MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中崎町
昨日は大学のオープンキャンパスで、同僚の先生たちや訪ねてきてくれた卒業生とちょこっと京都で打ち上げ。20日ぶりに飲みました、それもいきなりオリオン生を3杯&沖縄料理、うまかった。。。。。うれしい。
今晩から、発熱前日に買ってあった福島の日本酒飲む!

今日はBOOKS DANTALIONさんに、5/21にギャラリーあしたの箱でのトークショーの打合せに行ってきました。ZINEのいろんなことをお話ししていただきますので、どうぞお楽しみにー。
ちなみにこの日のワークショップは定員になりました。他にもレトロ印刷さんの出張ワークショップ、うちの大学のまつむらまきお(マンガ家&イラストレーター。わたしのMac師匠)による、おはなし作りワークショップもありますよー!
詳細は、上部固定記事「ZINEとリトルプレス」展からどうぞ!

で、帰りに、中崎町商店街を歩いていてみつけたナイスなものたち。
(画像はすべてクリックで拡大)
nakazaki3.jpg
ひったくり防止ポスターですが。。。このおばちゃんからひったくろうと思うだろうか。。。
nakazaki4.jpg
速達専用ポスト。かわいい。郵便だけいれてくださいっていう注釈が泣ける。
nakazaki2.jpg
占いと、なぜか店頭でりんご売ってる謎の店。
nakazaki1.jpg
もう、こういう単刀直入な。好きです。。。
himono2.jpg
干物作成中。
himono1.jpg
こちらは「飾り」干物。
この店に限らずこの商店街の居酒屋の「店頭で自作干物作り中率」やけに高い。
中崎町商店街には、昔なつかしい「かしわ屋」さんなどもあります。玉子がいまどきおがくずの上にのっかって並べられていて1個から買えて、かしわもの(鶏肉や焼き鳥)のみ売っている。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
スポンサーサイト
「紙ものまつり」に参加
いろいろありまして間近のお知らせとなってしまいましたが、明日4/27(水)から5/1(日)まで、東京調布つつじヶ丘の「手紙社」さんで開催の「紙ものまつり」に、monmon booksからも出展いたします!
monmon booksからは「いぬのおしえ」「はるのおくりもの」「cinemon1-fashion」「cinemon2-it rains cats and dogs」「SPOONS」の5種類です。
お近くのかたはぜひぜひのぞいてみてください。わたしは残念ながら会期中に上京は無理なのですが、いつか行ってみたいな、手紙社さん。
手紙社さんといえば、かわいい本「かわいい印刷」。これは後半に、レトロ印刷さんの刷り見本がどっさり綴じ込まれているというひと味違う本で、レトロさんの工房へおじゃましたときちょうど、この刷り上がりが山盛りに積み上がっていたのを思い出します。
かわいい印刷―DM、ショップカード、名刺…自分だけの紙もののつくり方かわいい印刷―DM、ショップカード、名刺…自分だけの紙もののつくり方
(2010/06/10)
手紙社

商品詳細を見る

しかし、まわりにいるからそう思うだけかもしれませんが、ZINEやリトルプレスという自費出版本状況は盛り上がっていますね。昨日書いた(下の記事)SPBSのフェア、手紙社さんでのフェア、レトロさんではいま「JAM BOOKS FAIR」(~6/30)開催中、5/14には大阪でOSAKA ZINE FAIR、6/5には東京/大阪同時開催でZINE PICNIC(未定部分が多いので詳しくはこちらをチェック)。
そして忘れちゃいけない「ギャラリーあしたの箱」での「ZINEとリトルプレス~じぶんで作る本~」展(5/21~28)!
そして7月にはまたTOKYO ART BOOK FAIRがありますよ(わたしの出展は未定)。

さて、わたしはようやく昨日から長い文章が書けるくらい体調復活してまして、いよいよ、いろいろと活動をほんまに始めなヤバいという状況。。。
まずはMONMON BAGSのサイトをとにかく作る。
それから明日から、デザフェス用のバッグの準備にかかります。まずは新作の版下作り、大学で製版や刷りやアイロン作業。今年は気合い入れて2ブースとりましたので、ブースの背面壁のデザインもしっかり決めねばなりません。5/5はコミティアで、週末連チャン東京ビッグサイト。
そうそう、発熱するちょうど前日に、デザフェスではお隣に出展する同僚の先生と、京都の老舗染色用品店にシルクスクリーンで使うラバーインクを買いに行きました。大学のシルク工房のTAさんから安いうえにセール中との情報で。
SENRYOU2.jpgSENRYOU1.jpg
こちらの「田中直染料店」なんと9代目。いかにも京都っぽい店構えです(ビルですが)。店内はあまりにも専門的でなにがなんやら全然わからずお店のかたにいろいろ教えてもらいつつ、箔とかチャレンジも含めてたくさん購入。
がんばりますー。
汽車のように動き続けてたい気分でもある。
twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
SPBSとスタンダードブックストア、そしてストア・デイズなど(タイトルからして長文)
「笑って自由研究 おかし工場のひみつ!!」の続編の取材で東京へ行ったついでに、ただいまシブヤ・パブリッシング・ブックセラーズ/SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERSにて開催中の「SPBSが選ぶリトルプレス100展」に行ってきました。
はじめ行った日はあいにくワークショップ中で入れず、翌々日に再挑戦。
(画像はすべてクリックで拡大)
SPBS1.jpg
少し写真が暗いですが、このテーブルぜんぶがリトルプレス。手前に立てかけてあるのは掲載していただいている本「リトルプレスをつくる」です。ほかにも、リトルプレス関連(紹介)本が数冊並べてありました。
SPBS2.jpg
monmon booksからは「いぬのおしえ」の参加です。うーん、おしゃれな雰囲気なので、トートバッグとかのほうがよかったかなあ。。。などと思いつつ。。。。でもかーなーりー悩んで、あえてこれ、と思ったからまあいいや。20冊納品していて、半分ほど売れていたのでうれしいな。
book1.jpgbook2.jpg
これはここで買った小さな本。つくりも絵もすてき。このかたのサイトです。
SPBS3.jpg
こちらは書店の外観。ガラスの演出がおしゃれ!ちょっと見えにくいでしょうか。拡大してみてくださいね。
シブヤ・パブリッシング・ブックセラーズは、いわゆるセレクト書店さんで、ワークショップなどもたくさんしているし、わっと思う本がたくさん並んでいて、こんな書店が近所にあったらうれしいだろうなー。

本に関して最近のわたし界隈の話をしますと、徒歩6分のうちの最寄り駅すぐに新しい図書館ができたし、もうすぐ梅田にスタンダード・ブックストアさんがオープンするので、すっごくすっごく楽しみ。
わたしは若いときに東京で、六本木の洋書屋さん「ストア・デイズ」(池袋西部アールヴィヴァン系列店)や、銀座のイエナ、神保町の古洋書&雑誌店、青山ブックストアなどでほんとに目を肥やさせてもらった(肥えてるかどうかは謎だが、高いからあまり買えなかったけど、たくさん立ち読み/立ち見した)。このなかで残っているのはABC(青山ブックストア)のみ、それも一度潰れかけている。
このところ、ビレッジバンガードとかが少しがんばっているけど、サブカルというよりはもっとアートよりな、書店員さんがなんでも知ってるみたいな書店があればなあと思っていたのです。いまの若いひとたちのためにも、なんていうかなあ、ほしいけどとても買えない写真集や画集をせめて目にすべて画像として焼きつける気で立ち読みするみたいな経験、そんなのをしてほしい。

「ストア・デイズ」には特別な思い出があります。
学生のとき(というか卒業旅行で)ヨーロッパ1周(3週間)貧乏旅行をしたときに、パリのポンピドーの一角でひっそりとやっていた展示にすごい衝撃受けてパンフレットをほしいと思ったのですが、そのときお金がなくて(カードとかない時代)買えなくて、でも、Arnulf Rainerという、名前のアルファベットだけメモして帰った。
数年後「ストア・デイズ」に来たとき、ふと、ここならあるかもなあと思って探したのだけど、見つけられなくて、思い切って店員さんに聞いてみたのです。といっても、名前はうろおぼえ、「自画像っぽい白黒写真にどばどばってペインティングしたような、アーノルフ?アルナルフ?みたいなドイツ人ぽいかんじの名前。。。」なんていう、この程度の説明でなんと、即、「ああ、レイナーですね」なんていって画集を出してきてくれたのです。大感動。
さっそくそのときは1冊買って、そのあとまた1冊買いました。そしてその2冊は、その6年後ニューヨークへの船便で無くなってしまいました。
と、この話には後日談があって、つい2年位前、なんのきっかけだったか、同僚の先生と話しててなぜかレイナーの話をしたら、その先生もレイナーが好きで画集を持っていたのだった!あとで見せてもらったら、わたしは見たことないやつで、これまた大感動。
Arnulf Rainerって画像検索で出したら、ええええーーー???と思われちゃうような作品の画家なのでリンクはっておりません~ちょっとこわい絵?なのです。。。

はい、で、書店続きですが、スタンダードブックストアさんには行きたいと思いつつ、なかなか心斎橋で降りる機会もなく、行けないままになっていました。書店とかパン屋とかカフェじたいは好きなわりに、そのためにわざわざ行くというのがあまり好きではないのです←ややこしい。
行ってみて大当たり、ここは雑貨も楽しいし、カフェもすてき。カフェに本を持って入れるというのがまたすてき。本がほんとに好きな人が考えてやってるかんじがしてうれしい。
というわけで、そんな書店さんが、電車乗り換えなしで、大学の帰りにも行こうと思えばそのまま行けちゃうところにできるのがすごーく楽しみ。
梅田には、超でかいジュンク堂もできたし、こちらは閉店間際にぐるっと見て回って図書館のような雰囲気だなーって思ったきり、まだあまりちゃんと見れてないのですが、洋書やアートブックもかなり数が多かった印象、また元気なときにちゃんと行こう。

梅田といえば、JR大阪駅界隈はなんだかピカピカとすごいことになっていて、今日もJRから阪急に乗り換えるとき、初老のおじさんが、上向いてびっくり、きょろきょろしてたのを後ろから、うんうんほんとそうですよねえと思いつつ、わたしもいつもきょろきょろしてしまう。伊勢丹ができ、ファッションビルができ。。。。通路がすっごくきれいに整備され、陸橋にもエスカレーターがついた。
でもビッグイシューのおっちゃんが工事で通路が変わるたびに違う場所にいて大変そうだった。大丈夫かな。。。連休は混むだろうなあ、疲れそうだなあと思いつつ、久しぶりに、そういう勢いのある場所に買い物行きたいな。なにか自分にかわいいきれいなものを買ってあげたい、ちょっと今そんな気持ち。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
ふっかつ。。。?
すっかり間があいてしまいました。何をしていたかというと、、、、風邪で倒れておりました。
先週の火曜日の早朝、いきなりのゾクゾク感~いきなりの38度台の高熱でセンセーショナルにはじまった今回の風邪。お医者ではとりあえず風邪でしょうと言われて、ふつうの風邪の薬が出ただけなんですが、38度後半ブッチギリが4日間、最大風速39度(20年ぶり)が一度。倦怠感が半端なく寝ているしかできない、ほとんど食事もとれないというかんじで微熱を経てようやく熱が下がったのが月曜夕方。
今週火曜日から職場復帰もしてるのですが、薬の副作用で胃腸がやられてるのがちょっとつらい。。。
とまあ、そんなわけでわたしはもう復活寸前ですが、みなさまたちの悪い風邪(インフルエンザだったかもしれないです)にお気をつけ下さい。
というわけで!!このしばらくのあいだに、まあ、わたしは何も動けてはいないんですが、、、、、

SHIBUYA PUBLISHING AND BOOKSELLERSにてリトルプレスフェア、開催中です(5/8まで)。
MONMONBOOKSからは、「いぬのおしえ:を出展してます。

主宰しておりますコミック同人誌トイト・ト・トイロが、なんと「VOGUE ITALIA」に紹介されました!
vogue1.jpgvogue2.jpg
(画像はクリックで拡大)
コラムのページで、イタリア語ぜんぜんわかりませんが、日本の「ファンジン」事情のレポートのようです。以前、いつもお世話になっているZINE専門店BOOKS DANTALIONさんからこういう取材をしているかたがいて紹介してもいいですかということでお話はうけていたのですが、ほんとに掲載されるとは~~感動デス。

***
昨日、「ブラス!」を再見しました。
ユアン・マクレガーがまだむちむちしすぎてなくて若々しいころ、まばゆかった。。。♡
わたしが、あごが割れてて唯一許すのはユアン、そして、もみあげが長い男に初めて萌えたのもこのころのユアンであります。
しかしわたし、おすすめや大好きな映画を選んでいて、すっごくよかった、大好き!と言ってる割に、ストーリーはほとんど忘れてて、好きなワンシーンや登場人物のどうでもいいせりふだけだったりすること多い。じつはブラス!も、そうでした。
でも、ええかげんだったりこまったりする兄ちゃんやオッサンばっか出てくるこの映画、「ええ、オッサン、行くん?!」とか「いいやつなのはわかるけどまた生活しんどいよぜったい」とか「お別れねと言わせといて、ええー?」とかいろいろとつっこみ入れつつ、このこまった男たちがほんとに身近にいるようで(実際いるとめんどくさい気もするが)、やっぱ好きな映画。人物がちゃんと描けてるからそう感じられる。そしてやっぱり、音楽の力の大きさをこころから感じた。ブラバン、いいな。わたし肺活量少ないからだめだなあ。

明日は「おかし工場のひみつ!」の続編の取材です。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
春かな
やっとダウンを脱ぎすて、キルティングジャケットと大判ストールを持っていればよいかんじ、と、寒がりのわたしも思えるようになってきました。さすがにもうコートとウールのセーターはかたづけてもいいよね。。。
といっても大判ストールはまだまだ分厚いウールのやつ。日中はあったかくても、週2-3日、出勤すれば帰りは終電近くになってしまう湖西はまだ油断できないのです。

うちの前の道は桜並木があって、毎年仕事机からお花見ができます。机の上のちらかりようがおはずかしいですが、こんなかんじで仕事をしてますー。
(画像はクリックで拡大)
SAKURA.jpg
隣の部屋(部屋といってもつながってる)の大きな窓からも同じような風景なんで、この時期、朝(or昼)起きてカーテンをあけると、一瞬、ここはどこ?と、びっくりする。
しかし土日はこの道をお花見客が通るので(今年は少なかったなあ)、うちの犬がうるさくてたいへん。。。。ていうか、お花見気分のかたにもうるさくてすいませんというか。。。。
桜も美しいけど、この桜並木の下の大通りには、れんぎょうが植わっていて、わたしはここが真っ黄色になるのがじつはいちばん春だなあって思う。この道へ降りる階段にはユキヤナギが満開です。
rengyou.jpg
もうちょっとすると、この道の左側に1本だけある大きなミモザが真っ黄色になる。桜並木とレンギョウの間の土手と、ミモザのある空き地は、わたしが小さいころからずっと、春になるとつくしをとる場所。春生まれのわたしは、じぶんの誕生日の1週間前くらいがつくしとりにはいちばん、という感覚で毎年動いているのですが、去年と今年はほんとにすごく寒くて、また、空き地は遊歩道的に整地したこともあったのか、つくしがほんとに全くとれなかった。

野草つながりなんですけど、スズメノテッポウという雑草がありまして、よく葉っぱを抜いた茎の部分で草笛にして遊んだのですが、これを本当にみかけなくなった。数年前犬の散歩をしてたとき、密集して生えてる小さい公園をみつけたので、いつか、いくつかとってきて家で栽培しようかとか思うこの数年。
カラスノエンドウでもサヤで草笛にしますけど、これもめっきり少なくなったなあ。
ヨモギが元気なくらいで、ナズナやツユクサや月見草も近所であまりみかけなくなった。
このあたりの雑草は、ナズナは文鳥のえさにしてたこととか、小学校からの雨の日の帰り道に溝の中に咲いてたとか(ツユクサ)、高校のとき文化祭の帰りにボーイフレンドの自転車の後ろに乗ってたときにみかけた(月見草)というような画像(動画)記憶として、わたしの脳内ハードディスクのフォルダに入ってる。

ここは3歳から、中15年ほど抜けで住んでいる場所で、いわゆる歴史なんてのはない駄菓子屋もない地元のお祭りもない「ニュータウン」なんだけれど、わたしにはそれなりに思い入れのあるところ。
いま団地が次々と立て替えられて高層マンションになっているけれど、昔ながらの5階建ての白い団地がわたしの原風景なのです。どこへいっても、このタイプの団地を見ると「なつかしい」と思ってしまいます。

わたしは20歳代からずーっとあちこちふらふらと引っ越しばかりしていて、どこでも生きて行けると言っていた時期もあったんだけど(住所録がわたしの変更だけでいっぱいになると友人から苦情がきていた)、帰る場所があるからだったなって、数年前に実感しました。
あ、あと、住めないところもあるってわかった(LAとか←平地すぎてこわい)。以前はロットリングと紙と電話(FAX)と郵便局があるところならどこでもOKって言ってたけど、今はさすがにパソコンと回線が必要だなー。

けど、ここへ戻って来て12年、やっぱりそろそろふらふらと動きたいひっこしたい病がふつふつと数年前からわいてきていて、なんていうか、足がばたばたしてる。。。かなりヤバいかんじ。。。。。

*******
大学では先週木曜日から授業が始まりました。
わたしの前期の受け持ち授業は、2年対象にイラストやカットの仕事シュミレーションとアイデア出しの演習(1コマを2クラスずつ前後期)、3年の16ページ冊子作り実習1クラス(共同担当)、そして4年ゼミです。ゼミは今年度は研究生を入れて10名。またまた元気な女子ばっか、どんどんイベントに出ますよ~。またお知らせしますので、MONMONゼミ(ミンミンゼミの発音で)を、どうぞよろしくお願いします!

で後期はこれに、3年全員を対象にした講義が5回。この講義では、実際のいろんな仕事の進行の実際をラフとか下書きとか見せながらとか、雑誌や広告などにどんな人が関わってるかとかその仕事とか、おすすめするわけでは全くありませんが、フリーランス生活に必要なこと(請求書の書き方とか確定申告とかいろいろ)を話します。
こんなかんじで大学での仕事が回りだして4年目。講義は非常勤のときに1年やったので5年目(一昨年まではひとりで13回やっていました。去年から、3人違うタイプの仕事をしている先生と共同担当)、でも、毎年4月は何やったっけ???ってばたばたになります。で、追いつめられてやっと、プリント準備したり、内容をアップデートしたり。。。。ばたばた。。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
ZINE,ZINE,ZINE!!
フライヤーができましたー!!
(画像はクリックで拡大。出てきた画像を、もいちどブラウザで拡大していただくと、読みやすい大きさになるようです~)
じんおもてじんうら
5/21(土曜)から29日(日曜)まで、大阪の「ギャラリーあしたの箱」にて、
『ZINEとリトルプレス~じぶんでつくる本~』展です。
フライヤーのイラストとデザイン(デジタル処理以外!)、企画コーディネートを担当しています。

いつもお世話になっている、ZINEとリトルプレスの専門店、BOOKS DANTALIONさん、そしてレトロ印刷さんにもご協力いただいたイベントも開催!!
あしたの箱サイトはこちら
一応ここでもイベントを紹介しますね。
************
5/21(土)
15pmより終日のオープニングパーティー&イベント
●15~16pm
ZINEとリトルプレスの専門店「BOOKS DANTALION」店主 堺達朗さんのトークショー
『ZINEとリトルプレス』
●16~18pm
<WS・1ーーとにかく本をつくってみたい!>
堺さんによるワークショップ『コラージュやイラストで自己紹介ZINEを作ってみよう』
●16~19pm
ZINE交流会
堺さんやZINE作者と話したり、情報交換したりご自由に!
*ワークショップのみ予約制(定員7名/無料)

5/22(日)
●15~17pm
<WS・2ーー本のかたちにしてみたい!>
大阪のちょっとかわった印刷屋さん、レトロ印刷JAMスタッフによる出張ワークショップ
『レトロ印刷で簡単なページ割のカレンダーブックを作る』
中とじの「面つけ」方法、アナログ2色印刷原稿作りをレクチャー。ワークショップで作成した原稿をお預かりしてレトロさんにて印刷、カットし、製本方法の説明書を添えて後日お送りします。
*予約制(定員7名/500円/材料・印刷費・送料込み)

5/28(土)
●14~17pm
<WS・3ーー本のおはなしをつくってみたい!>
『ストーリー作り入門』
成安造形大学イラストレーションクラス教員まつむらまきお(マンガ家、イラストレーター)さんによる、本(絵本、フィクション、ノンフィクションに限らず)おはなし作りのアイデア出しの方法と、まとめかたのヒントをぎゅっとつめたワークショップ。ここで出したアイデアの展開のしかたや、いろんな本作りの方法についても、作例をお見せしながらレクチャーします。
*予約制(定員7名/無料)
*************
同時開催
ASHITA no HAKO BOOKS 新刊『あのころごはん』/イシヤマアズサ著 発刊を記念して原画を展示いたします。「給食当番」「遠足のおべんとう」など「ごはん」にまつわる、あのころのあれこれが詰まっています。
●●飛び入りコーナー●●
ZINEやリトルプレスの飛び入り展示コーナーをつくります。あなたの本を持って来てください。
期間中随時受け付け~終了まで展示します(返却不可)。
作者のコメント、キャプションも添えて、たくさんの人にアピールしてください。

***お問い合わせ、各ワークショップのお申し込みはこちら
info@ashitanohako.com
まで。WSご希望の場合はWS番号と、お名前、参加人数をお知らせください。
*************

同時開催の原画展作者イシヤマアズサさんは、わがMONゼミの卒業生です~。
もちろん、わたしも新作を携えて参加しますよ。週末は全て在廊予定、ワークショップのお手伝いもしています(堺さんのトークショーでは司会進行をいたします~)。

フライヤーをご希望の方は、コメント欄からご住所をお知らせくだされば(コメント送信の際ロックしていただいてもよいし、そのまま送信していただいても、わたしのほうで公開にはいたしません)、わたしのほうからお送りいたします!薄黄色と白の紙のがあるんですが、内容は同じですので何枚かとりあわせて送りますー(どこかに配布や置いてくださるという場合は多めにお送りもできますので、お知らせくださいませ)。
どうぞよろしくお願いします!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
すこしだけ
あまりここではプライベートなことを書くことは控えているつもりなんだけど、少しだけ。
震災のことでは、とくにはじめの1週間は、現実と、あまりにもたくさんの人の気持ちに圧倒されてじぶんの気持ちがどこにあるのかわからなくなりそうでした。遠く離れたところにいるわたしだけど、「何が」怖いというより、、、「何」というのはもちろんたくさんあるんだけど、「心細いという怖さ」に押しつぶされそうだった。それは今でも。
阪神のときはわたしはその前年の秋に帰国、震災の前日に東京にひっこしていて、でも、ひとりで幼児をかかえて遠い場所に残してきたトラブルのあとかたづけが毎日毎日あって、精神的にとても参っていて、親戚も被災していたのに、郵便局からの寄付くらいしかできなかった、というか、しなかった。でも、支援って直接何かすることだけじゃないと今は思える。わたしはそのとき子どもを預かってもらえて、友達と話もできて、楽しく話すことで元気になれて、仕事ももらえて、そして子どもは大きくなって、今は何かしようという気持ちができた。だから、身の回りの人に優しくするとか、ちょっと助けるとか、そういうことでもいいと思う。
そしてわたしは自分が何がいまできるかというと、まずは全体を見て、動ける人が動けるような寄付を微力ながら、それからもちろんいろんな場所の被災地ではみんなが社会的弱者なのだとはわかっているけど、そしてそのなかで特に、もともと帰る場所のない人の力になれたらと思った。そういう活動をしているところに持続的支援をできる範囲で、そして、地元でずっと続いてて、ずっと気になっていたことの、自分で動けることを今することにした。阪神震災のケアをまだ今も続けている友人もお手本にしたいと思う。

原発のことは自分なりにしっかり情報を得るしかないと思うし、あたふたしないでおこうという気持ち、だけど、少し。
わたしは母が広島原爆の被爆者だから(翌日に爆心地に入ってる。母の父=わたしの祖父は、爆心地からすぐ近くで「蒸発」した)、わたしは被爆2世。
こないだ、twitter経由でだったか、福島の中学生の女の子がじぶんの将来(じぶんの子どもとか差別とか)が心配だって言ってたっていう記事を読んで、なんだか泣けてきた。わたしの母は原爆手帳をとったのが、つい10年前。あれを取得するのはじつは、「証人」が多数必要だったりと、とても精神的にもたいへんな作業なので、母は32のときに癌になったけど、それは15歳のときに被爆したからか体質なのかどうなのかなんてわからないけど、どうして70歳近くなるまで取得しなかったかというと、わたしは彼女とは話していないけど、差別や娘の縁談などがあったときのことを思ってだったかと思う。わたしもずっとずっと、不安がなかったわけじゃない。でも、それって60年前~だよ?なぜ、医学とか科学とかは、進歩しても進歩しても、こういう不安や悲しさを解消できないのかな。
差別とか風評被害に反対と言うのはかんたんだけど、自分にふりかかったとき、たとえば被爆したかもしれない彼女を、その彼女を連れて来た息子を、友人を、他人を、人種差別とかすべての差別の根っこのところからも広く見て、守る気持ちがあるかどうかを考えてほしいなと思う。
今しか書くタイミングないと思ったので。。。ここでこういうの書くのはおわりです、たぶん(そうしたい)。
4月になりました

4月になりました。
明日、というか、今日は勤務先大学の入学式、「今年度」が始まります。

こんどの日曜日(4/3)に、道頓堀のリバーウオークにて開催の「道頓堀アーティストギャラリー&アンティークマーケット」に出展します。
1091s_20110401014902.jpg
ただいま、monmonbagsのラインナップはこんなかんじ。漢字の黒犬バッグには、もうひとつ「震」というのがあります。
今日(3/31)は学校で、在庫切れになっていたのカラフルトートの赤の追加を刷る作業をしていました。
シルク工房にはこういう、刷ったものを乾かすラックがあります。
akabag.jpg
もちろんみんなで使うものだから、翌日には必ず引き上げなくちゃいけないんだけど、やっぱこういうのがあるとないとでは、作業効率がぜんぜん違うので、やっぱ助かる。
さて、日曜日はお天気も良さそうなので、実ははじめての野外フリマ参加。お近くのかたは、お買い物ついでにでものぞいてみてくださ~い。

それから、東京渋谷にあるブックショップ、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」にて開催のリトルプレスフェアに出展します。
4/11~5/10(予定)のあいだ、いろんなリトルプレスを店頭で販売するそうです。リトルプレス、ZINEにご興味のあるかたはぜひ!
monmonbooksからは、1冊出展、もうそろそろ送らなくちゃいけないんだけど、どれにしようかまだ迷っている。。。。。

それからそれから、
5/21~29に、大阪のギャラリーあしたの箱で開催の「ZINEとリトルプレス~じぶんでつくる本」展のフライヤーのイラストとデザイン(デジタル処理はできなくて師匠に頼んでしまった。。。やっぱ、大学で勉強しなおそうかなあ。と、いつも思ってできてないのだけど)、企画のお手伝いをしています。
ワークショップも3つありまして、楽しいものになるといいな。もちろん出展もします!
来週なかばまでにはフライヤーもできあがってくる予定ですので、ワークショップの詳細などなど、またアップしますね。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。