MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
おおみそか
今年もいよいよあと、12時間とすこしになりました。
ただいま大阪は雪、けっこう降ってます。

このブログを見に来てくださったみなさま、
わたしの書いたものを見てくださったみなさま、
まわりのみなさま、
ほんとうにどうもありがとうございました。
来年も引き続き、ぜひぜひ!!どうぞよろしくお願いします。

今年は、なんだかいろいろと新しいことに手を染めてしまって、ほんとに忙しい年でした。新しいことをたくさんやったので、1年中、いつもどきどきしてたような気がします。いろんな方面で、新しい展開があった。
ほんとにいろんなことがあって、いちにちに何度も、+と-両方の感情振り切っちゃうみたいな、ぐるんぐるんの日々が続いた1年でもありました。
こんな年になってもわたしはほんと、まずはつっぱしっちゃって、あとで考えるのパターン。さすがに衝動だけで動けるほど若くないし(体力的にというよりは、ささやかな学習成果)まわりの人の気持をだいじにしつつ、でもやっぱ、明日死ぬかもしれないから、基本は(小心者なんで弱気ながら)、自分と自分のいちばん大事なことにジコチューで、くよくよ、さめざめ、ぐるぐるはしても、どきどきも、ほっこりも、わくわくもしてるから、後悔しないようにすごそうと思う。
おし!←とりあえず気合い

来年は大学の仕事を、量は変わらないけど、出勤日数を一日減らして、ぎゅっと週二日(後期は三日)につめこんでもらう予定。
そうなると、出勤日は朝から晩までぎちぎちになってしまうんですが、生活サイクルにメリハリつけて、もっともっと、制作や、ぼんやりや、うろうろの時間をとろうと思います。

。。。というわけで、やることいっぱい残したままの大晦日。
かたづけだけでも今年じゅうに終わらせたい。。。

そうそう、さっきまで、年明け一つ目イベントであるYOUNG ARTISTS' BOOK FAIR関連で提出する画像やテキストを作っていたのですが、じつはまだできてないMONMONBOOKSの新刊の表紙画像も入れないといけなくて、この際表紙だけ作っちゃったのがこれ。今までとちょっと違うかんじにしてみました。
どういう印刷にしようかな~~。
GEMS.jpg
(クリックで拡大)
犬鳴山
数週間前友人と、大阪の「犬鳴山温泉」(いぬなきやまおんせん)に一泊で行ってきました。
チープな風情がある意味最高と、とある筋からおすすめいただき、宿泊したのは「犬鳴温泉センター」。
(画像はすべてクリックで拡大)
inu1.jpgINU2.jpg
この日、宿泊客はわたしたちと、なぜか男性のおひとり客のみで、ひなびた宴会場のはしっこで粛々とごはんをいただきました。翌日は宴会予約が入っていたようで、前日の晩から20人分くらいの鍋の用意がされていました(舞台の前の席。カラオケとかするんだろうか)。
なんといっても最寄り駅まで、うちからは1時間半、友人ちからはなんと30分でついてしまう距離。そこから車で約20分ばかり山に入ると、ここはほんとに大阪府内?ってかんじの風景になります。まあ、北部でも摂津峡とか高槻の山あいのあたりとか、自然たっぷりな場所はあることはあるし、うちだって都会じゃないけど、たまに訪れるとやっぱびっくりします。
犬鳴山は修験道の行場でもあり、この日もホラ貝吹きながら歩いてる山伏スタイルの人がいました~。

関係ないけど、とってもくどい、火の用心の看板。
INU3.jpg
気持ちがびしびし伝わる看板です。大阪っぽいともいえる。

こちらは温泉センターのとなりのカフェ?にいた猫。
なんかKISSのメイクみたいじゃないですか?下あごと鼻の穴のまわりと目の周りが黒くてセンター分けの髪のような。。。むっちゃかわいいんですけど、しかし、どうやったらこんな色配分に。。。。
neko.jpg

実はこれは、「犬」「猫」がつく地名を旅するという、何年かかるかわからないプロジェクトの記念すべきスタートであります!いくつか回ってネタがたまりしだい、まとめていきたいな~。犬伏というところには去年行ったので、次は犬山あたりかな~。

旅レポートは、いま、観光銅山シリーズや宇和島など、いっぱいあっためてるネタはあるのですが、いまいち発酵してなくて、どうやってまとめようか、どの方向から書こうか、ネタがもう少し必要なのかもしれないとかいうあたりを判断しつつ寝かせてるかんじです。
旅など、なんでもなんだけど、どこかへ行ったり体験したりしたことをおもしろく書くというのは、じつはけっこう難しくて、書こうと思って行ってもぜんぜんだめだったり、逆におもしろかったと思ってもかたちにできなかったりなことはよくあります。

そんな中でたまったエピソードと、関係ない別の旅のエピソードや体験や映画とかのワンシーンなどがいろいろと脳内でリンクしてくると、いけるかな?ってかんじがしてきます。そのあたりで、ようやく全体のページ数をにらんでの語り口や構成がぼんやりとうかびます。すぐ描けるって場合もたまにあるけど、そこまでに数年かかることもあるので、とりあえずは寝かせておきます。
すでに何年もかたちにできてないまま、ひとりだちはできない小ネタもたくさんあって、その子たちもいつかお呼びがかかるのをじっと待ってます。

ネタを寝かせておく場所は、脳内のハードディスクで、ジャンル別に分けたフォルダに、細切れの動画で入ってます。
なので取材仕事以外では、長旅の場合かんたんな日記をつけるくらいで、固有名詞とか忘れちゃいそうなギャグとかシャレとか会話とか文章で覚えなきゃいけないこと以外、あまりメモはとりません。メモがいるようなエピソードってあまりおもしろくならないことが多いんですよね(取材仕事のときは、わたしがどう思うかよりも、書かなきゃいけないことが多く相手もあることなので、まちがいのないよう、たくさんメモが必要です~)。
そのかわり、写真はたっくさんとります。この写真が、脳内ハードディスクの検索インデックスになって、動画が再生され、そしてじっさいに絵に起こすときの資料となります。動画は脳内でなんども再生しながら、どこでとめるか判断してキャプチャをとるかんじ。
で、脳内&ノートに、動画のキャプチャや他ネタのリンクのウインドウをすべて開けて並べた状態で、取捨選択&構成を考えていきますが、それらをまた、ちゃんと言葉と絵で語っていけるかどうかで、捨てざるを得ないネタもあったりして。。。
もちろんわたしが結果、できてるかどうかはおいといて!

動画って容量くうよねって、こないだ友人に指摘されて、なるほどー!!それでわたし忘れもの多かったり、他のことがいろいろ覚えられないんだと、えらく納得しました。もともと脳内メモリ少ないのに、動画がたくさん入ってるならしかたない!
道順や思い出も動画で入ってるから余計だめですね。
ああ、長くなってしまいました~。

犬鳴温泉の帰りに寄った、JA大阪泉州即売所「こーたりーな」がすばらしいところで、買い物欲が全開しました!野菜もお惣菜もなにもかもむちゃ安い!泉佐野は畑も多いし漁港もあるんですよね。大阪産の海苔なんてはじめて見た。もちろん購入~。
わたしは買わなかったんだけど、犬鳴豚っていうブランド豚肉、すごいおいしかったそうです。
こーたりーなから日根野駅へ向かう途中で、たまたま入ったケーキ屋さんがとってもおいしくて、そしたら実は「シャルル・フレーデル」という有名店だった。うれしい遭遇でした!
cake1.jpgcake2.jpg
年明けのイベント
先週金曜朝に仕事を納品し、出勤して会議をふたつ、これにて今年の仕事と業務は終了。そして翌日、年明けイベントのオリエンテーションのために上京しました。
年明けは、1/13(木曜)から19(水曜)まで、新宿南口タカシマヤ・タイムズスクエアーにある、紀伊国屋新宿南店にて開催される、『YOUNG ARTIST BOOK FAIR-5th』に、monmonbooksで出展します。
なんかぜんぜんYOUNGじゃなくて、ほんとすいませんってかんじなんですけど、まあ、この際いいんじゃないかって主催者のかたからもお声かけていただいたわけでして、すいません。オリエンテーションでもやっぱ、みなさん若いかたばかりなので、申し訳ないなーってかんじでしたが、まあ、こんなこともあるさって思ってください(汗)。

YOUNG ARTIST BOOK FAIRというのは、PEPPERSギャラリーさんプロデュースで、紀伊国屋書店新宿南店、そしてそのエクステンションとして、ニューヨークの紀伊国屋書店と数軒のインディペンデント・ブックストアやブックギャラリーにて展示販売をするというもので、今年5回目になります。

この画像は、イベントのサイトからキャプチャしたもの。
(画像はクリックで拡大)
P 1P 2
YOUNG ARTIST BOOKS FAIR-5th
紀伊国屋書店新宿南店3F/新宿タカシマヤ・タイムズスクエアー
入り口すぐのイベントコーナーにて
20011.1/13-19(10:00-20:00/土曜は20:30まで/最終日は18:00まで)
こちらからもご覧になれます。ここから、左下あたりにある「ARTIST BOOKS」をクリック、そして次画面の「2010-2011」をクリックしてください(小さい画面がポップアップで出ます)。

こちらはわたしが週末撮った紀伊国屋の入り口付近の写真です。
KINOKUNIYA1.jpg
3Fとありますが、駅からそのまま歩いてくると、このフロア。この外からみえる角の部分がイベントコーナーで、このときはカレンダーフェアをやっていました。
わたしは、ここの右側通路(ボードウオーク)に面した角のところのスペースをいただいたので、外からみえるポスターとPOPも作ります。
そして今回は出品するすべてのBOOKS合計12種類に、20cm角のコットンリネンのミニバッグと英語のテキストシートをつけたものを制作してセットで販売します。英語のテキストシートはNYを視野に入れてのこともありますが、ZINES MATEのフェアやコミティアででも、このところバイリンガルにする必要性をとても感じていて、いずれやろうと思っていたことなので、この際と思い)。バッグのプリントはBOOKSによって12種類すべて違うものの予定~。
12冊、と、さらっと書きましたが、現在既刊11冊なんで、年明けに出すつもりの新刊も込みの数です。っていうか、ほんとは新刊、年内に出したいと思ってたんですが、遅れてしまいました。年明けすぐの入稿めざします~。
最終日または土日に、シフトで売り場にいることになろうかと思います。これは未定ですので、決まり次第お知らせいたします。ぜひ遊びにいらしてください~。

てなわけで、年末年始は、新刊書いて入稿、在庫切れ2冊のデータ入稿、ポスターとPOPの制作、棚の制作(数が多いので特製の棚を作る予定)、バッグの版下作りとシルク作業、テキストの英語翻訳(テキストシートじたいはコンビニコピー)。
なんとか大掃除をしてからがんばるーーーー。

*****
こちらはニューヨークのインフォメーション。
P3.png
こちらにも行こうと思ってるんだけど。。。。。寒そうですが(ていうか絶対すごく寒い)、真冬のニューヨークは味があっていいんですよね、道から蒸気でてたりして、いかにもなかんじで絵になるっていうか。
会場のひとつであるセントマークス・ブックストアは、以前、ここで自費出版冊子をまとめて買ったときに、委託のことも聞いていたものの、それっきりになっていたので、今回ついでにとの気持ちもあり。
。。。計画中です。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ(卒業制作展は1/19-23@京都市美術館)
一段落
今朝(イブの朝)、無事、「笑って自由研究、おかし工場のひみつ」(集英社みらい文庫より3月刊)のための、すべてのイラスト&まんが原稿を納品しました~。
本文イラストのほうは先週末で全部納品終了。
その後、この本のために令丈ヒロ子先生と編集さんとで、グリコとミスドに取材へ行ったときの「取材レポートまんが」をそれぞれ6ページずつ仕上げて、昨日朝と今朝にわけて納品。
まんがに関しては、本の判型が小さいので(新書判)1ページに入って4コマ。なので、合計12ページといっても、作業的にすごく大変なわけではありません。
ただ、たーーーくさん取材したなかの、どれを生かしてどれをやめとくという、取捨選択と書き直し。これがいちばん大変でした。まあ、まんがの時はいつもそうではあります。ざっくりした流れと構成は、かなり前からできてはいたのですが、最終的なネームが決まるまでに時間かかってしまった。

とまあそんなわけで、今日編集さんからはOKでたので、最終的にこのまま入稿になるかどうかは、年明けにグリコさんとミスドさんからのチェックを待ってからになりますが、ともかく大きく一段落。
かーなーりー、ほっとしました!!
本文中のイラストが大小あわせて約50点ほど、まんがが合計12ページ、それからカバーと、久々に大きくまとまったお仕事になりました。

学校のほうも出勤を伴う業務は今日で終了。
年末年始にかけて卒制製作中の学生とのやりとりや、展示を考えたりはあっても、やっぱ一段落です。

そのほかというと、MONMONBOOKS新刊入稿と年明けイベントの準備、新しい仕事のアイデアスケッチを、年末年始でやってしまいたいと思っているのではありますが、今日はおふろにはいってぬくぬくとして、じぶんへのご褒美で買ってかえったヒューガルテンを飲んで、ぬくぬくな犬と寝ますよ~~。
カンテツした日って、実は少々ハイになってるんで案外大丈夫なんだけど、翌日ガクンとくることが多い。目の下にクマできて、疲れてる顔になっちゃうのも当日より翌日だったりする。いかん、いかん。
今日はしっかりあちこちマッサージして寝ようっと。
動画
最近あちこちから教えてもらって、あちこちにいいでしょうといいふらしている動画たちです。
はじめて動画をはりつけてみる。うまくいくかな?

これは、ニューヨークのラルフローレンのビルに映し出された4Dライトショー。カッコいい!とくに、がしゃん、がしゃん、と、壁が出てくるとことかが好き。


同じチームがやっているのかどうかわたしにはわからないけど、プラハの時計台の同じく4Dライトショー。縦長のビデオなところがこれまたカッコよく、れんががつみあがっていくところがとくに好き。
(これはYOUTUBEじゃなくて、はりつけかたがわかんないのでURLで)
http://vimeo.com/15749093

凶悪なパンダのCM(エジプトかどこかの?)
ひ、ひどい。。。。


フランスのパフォーマンス集団ロワイヤルドリュクスの「巨人と神話」のDVD予告編です。即買いしてしまった。
Macたち
うちの大学でいま、新旧のApple製品展をやっているんですが(23日まで)、うちのMacも出品しました。
Mac plusとiMac初代ボンダイ。
Mac plusは、大昔事務所にあって遊んではいましたが、当時はとうとう自分でたちあげることもなく、もちろんこれで仕事とかはしたことまったくなかったのですが、後年、ゲームソフトなどと一緒に、友人から譲り受けたものです。
iMacは、はじめて買ったパソコン、はじめて「使った」パソコン。
当時、文字の仕事がちょこちょこあって、ワープロというものを遅まきながら使ってみようか、それかいっそパソコンを使ってみるのもいいのかなあなどと思い始めたころでした。友人たちに相談すると、それなら、もうじきAppleから新しい、どうもすごくかんたんに使えるらしい新しいパソコンが出る予定だからそれがいいんじゃないかとのこと。それですっかりその気になったわたしは、なんとなく発売当日の朝に日本橋へいって、なんとなく勢いで列に並んじゃって、なんとなく買ってしまったのだった。
翌日配送され、梱包をあけ、机の上に置いて、説明書を見て、まず、「たちあげる」って何?と思ったことを思い出します。「スイッチを入れる」とか書いてほしい、今でも。

というわけで、うちのMacたちの晴れ姿です。
左端がうちのMac plus「プンプン1号」。この展覧会のなかでは、動くマシンとして最古。
(画像はすべてクリックで拡大)
mac3.jpg
Mac plus用のゲームソフト。puppy love、シムシティ、マンホール。すべて動きます。
mac4.jpg
iMacボンダイ、「ボンボン」は左端。これももちろん動きます。
mac2.jpg
全体のようす。このほかにもキーボードばっか集めたコーナーとか、いろいろあります。
mac1.jpg
壁面には昔のAppleのテレビCMなどが映し出されていて、なつかしい。
**
さて、年末ぎりぎりまでいけると思いこんでた仕事がじつは22日納品てことが今日発覚!ヤバ!
twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
「おかし工場のひみつ」
令丈ヒロ子先生のお話にイラストをつける仕事も今年中納品をめざし(っていうか〆切ですよ)ラストスパート。
タイトルは「笑って自由研究、おかし工場のひみつ」。
大阪の女の子、ぴろコンとMONMONが、ちょっとふしぎなセレブガール・みのP(みのぴー)に出会います。いつもおなかをすかしているふたりは、みのPのふしぎな力でおかし工場に潜入したり、おかしを作っている人の話を聞いたり。。。。。

いちおうラフが今朝ぜんぶできたので、あとは整理と仕上げです。イラストのほうは、チェックを待って、そのあいだにレポートまんがを仕上げねば!なんとか来週あたまには!!

この仕事は、この3月から、どういう方向で進めるかの企画から取材まで、すごい楽しくごいっしょさせていただいてます。取材には、グリコ(ポッキー)とミスター・ドーナツへ行きました。じっさいに、このふたつの会社や工場でのことが、お話にもりこまれてます。
ストーリーは基本フィクションなのですが、実際に取材でお会いしたかたもキャラとして登場していただいてたり、その反面、ストーリーの夢のなかのおかし工場やメモリアルホールはすごいこと(?)になってたり。。。。

はじめは、どういうふうにまとめたらいいのか、予想もつかなかったのですが、さすが令丈先生。。。!
ストーリーのまとまりもさることながら、この、ぴろコンとMONMONの大阪弁でのかけあいが、それはそれは濃くて。。。。途中からふたりに慣れて来た、セレブすぎて天然キャラ・みのPのつっこみも冴えてきて、わたしは電車の中で原稿読みながら、声出して笑っちゃったことが何度も!
これ、大阪弁で学芸会のお芝居にしたらぜったいウケる。わたしが小学生ならぜったいそうする。

で、わたしはそのストーリー部分のイラストと、それから、実際の取材風景の、リアルなレポートまんがを担当しています。このお話を読んだ子たちが、ストーリーを楽しんだあとは、じっさいにいつも食べているおかしがどうやって作られてるのか、つくっているおとながどういう気持ちで働いているかがわかるという、そしてついでに、取材ってどうやってしているの?ってとこをお見せすることで、自由研究にも役立ててもらおうという(そういうページもあります)、超欲張りな企画となっております!

ストーリー部分からレポート部分まで全体で、しごとっていろいろあるんだ、みんな真剣で、楽しんでて、おとなってかっこいい!って思ってもらえたらなーと、スタッフ一同思って作っております。
今回はおかしでしたが、シリーズとしてこれからもいろんなところを取材予定です。

追々、キャラ紹介などもちょこちょこアップしていこうと思います。

集英社みらい文庫の準備サイトはこちら
みらい文庫のtwitterはこちら
きろく
続けてのアップですが、サイトの整理と記録のために今年後半のイベント&出展リストをこちらに移しました。単純に消しちゃってもよかったんだけど、自分で眺めていたいときもありましてすみません。
今年は秋ごろ続けてばばっとやったギャラリー展示以外は、来年もだいたいこんなかんじで動くのではないかと思います。
そうそう、年明けに今決まっているイベントは、1/13-19に東京新宿にてグループでのブックフェア、2/13にコミティア(東京ビッグサイト)、5/14,15にデザインフェスタ(東京ビッグサイト)です。

●2010年後半のイベント&出展●
7/30,31,8/1 東京アートブックフェアアーツ千代田終了しました
・8/29 コミティア(東京ビッグサイト)終了しました
9/4~12 文通博覧会ZAKKA 東京倉庫終了しました
・10/17 関西コミティア(大阪OMMビル)ブース#C-30終了しました
11/6,7 デザインフェスタ(東京ビッグサイト)ブース#I-120終了しました
11/14 コミティア(東京ビッグサイト)ブース#に01a終了しました
11/10~14(水~日)「黒猫●黒犬」(「くろねこ(てん)くろいぬ」小田隆×MONによる黒猫黒犬展)(京都「KUKAN」ギャラリーショップ)終了しました
11/6~21(土~日)「イヌヤラネコヤラ展」(大阪「あしたの箱」ギャラリーにて4人展/水木休み)終了しました
11/16~28(火~日)「三条富小路書店」(京都ギャラリーh2o/2週間限りの書店イベント)終了しました
12/1~5(水~日)グループ展「冬のおくりもの」(京都「KUKAN」ギャラリーショップ)終了しました
・12/5(日)文学フリマ(大田区産業プラザ)ブース#R-19終了しました
12/11(土)18:30~ サタデーナイト・フリーペーパーワークショップ@レトロ印刷vol.2(予約制となっております。お問い合わせはkita@jam-p.comまで!)終了しました

それからお知らせ。ただいま発売中の絵本の雑誌MOEに「アメリカまるかじり」をちょろっと紹介していただきました!うれしいなー!
IMG_5771.jpgIMG_5770.jpg

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ

イベント終了/これまでとこれから
昨日(12/11)、レトロ印刷さんでのフリーペーパー・ワークショップが無事終わり、今年のイベントはすべて終了しました!ちょっとひといきです。
RETORUTO.jpg
(画像はすべてクリックで拡大)
今回のワークッショップはお客様4名と、わたしとアシスタントの研究生てらい、レトロさんのスタッフ女子3名。前回は10名+スタッフでわいわい楽しかったけど、今回は今回で、ゆっくりお話ししながら書けたのはよかった。
テーマは「わたしの一着」だったのですが、ページ数にも余裕があったので、美しい思い出や一張羅やお気に入りの一着、と、思い出したくない黒歴史な一着、という表裏バージョン合計2枚を書いていただきました。
わたしも一枚黒歴史を書きました。若気の至りであまりにもはでだったあのころ。。。。(遠い目)。

フリペのできたところとワークショップの様子はこちら。このWSはアルコールでも何でも持ち込み自由なのですが、昨日はレトロさんの他のスタッフさんともいっしょにばんごはんタイムみたいになって、すごい楽しかった。
フリペはレトロさんのカウンターにしばらくおいてあります。
次回のスケジュールはまだ決まっていませんが、またよろしくお願いします!毎回来ていただいてももちろんオーケーですし!


一昨日、同僚が大昔の「イラストレーション」誌を発掘してきました。1989年6月号。
じつはこれにわたしのインタビュー記事が、実はすみません、ほんとにまったく記憶にないのだけど載っている。
ここで1989年6月(たぶん取材を受けたのは3月くらい)のわたしは、夏から仕事を減らしてゆっくり街歩きしたいって言っている。
ここんとこだけ、そういえば、と思った。1989年というと、わたしはほんとうに忙しくて、そして自分の内部や近辺も混乱していて、ほんとうに何もかもリセットしたい気持ちのときだった(もひとつ言えば、いちばん格好がはでだったころ。あまりにあやしかったのか、成田で出国のときにゲームボーイの電池まで調べられたことがあります。出国時ですよ、帰国じゃなくて)。
そう、そしてその通り、この年の夏から徐々に仕事を減らして、翌年の春前にアメリカへ行ったのだった。
再スタートしたつもりでいたけど、今思うと、むりやり見ないことにしたままばかりだったかもしれないな。

**
このブログやイベントやtwitter経由で、読者のかたとネット通じてor直接やりとりすることがあります。昔の本を持っててくださったり、ご自分とわたしの書いたものの関係を語ってくださったり、続けて読んでいてくださったり。続けてったって、へたすると30年とかだから、ほんとすみません。
わたしはほんとに幸せだ。こんなわたしが、ひとときでもだれかを幸せにちょっとでもできてたとしたら、やってきてほんとによかった。
くじけそうになってもがんばれる気持ち。ほんとうにありがとうございます。

***
じつはわたしは身近な人にほど、ちゃんとありがとうってなかなかいえないので、人生後半の目標のひとつは、ちゃんとそのときにお礼を言う、タイミングのがしてもちゃんと言う、にしようと思う。
じぶんがものすごく依存心が強いことにほんと最近になって気づいております。身近だと思えば思うほど気持ちが頼ってしまって、知らないところに連れてこられたコドモみたいになっちゃって、おとなで、かつ、すなおな反応ができない。
なのに人に頼っちゃいけないと思い込んでいた時期もすごく長かったから、頼ってもよいと思え、いっそ頼っちゃうということが少しできはじめたのもほんと最近なので、もすこしうまく自分のなかのおりあいもつけられるようになりたい。

****
いまじつは仕事の絵のアイデアがひとつ浮かばなくて、もうひとつの仕事で絵柄がまとまらなくて、もうひとつの企画でも見せ方をなやんでて、なかなか苦しんでいるのだけど、そんで当然仕事としては遅れちゃってるのですが、すいません、一昨日はは夕方から古い友人たちと前からの約束で、大好きな「アルション」のケーキ(この日食べたやつは、スポンジケーキの上にレモンジャムがのっていて、ふわふわのレアチーズケーキ状のものにクリームがのっていて、すっぱいレモンのメレンゲのようなマシュマロのようなちっちゃなブロックの上にまたまた宝石のようなゼリーがのっかっている)を食べてスーパー銭湯と岩盤浴に行ってメキシコチキンを食べてきた。
cake.jpg
それから昨日はWSの前に、レトロさんの近くのギャラリー「いとへん」カフェでスコーン(全粒粉か荒く挽いた粉なのか、とっても小麦の味がした。おいしい発酵バターとメイプルシロップで)と生絞りレモンソーダ(きのうはあったかくて歩いてたら暑くなってしまったので。むこうに見えてるのは同行人のフレンチトーストとラムチャイ)。
SCORN.jpg
今日はひさしぶりに長く犬散歩してたら、ひさしぶりに通った道に薪焼きパンのカフェができていて、ここのハンバーグパンを池のほとりで食べた。
HAMBERGER.jpg

がんばれる気持ち。
がんばろー、おー。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
姫路
先々週の日曜日は、姫路の友人にお誘いいただいて、兵庫県立歴史博物館特別展「フィギュアの系譜ー土偶から海洋堂まで」を見に行きました。展示は、まさに土偶から江戸時代の人形、ソフビ人形、プラモの人形、バービーとかGIジョーとかの人形、フィギュア、ジオラマなどなど見応えたっぷりでした。

姫路のお楽しみといえば。。。。。
まずは、駅構内地下のフードコートにある「明石焼きふう、たこ焼き」。明石焼きふうのふわっとしたたこ焼きが、明石焼ふうのまな板状の台にのっかっているのですが、姫路的には、ここにソースをつけ、そして、だしにつけて食べる。わたしは実は、こういうものだとわかっていても、ソースがだしに溶け出るかんじがまだ許せなくて、いまいち楽しめてなくてまったく修行がたりません、すいません、でも来たら必ず食う。
(すべてクリックで拡大)
himeji1.jpg
このフードコートには、関西ではおなじみの回転焼き「御座候」(ござそうろう)がやっている担々麺屋があり、担々麺がなんと260円!ここは大好き(ここにしかない)。

そして、薄皮鯛焼き。薄皮の鯛焼きはいまはもう、あちこちにあるけど、ここのがいちばんおいしいと思います。はふはふ。
himeji2.jpghimeji3.jpg
もうここですっかり満足。

そしてせっかくなので姫路城、と思ったら、50年にいちどの改装中。お城をすっぽり覆うビルが建っていて、これはこれで、手前の瓦屋根の塀とあいまって、変な要塞みたいですごかった。
himeji5.jpghimeji6.jpg
50年前の改装風景の写真を見たのですが、当時は何百万本もの丸太で足場をくんだらしく、これはまたバベルの塔みたいでかっこよかった。
50年前はもちろん見れてないし、50年後も見れないだろうから、これはこれで貴重な体験だったかも。

これは関係ないんですが、駅前商店街の駐車場の料金表。
himeji7.jpg
こ、細かい!!

姫路といえば。。。。
ふだんわたしはJR京都線経由湖西線で通勤しています。関西のこのあたりのJR線というのは、神戸線の姫路や播州赤穂~京都線~琵琶湖線経由野洲または米原/湖西線経由敦賀のあいだを直行で結んだ新快速列車が走っています。
うちは私鉄沿線なのですが、JRと私鉄って、どうして?っていうくらい、乗り換えポイントがなくてすごくめんどくさいんです。
たとえば、山科や京都駅から家まで帰るとして、私鉄乗り継ぎまで入れての終電は11時くらい。なのに、姫路まではまだまだ余裕で帰れる。これがいつもちょっとくやしい。
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.