MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SHOJO MANGA
先日見た「キックアス」で、主人公の男の子が好きな女の子を「マンガカフェ」に誘うシーンで、マンガとか読む?って聞かれた彼女が「最近は少女マンガを少し読んでるわ」ってことを言います。
そのとき、字幕では「少女マンガ」ですが、せりふは「shojo b....」って聞こえて、何かなー?と思ってたのですが、あれはたぶん、「SHOJO BEAT」のことなのじゃないのかなと、昨日、はたと気づきました。
images-1.jpegimages.jpeg
SHOJO BEATっていうのは、アメリカで出ていた日本の月刊少女マンガ雑誌で、「NANA」とか「赤ちゃんと僕」とか「ハチミツとクローバー」とか、日本での雑誌も時代もごちゃまぜで、おいしいとこを集めた雑誌で、巻頭には、日本のテレビ情報やNANA的なファッションをしようみたいなコラムもあります。

わたしは以前アメリカへ行ったときに買ったものを持っていますが、不勉強で、その後2009年に休刊になったと、さっき知りました。
同じような少年向けのSHONEN JUMPは今も出ている模様(こちらは「ワンピース」やら「なると」やら「遊戯王」やらってラインナップ。わたしが持ってるやつには、「るろうに剣心」や「幽幽白書」も載ってる。こちらには、アメリカの少年たちによるナルトの似顔絵コーナーや、日本語学習コラムなんかもある)。
SHOJO BEATのウエブサイトはまだあり、単行本を出したりしているみたいですね。

日本のマンガが市場として北米で頭打ちっていうのもちらりと聞いたけど、わたしはこのあたりの状況に関して全然知りませんが、まあ、マンガってソフトですから、いけるだろうなっていうラインナップをとりあえず出し終えたら伸び悩むっていうのは当然な気もします。
日本マンガの翻訳単行本は高いし($7~9)、雑誌って本屋さんには売ってないからほとんどがサブスクリプション(郵送年間購読)しないといけません。そもそも、本屋が田舎へいけばいくほど町にはないし、そんな本屋にはこんなマンガ雑誌ぜったい置いてないし、マンガの書棚もあるような大型書店は車で数十分以上かかるみたいな場所が多い(ほとんどかも)。子どもだけでは行けません。
日本みたく駅とかコンビニでも買える、本屋は一応すぐある、単行本や雑誌は子どものおこづかいで買える値段っていう状況とは違います。

あとは、とくに少女マンガは、アクションやストーリー自体じゃない、メンタルやこまごまとした部分が重要なことも多いから、そのへんの共通認識がないとつらい部分もどうしてもあるんじゃないかなーとも思います。
共通認識といっても、文化の習慣とか風景、物質など(学校や街のシステムや見た目の違いや、食べ物とか、家の中のモノの違いなどなど)は案外気にならなくて、もっとメンタルな、「こういうときは、たいがいはふつうこういう順番で考えるよね」という心理描写の共通認識や、感情のリズムやテンポみたいなもの。
アメリカのティーン向け小説って、少ししか読んではいないけど、わりと少女マンガに近いものがある気がする。このあたりを好きな女子が少女マンガに流れてるかもしれないな。
ほかの国の子たちにうけいれられてるマンガがどれかっていうのを、いろんな局面でリサーチしたら、どのへんが「普遍性」ってことなのか、それはどのあたりまでズレてもいいのかとか、わかっておもしろいかもしれないですね。

もう7年前ですが、ジョージアの田舎町で子どもたちメインに日本のマンガの書き方教室をしたとき、日本のマンガが大好きな小学生の子どもたちは、まずマンガやアニメが好きになって、次に、その中で描かれてる自分のよく知らないものや世界が何かをすごく知りたいと思う、ってかんじがしました。

はじめは、セーラームーンがおもしろい、ストーリーにひきこまれて細かいことは気にならない、何度も読むうちに、この魚のかたちをしたケーキみたいなものは何?って考える。「うさぎちゃん」の「ちゃん」と「タキシード仮面さま」の「さま」って何?って考えるみたいな(これらは実際に子どもたちに聞かれたこと。おにぎりあげたら、「これ、犬夜叉が食べてた!」って言われたりとか)。
これは昔、日本人が映画見てアメリカの大型スーパーに憧れたりみたいなのと同じとはいえ、分母がかなり小さいから、大きなうねりになるとはとうてい思えないけど、ナルトが好きで、独学で日本語勉強してる小学生男子や、日本人留学生の家庭教師つけてもらってる小学低学年女子、コスプレしてくるオタクな高校生だけど学校ではコミッククラブと日本語クラブに入ってるっていう女子もいましたし、だからまあ、これからなんじゃないのかなあ。マーケットは大きくはならないかもしれないけど、確実にしみこんではいると思うんですよね。いま日本のマンガが好きな子は、将来もずっと好きだと思う。ていうか、そういうんじゃだめなのかな、商売としては。

ただ、マンガは、プライドもって「所詮サブカル」って思っていたいとわたしは個人的には思ってます。お国だとか省庁に認めていただいたりしないでいいっていうか、。。。。パンクでいたいっていうか。。。

さて、わたしがこのワークショップやったときに一番おおっと思ったのは、年長クラスで18歳くらいの女の子が同人誌活動用に書いたマンガを見せてもらったら、学園恋愛もの、それも制服着用の学校が舞台だったので、どこからみても日本の少女マンガだったことでした。
もっと読み込むと微妙な違いもあったのだろうけど、とりあえずマンガの絵っていうのは、何人(人種)にも見えるんだなーってこととに、えらく感動してしまった。
マンガのなかでも、日本の少女マンガの表現ってやっぱ独特だと思うから、このあたりが異国で成熟して、日本人じゃないメンタリティで「少女マンガ」ができあがってきて日本にそれが輸入されたりすると、おもしろくなるかもしれないな。

***
(追記)
一昨日こけたその後。筋肉痛は左上腕から肩の裏側と脇腹あたり、左のおしりからふともも裏側、右のおしり上側、右上腕下部、左ふくらはぎ裏側に発生。なんかギシギシした動きの変な人になってます。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
スポンサーサイト
こけた
今日、大学でハデにこけてしまった。。。
春休みに入って人が少ないこの時期、通路のあちこちに植えられた芝生の養生をしているのですが、立ち入り禁止のための囲いとしてロープが張られております。
夜、帰りに、暗がりでそのロープに足をひっかけてすっとんで、左胸と肩のあたりから着地。下が芝生だったのでダメージ少なくてすんだけど、しかしその芝生のためのロープなわけで、フクザツだ~(だれのせいにもできなくて)。
そういえば、映画「白いリボン」で、いつのまにか農場に張られた針金に馬がつまづいてドクターが落馬。。。みたいなあらすじを、つい先日書いたところだったなあ、あれは馬からだから骨折だったよなあ、馬に乗ってなくてよかった、なんて、思いながら立ち上がった。

昨日は犬散歩中に、すぐ近くで女の子がバイクでこけたりして(角を曲がりきれなくてorマンホールですべったぽい)、こけたり落ちたりしやすいわたしは気をつけなきゃなーと思ってたとこなのに。。。あぶない、あぶない。

けがなんかはぜんぜんないのですが、たぶんこけたときにとっさに力が入った左脇腹から背中とか首筋あたりが筋肉痛になりそうな予感。年とってくると、こういう、あとからのダメージが思いのほかきついんですよね~。おふろでよくマッサージしておくことにします。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
リンク
最近見た映画(昔のも何度もも見たのもあります)や読んだ本とかが、わたしのなかでリンクしたことのまとめ。

ローラーガールズ・ダイアリー」にも「キックアス」にも出て来たのは、チェックのプリーツミニスカート。着てる女子は年も姿も全然違うけど、その両方が「漢」(おとこ)。

エリックを探して」も「キックアス」も、YOUTUBEがカギをにぎってる。

「エリックを探して」も「ネコのタクシー、アフリカへ行く」(これは読み物絵本)も、20年後の再会。

ソーシャルネットワーク」も「ローラーガールズダイアリー」も、学校の正統派をぶちのめしてるのがスカッとする。

「キックアス」も「白いリボン」も、ちょっと子どもががんばりすぎ。

「キックアス」も「エリックを探して」も、家族はいろんなかたち。

シーズソーラブリー」も「キックアス」も、子どものほうが冷静。

「キックアス」のパパたちも「ローラーガールズダイアリー」のパパも、パパであるエリックもダメダメでもイカしてる。

「シーズソーラブリー」も「ローラーガールズダイアリー」も、友達の懐が深い。

ズッカのムック本にあったメンズのスタイリングと「白いリボン」の男子農夫のスタイル。白いシャツに黒のズボンとチョッキ。

「白いリボン」のDr.の娘と「キックアス」のレッドミストは顔の系統が似てる(気がする)。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
「白いリボン」
映画「白いリボン」見てきました。
重くて、でも、透き通っている、美しい映画でした。

1913年のドイツの小さな村での物語。
物語は重いのだけど、まずなんといってもわたしの萌えポイントはお洋服。
(クリックで拡大)
1.jpg2.jpg3.jpg
地主婦人のゴージャス衣装じゃなくて、子どもたちの普段着や、使用人や小作人の労働着がツボだった。
作業着や労働着がほんとに好きだなー(映画「ディーバ」の男の子のブルーのジャケットあたりからこっちずっと)と思うときにすぐ浮かぶ大好きなブランド「ZUCCA」のムック本を、今日、デザイナーの小野塚さんが引退されるラストシーズンなのを知ったのと、ふろくのトートがほしくて買ってきたところなのですが、小野塚さんのインタビューで、彼がZUCCAをスタートするときにインスパイアされたというドイツの雑誌に載っていたというダンガリーぽい色のスカーフを頭に巻いて、カーキのジャケットに紺色の大きなエプロンをつけた農夫ぽい写真、これ、以前も彼がどこかで紹介していたのを記憶しています。
彼がオッズオンというメンズのデザイナーをされてたときにセールで買った、クレイジーパターンのアーガイルカーディガンをまだ持っていて、わたしの好きなものはもうやっぱり30年くらい変わっていない。
上の絵で描いたみたいなジャンバースカートもギャルソンにこういう吊りスカートがあるシーズンがあって、今でも好き。
てなわけで、ああ、かわいいな、こういうワンピースほしないなあ、でもパフスリーブじゃなくて、とか、そんなことも考えつつ見たこの映画。

1913年、ドイツのある村でのできごとが、若い教師のことばで「昔こういうことがあった。忘れないうちに語っといていいかな」というように語られます。

道にいつのまにか張られていた針金のために村の医者が落馬して大けがをしたことから始まり、小作人の妻が死に、収穫祭の夜には男爵家の長男が行方不明になどと、男爵家と小作人でなりたつ小さな村に次々と起こる不穏なできごと、子どもやおとな、いろんな登場人物の仮面の裏に隠されたいろんな感情が交錯します。
それらははっきりとは語られなくて、あれはどういうことだったのかなと、十数年後にふと考えるかもしれないような映画。
わたしは自分も含め子どもが純真だなんて思ったことがないし、昔の子も今の子もなにも変わってないと思うんだけど、映画に出てくる「いい子」な「うまい子」ほどしんどいのは現代でも同じで、ひりひりと心が痛みました。

登場人物多くて、ちょっとこんがらがりましたが。。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
「リトルプレスをつくる」本
今日は打合せのあと、ずっとお世話になっている大阪のリトルプレス/ZINE専門店、BOOKS DANTALIONさんの実店舗へはじめて行ってきました。

上から二段目の右はしが、主宰してますコミック同人誌トイロ・ト・トイロ、その左隣は今日納品してきたトイロの新刊です。
(画像はすべてクリックで拡大)
DANT1.jpg
入り口すぐのコーナーにmonmonbooks置いていただいてます!近日中に新刊も納品予定です。
DANT2.jpg
こちらにも、いろんな形の豆本とか、実験的なZINEがこんもり。
DANT3.jpg
わたしは今日は、イギリスに留学中の中国人の女の子がシルクスクリーンで作ってる新聞みたいなイラストエッセイ的なZINEを買いました。絵も内容も(中国語だから理解できるわけじゃないけど)紙質も印刷のかんじも大好き。こんなの作りたい。。。。作っちゃおうかな。。。。
DANT5.jpgDANT6.jpg

で、DANTALIONさんも、わたしのmonmonbooksも、この3月にグラフィック社から出る「リトルプレスをつくる」という本に紹介していただいてるのですが、表紙がもうアマゾンに出ているということでその場でパソコンで見せていただいたら、なんと、カバーにmonmonbooksが2冊もちらりと写っているではないですかー。うれしー!!家に帰ってそっこー見ました!
本が出るのが楽しみー。また発売まぢかに紹介いたしますー。
littlepress.jpg
アマゾンはこちら

DANTALIONさんのあるサクラビルは、レトロなビルで、雑貨屋さんとかデザイン事務所とか洋服屋さんや?カフェも入っているようでした(時間が遅かったのでちゃんと見れてないのですが)。そのなかでみつけた、??なテナント看板。何屋さんなんでしょうー??
DANT4.jpg
狡猾機動隊???
twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
「エリックを探して」と「ソーシャルネットワーク」(長文!)
一日に映画2本の日。
「エリックを探して」。
10回くらい泣いて、たくさん笑った。「おっしゃー!」っていう気分になった。
なんていうか「ブラス!」とか「フルモンティ」とか、ああいうかんじ。何が「ああいうかんじ」かというと、イギリスの労働者階級のオッチャンたちの「つるむ男の子」っぽさ、かな。

前にどっかで読んだ本に、子どもの成長過程には「チャム期」(またはチャムシップ)っていうのがあるっていうのがあって、チャムっていうのは子犬が子犬どうしでごろごろじゃれあう的なこと。
小学高学年から中学生くらいに、同年齢(学年)同性の友達でじゃれあって遊ぶような時期があるという。それがその後の人間関係を築くのに必要だというような論説で、それがあるからないからどうっていうのはわたしはわかりませんが、このイギリスのオッチャンたちは、年とってもそういう関係のままってかんじがする。
もちろん、職場での関係ですから(何人かはずっと地元な仲間なのかもですが)、年齢もいろいろなのですが、仲間をしっかり助け合っててカッコいいんです。

エリックは結婚を二度失敗して、二番目の妻の連れ子をふたりひきとっているけど、そのふたりの息子も全然言うことをきかないティーンエイジャーでたいへん。
そんなある日、ずっと会うことのなかった初めの妻との娘にできた(未婚で大学生~)孫の面倒を相互にみることになります。孫を介して元妻と会うのだけど、別れた原因やその後に関しても後悔ばかりが残る20年をすごしたエリックは、どうしたらいいかわからなくてパニック状態になってしまう。そんなときに彼の神様である往年のスターサッカー選手エリック・カントナが背後霊のように現れます。。。。

いいなあ。。。うーん、でも、わたしだったら、うちにだれが来てほしいかなあ。悩むなあ。。。好きな人、あこがれの人はいるけど、実際にアドバイスとかしてほしいかっていうとまた別。。。
あ、米原万里さんに来てほしいかもしれない!

エリックがだいじなものを守るために決断するところ、一歩踏み出そうとするところ、がんばれがんばれって思った。子どもたちももともと良い子なんだよね。よかったよかった、と、イギリスなんだけど、まるで近所のことのよう。

「ソーシャル・ネットワーク」は、フェイスブックを作った人の話、なんてみなさんご存知ですよね。。
ネット世界にまだまだ慣れないわたし、リアルで知らない人を「友達」と呼べないみたいなかたくなさがまだまだあって、ツイッターも5度くらいやってはやめ、やってはやめを繰り返し、やっと最近なんとか立ち位置がわかったりしたかんじなもんで、フェイスブックなんて全然わかんないのが事実。
ツイッターでは、読者のかたとかとは、お手紙でやり取りしてると思えばじつは自然にやりとりできたりできて楽しくて、それはダイレクトな関係だから大丈夫。楽しいことや情報を得たりすることも多くあるなかで、でも案外、リアル友達の知らない部分をじつは見たくなかったりする、複雑な気分をひきずったままです。
ただ、リアルでもネットでも、その人がどんな人かわかるっていうのはどちらもどちらな部分があって、もともと知らない方とかでも、なんとなく距離を置きながら、どんな人かなんとなくわかってきたらコメントとか最近ようやくできるようになってきました(遅い)。

アメリカの新聞には「クラシファイド」という、アパートや仕事を探すとかの情報欄の続きに、「パーソナル」という友達とか恋人募集とかいう欄が昔からあります。そこには必ず、たとえば「WGM」だと「ホワイト(白人)、ゲイ、メイル(男性)」が「BGM」を、「WSF」(ホワイト、ストレート、フィメール」が「BSM」を募集とか、必ず自分の属性を明記してあるんですね。
わたしはフェイスブックって、その流れなんじゃないかなーって思う。

映画を見ると、フェイスブックは、もともと大学生の学内カタログ(出会うための)みたいなのが発端ですよね。日本ではいきなり全てオープン状態で、「学校」くらいのゆるい囲いがないから、かえってどこにラインをひくとかむつかしいような(わたしだけかもしれませんが)。学校だと、顔は知ってる先輩がどんな人なのかなーとか見ちゃうのは楽しいかもしれないな。
でも、ツイッターや、わたしはやらないけどミクシイとの住み分けとか、ややこしい。。。わたしは特に、自分の脳内メモリ的に、リアル世界でも人の名前を覚えるのが苦手だし。

そんなわけで(?)「ソーシャル・ネットワーク」は、主人公の男の子の顔が好みだったとまず言っておこう!!この子の性格は、正確には性格ではなく性質だと思うので、つきあいたいかつきあいたくないかは置いといて、いやな人だとはぜんぜん思わない。
どちらかというと、主人公とはじめに会社の出資者でパートナーだったはずの男の子が、しかたないとしかいいようがないのですが、まるでビートきよしや、ぼんちまさと状態で、不憫で。。。でも、しかたないのもほんとわかる。
こういう「いける!」と思ったアイデアを実践するときって、やりたいことを優先させていける人でないと無理なのかとも思いますし、わからないではない部分がある。
よく、恋人が忙しくて、わたしと仕事とどっちが大事なのってありがちですよね(この映画にはありませんが)。
そんなとき、そんなこと言われても困る、いまどうしても流れとしてやめられないとか仕事だからこそ優先させないといけないとか、ドタキャンせざるをえないみたいなのって、わたしは本当によくわかる。

だけど、そこで相手が聞きたいのは、忙しくてごめんなんてのじゃなくて、ほんとはどう思ってるのか、気持ち的に会いたいかどうなのかってことだけなんですよね、たぶん。
1分でもいいからぎゅっとする時間をとるとかできること(とか、したいこと)はあるはずで、でも、そもそもそう思わないなら、また、まあいいやと思ってしまうならその程度のことなんじゃないかとか、まあだから何が言いたいかというと、マンガ「働きマン」(これは女子のほうが忙しかった話)でも思った、やりたいことをやりたい気持ちにあらがえない「業の深さ」、そして少し「知らせる」ことで友達だろうと恋人だろうと関係はこわれないですむのにという話だなーって思った。といってもザッカーバーグくんはやっぱ(善し悪しはいま別として)性質的に、あまり人の感情がわからない人だと思うから、一般論をあてはめてもしかたないとも思うけど。

でも、フェイスブックがたぶん、新しいことを作って行く段階ではなく保持していくというステージに入ってる今、はたして彼は仕事が楽しいかなー?ってちょっと思った(よけいなお世話)。
あと、わたしはとっても腹黒いので、この映画に出てくる、容姿端麗ええとこのぼっちゃんでスポーツ万能成績優秀なデキスギ君のふたごが、主人公にあっけらかんと相手にされてなくてぎゃふんとなってるところが、かなり気分よかったりしました。

主人公を演じた俳優さんは、「ゾンビランド」にも出てるらしい。見なくっちゃ~。

***↓一番下に、まだ続きがあるように出てますが、ありませんのでクリックしないでくださいね。長すぎるからかなー。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
コミティアなどなど。。。
昨日の日曜日は東京ビッグサイトにてコミティアでした。ブースへお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございましたー!!
今回、monmonbooksは、あるものを郵送するだけでしたが、友人たちと作っている同人誌トイロ・ト・トイロの新刊の編集印刷発送手配調整がぎりぎりまでかかり、あと、artist' book fairのNY展への発送と翻訳原稿作り、大学の3年進級展の搬入、仕事の取材などが重なり、まあいつものことながら、ばったばったなのでした。

*まとめ*
●monmonbooksはただいま12種類!サイトはこちらです
今週中に、「いぬのおしえ」と「はるのおくりもの」の英文テキストをアップします。こちらで読むorプリントしていただくのも可能ですし、ご注文の際、ご希望によりコピーをおつけできます。来週いっぱいまでには、CINEMONの1と2(fashionとcats and dogs)と、tote bagsのテキストもアップの予定です。

●主宰してますコミック同人誌「トイロ・ト・トイロ」10号ができました。サイトはこちらです。フルカラー32ページ分を、A1サイズ両面にプリントした、ポスターのようなマンガ本です!

●artists' book fairは2/24より、紀伊國屋書店NY店とNY CITY数カ所にて同時開催。monmonbooksは、「はるのおくりもの」「TOTE BAGS」「It's raining cats and dogs」が紀伊國屋に、「いぬのおしえ」「fashion in movies」がイーストヴィレッジのセントマークス・ブックショップにて展示販売されます。すべて今回スペシャルのそれぞれ模様の違うミニトートつきになっております。

イベントとしては、このあと5月のコミティアとデザフェスまでお休み。
デザフェスではmonmon bagsとしてバッグ中心に出展しますので、春のうちにbagsのサイトも作る予定です。
まち
久しぶりに街歩きをしました。
友人と、まずは朝早く(ないよね、9時って)から、新しくなった大黒町の木津卸市場を探検に。建物は新しいんですが、この台車みたいなレトロでごついものに、やっぱりぐっときます。(画像はすべてクリックで拡大)
ichiba1.jpgichiba2.jpg
ぐるぐる歩いて結局買ったものは、友人がかつおぶしブレンド(その場で、さば節とかつお節をまぜてくれる)、わたしがうずら玉子。うずらの箱かわいい!だけど、表面には「うずら玉子」、側面には「うずらの玉子」とあるのが、どうも気になります。。。。。。
ichiba3.jpgichiba4.jpg
ここは玉子屋さんなんですが、この手書きのちっちゃな看板がゆるくてかわいい。
ichiba5.jpg
ひとめぐりしたところで、市場の食堂でごはん。「肉巻き定食」と「春巻き定食」です。定食には、このほかに小鉢(かに、大根おろし、青菜)がついて、選べるおつゆは、わたしは貝汁、友人は粕汁。春巻きはふっといやつを切ったもの(肉、えび、いか、野菜入り)、肉巻きとは何かというと、甘辛くたいた牛肉オムレツ?に、だしをかけたもの。おいしゅうございました!
ichiba6.jpgichiba7.jpg
ほんとは、この市場のすぐ横にあるスーパー銭湯へ行く予定だったのだけど、あまりに満腹でお風呂な気分じゃなくなったため、玉造界隈散歩に変更。
女子っぽく、雑貨屋さんや、パン屋さんめぐりをしました。
まずは、古民家を改造した雑貨屋さん「22家」(にこにこや)。こちらで、キエリ舎さんの陶器の指輪をふたつ。りすのブローチもかわいかった!(サイトから購入できます)おねだんもかわいくて、いっぱい買いたかった。
ichiba8.jpg
そのほか、H・L BAGELSでベーグルを買いお茶して(コーヒークリームが入ってるベーグル生地のコルネがうまかった!買って帰ったベーグルもおいしかった~。twipicにあげた今日のブランチのベーグルはここのです)、レオ・ナイスブレッドでフルーツケーキとオートミールクッキーを買って(これまたうまかった)、心斎橋まで歩いて、ちっちゃなちっちゃなエスプレッソ屋さんmill pourへ。
写真はフレンチトースト。ホットドッグもオリジナルソースでおいしかったー。
ichiba9.jpg
さいごに、谷町あたりでみかけた、パンチのあるシャッター。
ichiba10.jpg

と、いかにも自分で歩いたように書いていますが、じつはわたしはこういうアンテナがほとんどないので、ただただ、連れてってもらってます。
でもたまにやっぱりこういう女子な(前半が女子かどうかは謎だが)散歩もしないとなあ。途中で入った洋服屋さんのぬいぐるみにキャー♡と言ったりしつつ、結局9時間ぶっ通しでしゃべりながら歩いて食ったのだった。
2月になりました

プロフィール画像を更新しました。もう今年、1ヶ月すぎてしまった!!
明日は節分ですね。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。