MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
お気に入りの本・その2
先日、最近買った本を紹介しましたが、今回は、最近じゃないんだけど、ずっとお気に入りの本を紹介したいと思います。

『シェ・パニースのキッチン』
カリフォルニアの有名オーガニックレストラン「シェ・パニース」のことを、シェフアリス・ウォーターズの娘ファニーが語るというつくりの本。
レシピもうまそうながら、このイラストがとってもとっても好きで、この本があったから、「アメリカまるかじり」を構想中に、どうしても水彩で描いてみたくなったのです。
わたしはまだ、このあこがれのレストランには行けてません。

シェ・パニースのキッチン―カリフォルニア・オーガニックレストランシェ・パニースのキッチン―カリフォルニア・オーガニックレストラン
(1999/12)
アリス ウォータース

商品詳細を見る


『1000 ARTIST JOURNAL PAGES』
アーティストの「日記」(絵日記、ともいえるのかな)を1000集めたもの。
1000ページでもなく1000人でもなく、見開きのこともあれば1ページのこともあって、ひとりが2見開き載ってることもあるんだけど、とにかく、世界中のいろんなアーティストの「ノート」を垣間みる楽しさがある。見せることを意識して作られたものではあると思うんだけど、旅の絵日記あり、コラージュあり、絵になっているものあり、ほんと、いろいろ。それが、キャンバスとかなんというかそういう「しゃちほこばったもの」ではない「ノート」であることがわたしは好き。
ZINEにも通じるかな。
毎日必ず、見せるために書く絵日記をつけるための海外旅、なんてのをしてみたい。と、これを見るたびに思います。うーーん、どこに行こうかな。。。。まだ先になると思うけど。。。。

1000 Artist Journal Pages: Personal Pages and Inspirations1000 Artist Journal Pages: Personal Pages and Inspirations
(2008/07)
Dawn Devries Sokol

商品詳細を見る

なかみの、ほんの一部。
1000-1.jpg
1000-2.jpg
1000-3.jpg

『THIS IS FOR YOU』
とても好きな切り絵アーティストのROB RIAN。
かわいくておしゃれで、必ずもりこまれているテキストがすっごく気が利いている。すごくインスパイアされます。
This Is for YouThis Is for You
(2009/02/04)
Rob Ryan

商品詳細を見る

内容の一部。
THIS1.jpg
THIS2.jpg
コミティアしゅうりょうー
8/21(日)はコミティア@東京ビッグサイトでした。
この日ブースにお寄りいただいたみなさま、ありがとうございました!

今回の販売数は、monmon books合計で85冊(うち、旅の新聞4部セットが9部)。
ここんとこのいろんなイベントでは、アートブックフェアで合計(こちらは三日半)84冊(新聞セット5)、そのまえの文学フリマでは合計77冊(新聞4部セットが16)でした。
といっても、うちは1種類で何十冊もということはなく、今回だと全部で本が16種類とかなので、1冊あたりの販売数は毎回たいしたことはありません。でも、毎回同じものを持って行ってても、販売数はそれほど変動しないのが、まあ特徴といえば特徴で、それを大事にしていきたいと思います。

今回のブースはこんなかんじ。
(画像はすべてクリックで拡大)
前回のブックフェアから導入したラックを二つ並べました。以前友人に作ってもらったジャバラの棚や、机に平置きにするほうが、表紙がしっかり見えて良いような気もするし、まだ迷いがありますが、とりあえず今、1ブースだと上方にのばさないと並びきらないので、次は2ブースでジャバラと平置きにするのもありかなあなどなど、いろいろ考えてます。
comitia1.jpg

こちらは、今回のイベント内イベント(?)、MGMコーナー。
20~30年くらい前の同人誌が並んでいます。
下は、インタビューをうけるコミティア主宰の中村さん(右端)。
そしてその下は、、、、恐ろしい過去があちこちに、、、、のテーブル。
comitia2.jpg
comitia3.jpg
右手前のあたりのが、大昔作っていた個人誌(うわー!)。そのほかにも、記憶の地層に眠っていたものが、たくさん(そう、たくさん。うわー!)ありました(汗)。
今までは、「封印した黒歴史」と言っていましたが、まあ、もう、ここまでくるともうしかたないというような。。。。。でもやっぱとても積極的には見せられませんが。。。。(汗汗)。

この日はそのまま飲みに突入(前日も飲んでた)、今日は東京であれこれ展覧会でも見ようと思っていたのですが、10時にチェックアウトしてから微妙にあわないサンダル三日目なのがつらくなっちゃって、街歩きを途中で断念して早めに帰ることに。新幹線で3時間座ってたら復活したので、もう1泊ゆっくりしたらよかったかもしれないなあ。次は東京10月終わりだし。

この次のイベントは、10/16(日)関西コミティア(大阪OMMビル)、10/30(日)コミティア(東京ビッグサイト)、11/3(木・祝)文学フリマ、11/12,13(土日)デザインフェスタ(東京ビッグサイト)となります。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
最近買った本
このところ1週間ほど、ほとんど家から出てません。。。
ほとんど太陽に当たってない。。。太陽に当たるとしたら、ベランダの鉢植えに水をやるときくらい、犬散歩は夜中、買い物は閉店間際の9時半ごろというような生活を1週間ほど送っております。
この1週間にふたつ仕事が動き出したのもあるんですが、まずはその資料が届く前に部屋、せめて仕事机をかたづけないとどうしようもない状態になってましたので、ひきこもり生活はじめの二日間はかたづけをしてまして、とにかく机の上はしっかり仕事が気持ちよくできるようになりました。というわけで仕事してます。

ほかの部分は。。。とりあえず何がどこにあるかはわかるように、ものたちが最終的にはまる場所の前までは動かしたてかんじ。

お気に入りの本をすぐに手が届くところにまとめたので、そこから本を紹介したいと思います。第一弾は、最近買った2冊。

まずは、「フランスのお裁縫箱」。
手芸の本なんですが、ひとつひとつワルかったり毒々しいのもかわいく、それがまた、この表紙のおうちもお裁縫道具入れになってたりとか、ひとつひとつお裁縫に役立つものとして作られてます。で、また、森のなかを目つきの悪いぬいぐるみのくまや、あやしいサンタみたいなお人形が歩いてたり、ぜったい毒のありそうなきのことかがいる写真が美しい。
これを見せた同僚は、この森が反則や!と言ってましたが、この森の、迷ったらおおかみにさらわれそうな空気感。すてきです。
日本だったら。。。。。白神山地とか白樺林とかで撮影したらよいのではないだろうか。。。
作り方もしっかり載ってるんですが、けっこう適当ですと訳者のかたの注釈がついてるのもおっかしい。

フランスのお裁縫箱―20の手作り小物のためのちいさなお話フランスのお裁縫箱―20の手作り小物のためのちいさなお話
(2011/02/20)
レア・スタンサル

商品詳細を見る


「PAPERMADE」。
こちらは、ペーパーアートの本。クラフトではなく「アート」。
切り絵といっちゃっていいのか悩むような、すごい切り絵作品から、ファッション、プロダクトなど、いろんな方面で、紙を使ったアートを紹介してる本です。
切り絵って、どうも(クラフトだからいいんですけど)個性が感じられなくてどうなんだと思う部分があったのですが、これは美しいし新しいし、おしゃれ。
まだまだ、まだまだアナログはいける、っていうか、もっともっとアイデアはたぶんいくらでも埋もれてる、人間はいけるって思った。

Paper Made ― Art, Craft, and Design ?? 紙から生まれる新しいかたちPaper Made ― Art, Craft, and Design ?? 紙から生まれる新しいかたち
(2010/07/27)
Adeline Loh

商品詳細を見る
新刊をサイトにアップしています。
ということを、ここで書くのをすっかり忘れていて遅くなりました。
THE TOKYO ART BOOK FAIRが終わってから、なんだかちょっと気持ち的にフヌケたかんじになっておりまして、ぼーっとしたかんじでした。
再来週はもうコミティアだし、今月末からしっかり仕事が入っているのでぼちぼちあげていかねば。。。いかねば。。。といいつつ今日もぼんやりしてしまった。
大学業務が明日で一応前期分は一段落するので、まずは部屋をかたづけて(ふだんから散らかってるけど、このカオスが、ここんとこしばらく心の余裕がまったくなかった状況を物語っている)、それから今年後半につなげていきたいと思います~~~。

というわけで(?)、新刊を今更ながら紹介させてください。
(画像はすべてクリックで拡大)
「バアサン・オシャレサン」
baasan.jpg
街でみかけた、おしゃれバアサン(個性あふれるという意味でして、いわゆるおしゃれさんとは違い。。。ます)、映画のなかのバアサン(おしゃれさん、そして、すごいババア←でもおしゃれと思う)、それからこれはわたしの大好きなあこがれのバアサンであるキャサリン・ヘプバーン80歳前後の写真集、そして3人バアサンのでてくる大好きな絵本のことなど。

「ハクモン」
これはわたしが実際に履いていて大好きな靴たちのイラストブック。印刷を、全ページインクがもりっとぷりっと盛り上がる特殊加工でやりました。紙もとても味のあるもの。
靴の映画(?)もひとつ紹介。
hakumon.jpg

「コドモノオクリモノ」
これはちょっとプライベートな、うちのムスメ(19)がちっちゃかったころの、服や工作や絵、ムスメが絵を描いてわたしが作ったぬいぐるみや、彼女が作ったぬいぐるみ、わたしもムスメも使った手袋などのメモリアル・フォトブック。
母業(一応)終了宣言とともにムスメには無断で作りました。。。。
kodomo.jpg

今回3つとも、紙や手触りをちょっといろんなのにしたくて、手折りの手製本にしています。
中はこんなかんじ。
BOOKS3.jpg
BOOKS2 11-00-48

「ハクモン」が200円、あとは300円になっております。
サイトはこちら

8/21のコミティア(東京ビッグサイト)には、MONMON BOOKSを15種類と、旅の新聞4部セット、フルラインナップで持って行きます~。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
8月になりました
7-2011.jpg
8月になりました。
このところ、暑いのは暑いのですけど風かあり、夜中は結構涼しいので助かってます。

だいぶ日にちがたってしまったんですが、THE TOKYO ARTBOOK FAIRで、同時開催されていた、スケーターZINEの展示のようすです。
(画像はすべてクリックで拡大)
1-1.jpg5.jpg

わたしは割と空間恐怖症的なところがあって、壁ががらんとしてると落ち着かなくて、部屋の壁には写真やらポスターやら娘のちっちゃい時の絵やらレントゲン写真やら帽子やら、ごっちゃりあれこれ貼りまくっています。
大学の展覧会やギャラリーで、1段掛けで絵を飾ってるのを見るとつい、上下のスペースがもったいない~と思ってしまうので(すいません)、全然違うけど、天井までそれも互い違いに5~6段掛けになってるイタリアやフランスの美術館とか結構好き。
というわけで、こういう展示は好きなのだ。もちろん絵画じゃないというのもあるだろうけど。テーブルの展示もおもしろい。こういうのやりたいな。
壁に直接キャプションを書いてあるのもおもしろかった。
このグリーンのクレヨンで書かれたキャプション、FAIR全体がこのイメージで統一されてました。
3_20110804202328.jpg4.jpg
こちらはスケーターZINEのコレクターのかたのトーク。
2_20110804202328.jpg
1980年代の西海岸発祥のZINEカルチャーっていうことなんだけど、やっぱインターネットがない時代に、あの広いアメリカで、スケートボーダーたちが、小切手のやりとりとかでZINEで情報交換してたということで、シカゴのスケーターZINEとか、ニューヨークのとか、いろいろあった。
ネットでも、twitterはなんか口コミみたいでちょっとおもしろい。わたしは電子書籍の書籍の部分には懐疑的だけど、zine的という意味ではブログもそうだと思う。でも、ぺらぺらのものでも紙の本にするときには編集をする。そこが大事なような気もするんです。ネットでも編集ということはあるけれど、ちょっと違う。
えっと、でも、今日はそういう話題じゃないので。。。

さて、あとは、ART BOOK FAIRからこちらの、モノ、コト。

これは、ARTBOOK FAIRのときに、読者のかたが持って来て見せてくださった、むか~~~し、モーニングでプレゼントに作ったアロハシャツ!これは、いろんな俳優さんの顔のプリントで。。。。たしか、ルトガー・ハウアーにシャルロッT-・ゲンズブールにウイレム・デフォーあたりだったか。。。
襟のあたりがすりきれていて、ちゃんと着てくださってたんだなあと大感激!!ありがとうございました。
8.jpg

「アメリカまるかじり」のときの編集さんと上野にゴハンを食べに行った時、ちょっと迷ってうろうろしたそのときに正面にあった建物、看板には「モン」。なんという偶然でしょう!
閉まっていたけど、ふだんは何屋さんなんでしょ。喫茶かバーかな?ていうか、やってんのかな。
6.jpg
そのあと上野、アメ横のお店はもう閉まっていたけど、なんかこれ。。。。たら子だけが、子が漢字なのが気になって。。。。。
7.jpg

そして、こちらはART BOOK FAIRのときに来てくださった知人が持って来てくれた梅ジャムで作ったヨーグルト・パフェ。
9.jpg
味が濃く酸味があっておいしかった!ありがとう!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.