MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
ばてばて
どーもばててます。
まあ、せっかくの夏休み(仕事はあるがレギュラー出勤はない)なので心ゆくまで寝てると、軽く15時間くらい寝てしまい、こんどは寝過ぎで頭痛したりしてどうもいけません。いくらでも眠れる自分がこわい。ただ眠りは浅いみたいで夢ばっか見てこれまた疲れたり。
今朝は、アメリカ(?)の山のなかにある山一個分の内部がお菓子工場になっているところを見学に行く映画のような夢を、すごく長いあいだ見ていた。
なぜか人間大のパペットである超秘密主義一族がやっている工場で、気に入られないと見学させてもらえなくて、すっごいまずい一族の料理を食べなきゃいけなかったり、中で迷ったりして大変だった。入り口にあった社長と社長夫人の彫像がなぜかクマでかわいいのだけど、撮影禁止と言われて後で書き起こせるよう頭にイメージ焼き付けようとしたのは職業病か。ラストは山のてっぺんから巨大な滑り台で脱出するのだった。
でも、眠れるのはよいのかもしれない。

今までの人生、精神的ダメージで食べられなくなったことは2~3度あるのだけど、眠れなくなったことは一度もない。なかなか寝つけなくても、結局は眠れている。眠くなるって偉大です。へこみまくっていても眠ると少しは気持ちがリセットされるから。翌日沼の底からやりなおす気持ちでも、眠ったことで1ミリくらいは浮かんでいる。
でも、食べられなくなったときは、自分ではたいしたダメージと思ってなかったのに体がSOS出したかんじで、つくづく自分のにぶさに感心しました。えーと、そのうちのひとつは、運転していたとき駐車場で隣の車こすって警察呼ばれ(当然)、そのうえ無免許運転(仮免中だった)がばれたとき。じゅうぶんへこめよって今なら思いますね、すみません。

そこまでじゃなく、ふだんでも、この年になっても知ってるはずの自分と感情が一致しないときがあって、あちゃー、こんなところが弱かったのねとか、ここがわたしの地雷だったのかとか、ここで泣くか?わたし?とか、こんなことくらいでこんなにハッピーなのかと自分でびっくりして、これぞ自分探しっていうか自分発見。いくつになっても発見が多くて楽しい(?)です。
この年になって思うのは、人間成長なんてしない、経験値があがっていくだけ。あたったら痛そうだっていうところを、経験値によって回避できるときが時々あるだけ。回避できなかったり、あえてあたってみたときの痛さは、若いときより体力ないぶんでかかったりするので、決して成長ではないのだ。

わたしはこのように基本的ににぶいので、てきぱきと反応できないことも多くて、あとでこうすりゃよかった、こういえばよかったって思うことが圧倒的に多いし、そんな自分はいやなんだけど、そのワンステップ=「ため」が、やっぱわたしの制作には必要なのだと思い込みたい気持ちもあります。ぐるぐるしてなんぼっていう(ほんとかなあ)。

**
さっき写真を整理していたんですけど、ついこないだまでいっぱい旅して元気だった(遠い目)。
来週からフィジカルに動かなくちゃいけないし、再来週もちょっと遠出してみたい気持ちだけあるので、体力復活に全力をつくします。
そういうわけで(?)埋もれていた写真発掘。7月に鳥取へ行ったときに、帰り岡山へ向かう電車で食べたものたちです(またしてもカニ飯弁当は売り切れていた)。梨チューハイ、目玉おやじかまぼこ、珈琲アイスもなか(中もミルク缶のかたちでかわいいしうまかった)。
画像はクリックで拡大。
L1060021.jpgMEDAMA.jpgMONAKA.jpgMONAKA2.jpg

TWEET+monmonbooks=monmonbWEETs
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.