MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
高野文子さん原画展へ行った
今日は大学の会議があり、久しぶりに出勤。そしてそのついでに同僚の先生の車で、滋賀県の愛知川(えちがわ)図書館で開催中の、高野文子さんの原画展へ行ってきました。
湖西から琵琶湖大橋を渡って湖東へ、北上して近江八幡のちょっと北(けっこう遠かった)。

関係ないけど、これは途中でみかけた看板。
(画像はすべてクリックで拡大)
ホース
「15秒でホースが巻ける」「フラットホース巻き取り機」「ポンプ操法クラス」って何なんでしょうか~。右下、車でかくれちゃってますが、「体験して!」ってちっちゃい看板が。体験してみたい~~。

この愛知川図書館、もちろん初めて行ったのですが、これがとてもすてきな図書館なのでした。
入り口のアプローチ。
library1.jpg
閲覧室のようす。
library2.jpg
目的の、高野文子さん原画展の看板。原画は撮影禁止だったので。。。
library5.jpg
展示原画は、この絵本「しきぶとんさん、かけぶとんさん、まくらさん」のカラー原画、それから「東京コロボックル」のまんが原稿。
わたしはやっぱ、まんが原稿に感動。部分キリバリ(ものすごーく原始的なといったら何ですが、まちがったか気に入らなかった部分だけ、紙ごときりばりする昔ながらの方法で)や、コマごとなおしてはっつけてあったり、ホワイトの修正がけっこうあったりと、それらすべて含めて生原稿が美しかったです。
原稿は、廊下の壁面と催しものルームみたいなところに展示してあったのですが、この催しルーム(?)では、「おとなもこどもも読める本」(だっけな)の特集で本が展示してあり、もちろんこれらはここで読めるし借りれるらしいのですが、これらの本のチョイスやディスプレイがすてきだった。
library3.jpg
library4.jpg
このリストの中に、なんと、イベントで何度かお会いした同人誌ユニット「山坂書房」さんの本があってびっくり!

それにしてもいいな、こんな図書館が近くにあったら楽しいだろうなあ。
調べてみたら、2007年に、全国にある約3,000の公共図書館の中から、地域に根差した活動をしている図書館を選ぶ「Library of the year」の大賞をとってるんですね。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。