MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅のおいしいしあわせ
今回の博多~宮島~善通寺二日間の旅でも、おいしいものにいろいろ出会い(というか、そのために動いたというか)、幸せでした。そのうちの一部をご紹介。

↓さて、写真(上)は、まず、太宰府でたまたまおまつりをやっており、7/25は菅原道真の誕生日?とのことで、ラッキーにもお餅がふるまわれておりまして、ちゃっかりもらってきました。パッケージには「かしわもち」と書かれているのですが、この葉っぱ、かしわじゃないですよね?何かなあ。
写真(下)は、宮島口で食べた焼きたてほかほかのもみじまんじゅう。広島はじつは親の故郷なこともあって昔からよく行ってまして、この焼きたてもみじはほんとおいしいと思う。広島でしか食べられないというのもポイント高し。お茶も出してくれてうれしかったです。
道真もちやきたてもみじ

↓写真(上)も宮島で、比較的新しいお店だと思いますが、モダンレトロなかき専門店にて、「かきおにぎり」。煮たかきが串でおにぎりにつきささっててかわいい。なかみは、たれで炊き込んだごはんで、三つ葉がきざんで入っていたのがうまかったです。写真(下)、これを食べたくて宮島に行った、あなごめし。わたしは16年ぶりだったんですが、そのあいだに世界遺産になり、宮島口(宮島へ船で渡る本土側)はすご~~~くにぎやかになっていて、びっくり。わたしは、あなごめし屋が2軒、ちんまりあっただけの記憶しかなかったのですが……。でもこれは、前からあったところのもの。天然あなごはしっかりとした身で(もともとあまり脂が乗ったもの全般が苦手なので……、霜降り肉とかトロとか、あなごやうなぎもふわふわのとろとろのは苦手)、あなごの皮側のこげ具合、たれもごはんにしみてないかんじがあっさりと、やっぱりうまかったです。
かきおにぎりあなごめしなかみ

その他、博多の長浜ラーメン、屋台をめぐるあれこれ、九州全般のものなのか?コンビニでもやたら見かけた「かしわめし」、太宰府の梅が枝餅などなど、またいずれ語りたいと思います!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。