MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
フリペワークショップ
先日レトロ印刷さんで開催したワークショップ、定員10名プラス、レトロさんの女子ふたり参加で、12名あつまってのフリペ制作となりました!
WS-1.jpg
↑こちら、できあがりのフリペ。わら半紙と白との、2種類の紙で印刷してもらいました。A3表裏色を変えた2色印刷で、おりたたんだらこんなかんじ!表紙は、みなさんのペットのカットを切り貼りしました。
(画像はすべてクリックで拡大です)
まずは、自己紹介がわりに、おひとりずつペットのことをお話ししていただきました。
今いるペットや、留学先で見かけた犬のこと、前にいた犬や猫やシマリスの思い出、ペットと家族のふしぎなご縁、アレルギーでペット飼ってないけど妄想ペットではどうかなんて話(タコとか!←人間に慣れるらしい??)などなど、みなさん、語りたい思いいっぱいで来てくださっていて、さっそくA6にはとてもおさまりそうにありません。
が、そこをなんとか、なるべく、一番その子らしい、ひとつのエピソードを選んでみましょうというかんじで、まず大きくタイトルを、そして内容の線画を(まず、そのまま仕上げようとしないで、ちょっと失敗したと思ったら消しゴムとか使わず、すぐに次の紙にいくのがコツ。で、いい部分をトレースしてまとめる。わたしもふだんそんなかんじでやってます)書き、それから2色の版分け作業。

この日のフリペは、表側が青と黄色、裏側が若葉と新色(!)桃色の両面2色。はじめは、時間もかかるし、1色でいいかなとか思っていたのですが、やっぱ、レトロさんの印刷は、まず2色のかわいさできゅーんとなるので、これを体験してほしいなと思ったのでした。
みんなの原稿をA3の台紙にのりではりつけて、版ができた面から印刷へ。
WS-4.jpgWS-5.jpgWS-2.jpg
印刷をまさにしているところも見学してもらって(裏表2色でベタ部分も結構多く、インクを乾燥させる時間がとれなかったため、ちょっと機械が詰まっちゃって、あたふたな場面も。。。すいません!)、できたてほかほかフリペを、おひとり紙違いで10枚ずつ合計20枚お持ち帰り。
残りはレトロさんのショールームに置いてあります!

ばたばたしてしまったところもありましたが、お茶やビールやおつまみやお菓子かたわらに、お友達どうしで参加された方も、おひとりでいらした方も、和気あいあいと、、、できたかな!とりあえず、こういうフリペを作るのを楽しんでもらえて、自分でも作りたいって思ってもらえてたらうれしいなあ。レトロさんでは、特別なデザインソフトやデジタル技術がなくても、この日やったようなアナログキリバリでお願いできますし。
次回はもっと進行がスムーズにできるようがんばります!

次回は12/11(土)の夜、18:30より。テーマは未定、11月あたまには告知できるよう考えます~。ぜひぜひご参加ください。
レトロさんのブログでの記事はこちら

***
WS終わって、アシストの研究生と、天六の奄美沖縄料理「てぃだ」でごはんを食べ(鶏飯、パパイヤサラダ、島野菜てんぷらにソーキとオリオン生!)終電帰り。
最寄り駅から重い荷物(ライトボックスとか持っていってたんで)と少々よっぱらい気味でふらりふらりと歩いていたら、こんな夜中に道で呼び止められ・・・、それはなんと、7年前、1年ほど英語を教えていた近所の女の子なのでした。当時高3でギャルギャルでした。
高校卒業後、オーストラリアにしばらくいて、その後家業の会社の支店というか工場のある上海にずっと住んで働いててもう25歳、3週間の里帰り中。わー、あれからもう7年もたったのか。
彼女は当時から、親と同じくらいの年のわたしのことを「もんちゃん」って呼んでくれてて、なんかふつーの女子会話やCDの貸し借りとかしてた。ちょっとバグダッドカフェのジャスミンとカフェの娘(名前忘れた)みたいでうれしかったな。またすぐ上海に帰るとのこと、上海には「いっぱい」彼氏がいるらしい。いちど見にいかねば。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.