MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パピークラブ
ミステリー・パピークラブミステリー・パピークラブ
(2009/07/16)
ジョディー・メラー

商品詳細を見る

「ミステリー・パピークラブ」第一巻が発売中です。
わたしは翻訳のみ担当しました。もともとイギリスの本です。著者のジョディー・メラーさんは、イギリスのこども向けよみもの分野では50冊くらい著作のあるジェニー・オールドフィールドさんの別ペンネームで、彼女はこんなかんじで他にも5つくらいペンネームをお持ちだそうです。

なかよし3人組のミーガン、ローレン、ケイトリンと、もらってきたばかりの子犬たちが、迷い込んだふしぎな町で事件を解決していくという物語。小学校低~中学年くらいの女の子向け。

***
大学のほうでは、前期末でして、そろそろ講評週間に突入。学生さんたちは、課題の制作で大変そう。わたしが担当しているのは、4年のゼミと、3年の16ページ個人本を作るというもの(絵本とかマンガとかアートブックとか)。
4年の前期課題は、3チームに分かれて本をオフセット印刷して売るところまでですが、印刷屋さんに出すにしてもデータ入稿しないといけませんし、3年も、内容をまず完成させた後、データにしてパソコンで編集して(文字を打ったり、配置したり)学校のレーザープリンタで両面印刷して、とじて本にするというところまでやってもらいます。ペア担当同僚(わたしのMac師匠)がこのへんすべて面倒みてくれているんですが、ああ、そろそろわたしもデータ処理全般、できるようにならないとなあ……。

思えば、わたしの家にパソコンがあるということじたい、いまだになにかまちがってるんじゃないかと思うことがあります。それも、このデジタルレベルの低い家に、なんと4台!!まちがっとる!
といっても、そのうち1台は、20年くらい前のMac plusで、パピーラブという、野良犬を拾ってきて芸を仕込んでコンテストに出すという、元祖生き物育てゲームをやりたくて(昔やっていた共同事務所で友人が持っていて、よく遊ばせてもらってた。ほかには家にちっちゃい人が住んでて交流するというLITTLE COMPUTER PEOPLEとか)、友人にパソコンごと譲ってもらったもの。

もう1台は初代iMacのボンダイ。当時ワープロもさわったことがなかったわたしが、なんとなくパソコンを欲しくなってデジタルに強い友人たちに相談したところ、「もうすぐ発売されるというiMacがいいんじゃないか」と薦められ、なんとなく勢いで、発売初日に日本橋のMac専門店に並びに行っちゃって、その場で購入したものです(すっごい遅いけど、まだごきげんに動いてくれます)。
家に届いたものの、「OS」とか「たちあげる」という単語すらわからなくて、たいへん苦労いたしました。それでもなんとか独力でネットにつなげ、徹夜でプリンタを接続したものです。数年後には、自力でiMacの裏をあけ、増設メモリをさしこむという6時間におよぶ大工事もしました。人って、誰もすがる人がいなければ、なんとかできるもんだなあと実感しましたっけ……。

そのあと、ノートがほしくて買ったiBook。これが買って2年後のお正月にヒンジ部分から煙が出ました。修理に出しているあいだ、ご隠居中だったiMacをひっぱりだしてきて仕事をしていたのですが、そのときは文字仕事だったのでなんとかなったものの、これが画像処理などをしないといけないとなると、やはり同スペックのものがもう1台ないと恐ろしすぎる(データはメモリなどに保存できても、作業環境がないと対応できない)ので、半年貯金して買ったのが今使っているMacBook。
とはいえ、iBookも無償修理でマザーボード全入れ替えされて帰ってきて(データも無事だった)、火を噴く可能性のあるバッテリも無料で新品になってるため、動作は遅いんですが、まだまだ元気です。

最近やっと、USBメモリというものを使えるようになりました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。