MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サイトリニューアル
新刊掲載にあたって、monmon booksのサイトをちょっとだけリニューアルしました。
a gem
monmonbooksサイトはこちら

先日は、young artists' book fairも無事終わり、搬出作業をして帰ってきました。いらっしゃってくださったかた、本当にどうもありがとうございました!
当日行ってみて、バッグがおまけってのが改めて見るとわかりにくいなーって、なんか、まだまだだなとか思った。
このフェアはこのままニューヨークの紀伊國屋と、現地の数書店に巡回します。冬のNYは寒いけど好きなのでこの際行きたいなって思ってたのですが、諸々の事情で今回は行かないことになりました。
なので委託というかたちで、うちのbooksたちは、2/24から3/8まで、紀伊國屋書店NY店とイーストヴィレッジのセントママークス・ブックショップに、ちらりんと置かれることになります。
委託で全冊というのがスペース的に無理そうなので、3冊くらいをこれからセレクトして、そのぶんの英訳テキストを進めて、そしてバッグが見えるかたちでのパッキングも考えるつもり。

搬出日の晩は、友人たちとすっごいうまい店で楽しすぎて食いすぎ飲みすぎて、二軒目ではひさしぶりにとっても会いたかった人に会えてうれしくてまた飲んで、翌日はひさびさにひっどい二日酔い。ビールをパイントで二杯と、たぶんワイン1本分くらいと、デザートのときにエスプレッソにグラッパ入ったやつ、それから二軒目でまたビール。友人たちとどうやらタクシーに乗ったらしいんだけど、ぜんぜん覚えてなくて、お昼過ぎまで起き上がれなくて、夕方這うようにして帰って新大阪で乗った電車の車両内広告がすべてハンバーガーだったのはきつかった。

*********
集英社みらい文庫「笑って自由研究 おかし工場のひみつ」の先読み連載も、3回目が更新されてます。
こちら

3/1に出る文庫のほうの入稿もいよいよこの週末終わったようで(イラストの直しも入れました!)、あとはわくわく待っている時間。アマゾンにも予約が載っています。

*********
児童書つながりで、ふと前に翻訳した絵本を見てみたら、最近レビューがついていて、すごくうれしい!
チコ・ボンボンとすてきなどうぐベルト
久しぶりなので、こちらもついでに宣伝させてください。チコの作者がイラスト担当している絵本です。
パパのカノジョは
二冊とも、すっごく「かっこいい」本。

チコのほうの二番目のレビュー、タイトルに「最強の工作猿!」って書いてくださってます。わたしは実は、当初タイトルを「さいきょうのさる チコ・ボンボン」にしたかった。ボツになりましたけど。

*********
もひとつ児童書つながりで、最近すっごくお気に入りの本。
nekotaxi.jpg
ネコのタクシー
ネコのタクシー アフリカへいく
ネコのドクター 小麦島の冒険
3冊シリーズで、同じ作者(このかた、ネコ専門の獣医さんなのです)のもの。
なんていうか、会話がすっごくしゃれてて、ネコが言うことがほんとに、そうだよね、ネコだもんねえ、ってうんうんうなづいてしまうかんじなんです。

いくつかのエピソードが自分のことにちょこっと重なって、きゅんとするような悲しくなっちゃうような思い入れもあったりするんだけど、、、(まあ、読み物も映画も歌詞も、なんでも自分の評価はまず、そういうところからです)、ほかの動物も人間くさくないところとか、地名や固有名詞を、子どもにわかるように変に変えてなくてそのままなのも好き。こういうのって、なんだろうなってわからないままあれこれ考えつつ覚えてて、数年後または数十年後に、ああ、あれだ!ってわかったりする。
わたしは前も書いたけど、小学生のときに読んだバレエマンガの「アラベスク」に、ほんの一行出て来た「あたしクワス」(飲み物を注文しているシーン)ってセリフとシーンをずっとずっと何だろうって思って覚えていて、つい3年前にはじめてそのロシアのクワスって飲み物に遭遇して飲んだときの感動ったらありませんでしたから(缶入りだったせいか、うまくはなかったけど)。

3冊目は、はじめ2冊の主人公のトムのお父さんの話なんだけど、ジョンって名前で学者なんで「ドクター・ジョン」。もうこれだけでもにんまりしてしまう。
2冊目で、このドクタージョンがトムに持たせた「こまったときによむ手紙」は、わたしの座右の銘になりました。いいかな、ネタバレではないと思うから。。。。「すこしこまったときには、もらっておきなさい」っていうの。
今までわたしの不動の座右の銘は、じゃりんこチエちゃんのおばあちゃんの「寒い、ひもじい、もう死にたい、不幸はこの順番でやって来ますのや」だったけど、これでふたつになりました。

**********
booksの新刊が、おとなとこどもの間をさまよってるみたいな内容なので、自分のコドモ性ってことを年末からずっと考えていた。今日もほんとはそれを書いてみてたのだけど、うまくまとめられなかったんで、もうちょっと煮詰めてから。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ(卒業制作展は1/19-23@京都市美術館)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。