MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カラス
数週間前のことなんですが、朝、突然道でカラスに後頭部を攻撃されました。
いつも通る駅への道を、携帯見ながら歩いていたら、いきなり後頭部にゴムボールがあたったような衝撃が。わけわかんなくて、まわりを見まわしたら、目の前の木にカラスが一羽止まって、ガーガーとこちらを見てないているのです。はじめはまさかカラスだとは思わず、ええ~~~??と思いながら歩いていたら、そのカラスは、わたしの先まわりをして、別の木に飛び移りつつ、こっちを見て威嚇してくる・・・。
攻撃方法はもちろん見てないからわかんないけど、たぶん両足でケリを入れられた。
ほんとこわかったです。動物が本気って、すごい殺気ですよね。前に、うちの犬がついちょっかいを出してしまった野良の子猫に威嚇されて、マジで全身の毛が逆立ったことがあります。

わーん、何がいけなかったのか、今もってわからないんですが、道で開いた携帯が光ったかなにかでびっくりさせたのか、はたまた、このことを話した人の推測その1、わたしの後頭部が敵の鳥に似ていた(ダンゴのあたりか?)、推測その2、以前にこのカラスの巣をこわしたとか何か恨みのある人にわたしが似ていた(カラスはすごい記憶力が良いということなので)などなど。
翌日はこの道を思わず避けてしまいましたが、一応その後はなんともない日々が続いております。
それにしても、なんだったんでしょう・・・。
でも、クチバシでつつかれたんじゃなくてよかったのかも。

関係ないけど、鳥といえば、わたしがうんと小さかったころ(小学校に入る前か、1年生のころ)、家では文鳥を飼っていて、たまに鳥かごを庭に出して日光浴させていました。
当時うちのへんは野鳥が多かったのですが、庭の赤い実を食べにくる大きな野鳥に文鳥が頭をつつかれてしまいました。文鳥はぐったりとして、数時間後に死んでしまったのですが、その日の夜、わたしは聞いてしまった。
うちの母が、瀕死の文鳥の傷口に、メンソレータムを塗ったらしいのです(もちろんよかれと思って)。今でもわたしは、それが直接の死因だったのじゃないかと疑っています・・・すっごいスースーしただろうな・・・苦しまずに死ねた、かもしれない(そう思うことにしよう)。

イラストレーションな日々(成安造形大学イラストレーション領域日常ブログ)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
コメント
この記事へのコメント
Re: からす
そうかー。気のたった、といっても、人相とか見てるとしたらちょっといやですね。
カラスにとって良くない人相?
どうやって見分けているんだ。

2010/07/11 (日) 16:11:55 | URL | MON #-[ 編集]
からす
おひさー。
僕もこないだカラスに襲われたよ。
この時期カラスは子育てをするので巣に近いところでは気の立ったカラスに襲われることがあると聞いたことがあります。
たしかにボクが襲われたのはうちの前なのですがそこには大きな木があってカラスが巣をつくっていました。
2010/07/11 (日) 07:58:54 | URL | アヲキトシナヲ #GCA3nAmE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。