというのがあまり好きではないのです←ややこしい。
行ってみて大当たり、ここは雑貨も楽しいし、カフェもすてき。カフェに本を持って入れるというのがまたすてき。本がほんとに好きな人が考えてやってるかんじがしてうれしい。
というわけで、そんな書店さんが、電車乗り換えなしで、大学の帰りにも行こうと思えばそのまま行けちゃうところにできるのがすごーく楽しみ。
梅田には、超でかいジュンク堂もできたし、こちらは閉店間際にぐるっと見て回って図書館のような雰囲気だなーって思ったきり、まだあまりちゃんと見れてないのですが、洋書やアートブックもかなり数が多かった印象、また元気なときにちゃんと行こう。

梅田といえば、JR大阪駅界隈はなんだかピカピカとすごいことになっていて、今日もJRから阪急に乗り換えるとき、初老のおじさんが、上向いてびっくり、きょろきょろしてたのを後ろから、うんうんほんとそうですよねえと思いつつ、わたしもいつもきょろきょろしてしまう。伊勢丹ができ、ファッションビルができ。。。。通路がすっごくきれいに整備され、陸橋にもエスカレーターがついた。
でもビッグイシューのおっちゃんが工事で通路が変わるたびに違う場所にいて大変そうだった。大丈夫かな。。。連休は混むだろうなあ、疲れそうだなあと思いつつ、久しぶりに、そういう勢いのある場所に買い物行きたいな。なにか自分にかわいいきれいなものを買ってあげたい、ちょっと今そんな気持ち。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/08/22 (火) 14:52:03 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.