MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
girls zine
♪10/2(土)18:30~フリーペーパー・ワークショップ@レトロ印刷開催!お問い合わせはこちらまで♪

♪MONMON BOOKS 新刊はこちら♪


girls ZINE ―女子のためのジン案内girls ZINE ―女子のためのジン案内
(2010/09/27)
不明

商品詳細を見る


「女子のためのジン案内 girls ZINE ガールズ・ジン」
今日(正確には昨日9/27)発売です。
monmonbooksを紹介していただいています。
ジンメイカーや、ジンを扱うBOOKストアなどへのインタビュー、実際の作り方プロセスの紹介などをはさみつつ、いろんなジンが紹介されています。大きくざっくり、アート系、ライフスタイル系、カルチャー系とわけ、monmonbooksは、ライフスタイル系のトップバッターとして見開き2ページ、本の写真もいっぱい載せてもらってて、すごーくうれしい!

やっぱ、ちゃんとしたかわいい写真をとってあげて、サイトに載せてあげたいなあと(本たちを)思いました。バッグのサイトとカタログを写真メインで作ろうと思っていて、いろいろ演出を考えちゅう。

ともあれ、この本、とってもかわいいので、ぜひ書店でお手にとってみてください!発売当日閉店まぎわの大阪梅田紀伊国屋書店には、わたしが買ったあと、あと一冊でした!

この記事、はじめてipadから書いてます。
ざくろ
♪10/2(土)18:30~フリーペーパー・ワークショップ@レトロ印刷開催!お問い合わせはこちらまで♪

♪MONMON BOOKS 新刊はこちら♪

zakuro.jpg
これは、大学内でみつけたざくろの木。
そういえば、去年のいまごろ、友人たちと大阪市のごみ処理場(フンデルトワッサーの)の見学にいったとき、建物の周りにもざくろが何本かあり、ぱかっと割れて食べごろなのを、2個ほどいただいて帰ったことを思い出しました(だれもとらないせいか、食べごろすぎた実がぼこぼこと、下にもったいないほど落ちてたんです。と、ちょっと言い訳)。
ざくろの実ってかわいいし、すごくきれいだと思う。熟したざくろとかラズベリーの赤って、大人っぽくて、その質感とともにとても好き。

ざくろといえば、昔見た、グルジアの映画監督というのか映像作家というのか、セルゲイ・パラジャーノフという人の「ざくろの色」を思い出します。どこで見たのかも内容も、もうほとんど覚えてないですが、すごく不思議な、でもとても力強い色使いの映像で、好きだった。
まゆげが太い人たちが出ていた気がする。そして、「アシク・ケリブ」という作品で、登場人物が「アシクーー!ケリブーーー!!」と、やたら主人公の名前を呼ぶのを覚えてる、気がする(ほんとにそんなのだったのかは自信ない)。
グルジアといえば、ピロスマニという画家もすごく好きだし(見てないのだけど、たしかこの画家の生涯も映画になってて、昔はよく名画座にかかってた気がします)、あと、ナナ・ジョルジャーゼという監督の「ロビンソナーダ」はとても好きでした。たしか、国じゅうに電気を通すのに、電柱を建てに旅をする男の話、、、だったような。
いちど行ってみたいな、グルジア。
そういえば、グルジアの英語綴りはGeorgiaで、ジョージア州のGeorgiaと同じ、なので、英語ではグルジアのことをジョージアと発音するから、とてもこんがらがります。

日本酒のマンガ「奈津の蔵」で、昭和のはじめだったかに、主人公の奈津の夫が村へ電気を引くのにお金を出して電柱を建てるというくだりがあり、そこでもやっぱ、「ロビンソナーダ」をぼんやり思い出したっけ。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
一段落
♪10/2(土)18:30~フリーペーパー・ワークショップ@レトロ印刷開催!お問い合わせはこちらまで♪

♪MONMON BOOKS 新刊はこちら♪

ここ数週間、ほんとになかなかかたちにならなくて、びくびくしたりどきどきしたりしながら、あーでもないこーでもないと、ぐるぐる、ぐるぐる、書いては捨て、書いては捨てていたルポマンガのネームが、やっと今朝未明に上がり、しっかりオーケーをいただけたので、今日は寝てないわ、大学は忙しかったわで疲れたけど、放課後のクロッキー会も楽しみ、おなかすいてたけど、どら焼きもらって機嫌良く、満月眺めながら帰宅して、ラーメンつくって食べたので、これからビール!
ビールを飲みますよ、わたしは、今晩は。
ああ、これでひとまず安心。

これがかたちになるのは、来年の春あたりかなあ。
数週間前かかりきりになっていた児童読み物のイラストと関連の仕事(シリーズものなので、次なるイラストもルポも、これからまだ続きます)。イラストのほうは、11月からウエブでおめみえの予定です。

ふふ、今日はもう満腹で酔っぱらって幸せなまま寝てしまうのだ!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
フリーペーパーワークショップのお知らせ
このたび、大阪レトロ印刷さんにて、フリーペーパーのワークショップをやることになりました!

10/2(土曜日)18時半より、約二時間ほど(予定)。
参加費500円、定員10名。
予約はメール kita@jam-p.com
またはお電話 06-6485-2602
参加者みんなでA3サイズ1枚(おりたたんでA6の冊子ふう)のフリーペーパーを作ります。
ハガキ大サイズに書いたらその場で編集、印刷、そしてできたてホカホカのフリペをその場で折りたたんで、各自20部お持ち帰りいただきます。
レトロ印刷さんの内部ツアーもあり!


飲んだり食べたりお話ししながら楽しくやりたいと思いますー。
ぜひぜひご参加ください。
詳しくは↓フライヤーを!(クリックで拡大)

フライヤー120100917004904フライヤー220100917004926
秋ぽいから
new♪monmonbooks新刊はこちら

今日はけっこう激しく雨でした。
日に日に涼しくなってますが、今日はお昼ちょい前(まだ晴れてたころ)に家を出たら、弱々しいセミの鳴き声がして、痛々しいなあっって少し思った。セミって「必死感」があるからなあ。
セミにも、7月のはじめごろ、ちょっと暑くなったからあせって出て来たらまだ寒いしまだだれも出て来てへんやんって(相手いない)あわて者とか、つい寝過ごしちゃって9月になっちゃったんだけど夜寒いし相手ももう既にいないってなのんびり者とか、いるんだろうなあ。
雨のあとに道で干からびてるミミズとか見ても、つい雨でうれしくて土から出てきちゃったらいつのまにか晴れてて水分なくなっちゃったのね(ほんとにそういう状況なのかどうか知りませんが)、あほやなあと思いつつも、少し気持ちがわかるような気もするのだった。

というわたしは、まだまだそれでも暑いのだけど、秋冬にほしいものがちらほら。。。。
いまとっても気になっていて、ここしばらく買いたいと悩み続けているのがこれ。
ピクチャ 1ピクチャ 2
solmate socksというアメリカの小さなメーカーが作っているソックスで、2週間くらい前ロフトで見かけてからずーーーっと頭をぐるぐるしています。左右色違いなのもかわいいし、ひとつひとつ、オクトーバーモーニングとか、クロッカスとか、ポピーとか、名前がついてるのもかわいい。
ソックスくらいさらっと買っちゃえないのかというと、実はけっこう高くて、ロフトでは2900円、アマゾンで2300円くらいもするんですよね。でも何色かほしい。
ビルケンのトングじゃないタイプのサンダルにこれを合わせて‥寒くなってもソックス二枚履きでサンダルもかわいいよねとか(でもきっと寒い)、夢はとっても具体的に膨らんでるのですけど、どの色を何パターン選ぶかでものすごく悩んでます。まあ、その悩んでるのも楽しいのですけど。

ちょっと涼しくなるととたんに甘いものがとってもおいしいのでヤバイ。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
秋がちょっと
monmonbooks新刊こちら♪
↑しばらくのあいだ、ここへ表示させてください。

この夏はほんとに、ほんとにしんどかった。ようやくこのところ、夜や朝が涼しいのが本当に幸せです。涼しいくらいでここまで幸せと感じたことが今まであっただろうか、というくらい幸せ。
反対に、ここ3~4年、冬があまりつらくなくて、暖房を入れることもほとんどなく(エアコンもオイルヒーターもファンヒーターも)、着膨れ&ひとり用ホットカーペットorおこたでひと冬超せてるんですよね。

明日から大学が始まります。会議やイレギュラー出勤もあったけど続けて出勤というわけではなく、やっぱ夏休みは夏休みだったので、まずは社会復帰リハビリからだなあ。

本業仕事のほうは、引き続き児童書のイラストの大詰めラフを書いていて、ずーっと、いまいち生き生きと動くかんじがつかめなかったキャラが、やっと動き出してくれて、今夜がスパートです。
せっぱつまっているので、昨日は朝10時から夕方飲みを3時間はさんで夜中1時まで、ファミレスやカフェで流浪しごと、今日はさすがにいろんな資料が必要なため家しごと。
わたしが家で長時間しごとできるのって、よっぽどせっぱつまってるとき。。。。

久しぶりにお昼と晩に、それぞれごはんを作った(逃避)のですが、作りながら考えていたのが、わたしはこの人生で、ほとんど人の好みにあわせてごはんを作ったことがないなあと。
おなかがすいてなければ、ばんごはんリンゴでいいみたいな、でもおなかがすけば夜中にラーメン食べちゃうみたいな、食べたければ早朝から麻婆豆腐とかアイスもなかでもいいみたいな、そばにだれがいてもそんな生活を送ってきた気がする。

ときどきちょっとお見せしてもいいかなと思えるものを作ったときだけこちらに写真を記録してますが(右柱の「ときどきのごはん」です)、ふだん、特に大学の授業のある日は、朝出勤途中に買った調理パンを小分けに夜までとか(せめてうれしいパンにしたいので、通勤途中に数件お気に入りのパン屋さんを確保)、カップラーメンとか、ごはん夜まで食べ損ねて終電まぎわな時間に夜中までやってる定食屋とかファミレスでなんか食べるなど、けっこうひどい食生活です。

さて、コーヒー入れて、仕事!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
monmonbooksなどなど
monmon booksの新刊ふたつを、サイトにアップしました。この2冊できあがってからすでに1ヶ月。そのあいだに、学校のみんなや友人たちを作っている同人誌トイロ・ト・トイロも2冊つくって、あれこれがもうアップアップでしたが、やっとひといき。
で、数ヶ月ぶりにサイトをいじろうとすると、やりかたを忘れていて、時間がかかるのです。

monmon books
新刊その1は、TOTE BAGS OF MINE
とーと
わたしが過去ウン十年にわたって買った、集めた、コットントートバッグの紹介を思い出やエピソードをまじえて語ります。たとえば、ニューヨークの今はもうない手作りオペラ劇場のバッグ、ジョージアのフォークアーティスト、ハワード・フィンスターのパラダイスガーデンズを訪問したときに買ったバッグ、アメリカのブックストアやスーパーマーケットのバッグあれこれ、道でみかけたトートを持ったひとたちのスケッチなどなど。
すべてのトートにサイズをつけてます。
数種類の紙に、いろんな色での1~2色印刷/全32ページ200円。

新刊その2は、SPOONS
SUPU-NN.jpg
小さいころ好きだったスプーン、今でも大好きなスプーン、へんなスプーン、そして、スプーンとつくケーキやクッキーのレシピを4つ。日英バイリンガルテキストです。
フルカラー16ページ/300円。

なかみはこんなかんじになっております。
L1060891.jpgL1060893.jpgL1060890.jpg

詳しく、また、ご注文はこちらから、どうぞよろしくお願いいたします。
(画像はすべてクリックで拡大)

そして、トイロのほうはこちらから。新刊ふたつ、両方書いております。ひとつは、メカ特集(わたしは家の最強メカ「おこた」について書きました)、もうひとつはペット特集(わたしは犬のふさふさに触りたい気持ちを、ミニ絵本ぽく書いております)。
いっしょにお申し込みの場合はその旨、どちらかの注文画面にまとめてお書きいただければ、いっしょに発送できます!

きのう、おとといはかなり涼しくて、すごく幸せでしたが、今日はまた暑い。でも、気持ち的なものか(もうこの暑さは先が見えた的な)、それほどつらくはないな、といってもエアコンつけていますけど。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
ほんやくしごとnew
いつもお世話になっている「ギャラリーあしたの箱」さんで、作品展が10/9から始まる木戸直子さんの絵本「dam dam juice」の本文英訳をしました。

■dam dam juice~木戸直子作品展~
ピクチャ 3
絵本「dam dam juice」原画展。
その他、森の子どもと動物たちの日々が描かれた小作品や、木戸直子解釈による童話の名シーンも展示。かわいさとシュールの狭間をお楽しみ下さい。

2010.10.9(土)~24(日)水木休み
13時~19時(最終日17時迄)
■作家在廊予定:10/9
■絵本の世界を食べちゃおう?!
アップルの発音」さんのdam damなパン(10/9のみ)
cafe Yooi」さんのdam damな焼菓子(会期中)もお目見えいたします。
■絵本 dam dam juice /木戸直子作
こどものくにのこどものじゅーす。おてんば うそつき なまけもの
森の子どもたちや動物たちはdam dam juiceが大好物。でもいったいdam damって?
じめじめした森でとれるdam damはとろーり濃厚。dam dam juiceのレシピも。
A5判 16ページ 800Yen(税込)
ashitanohako books刊
10月9日発売予定
ご予約受付中:下記宛にメールにてご注文ください
メール便(10冊まで200円)にてお送りできます。
info@ashitanohako.co

*わたしは11月にこちらで、「イヌヤラネコヤラ」展に参加させていただきます~。これもあれも、また近づいたらお知らせしますね!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
IT
L1060867.jpg
(クリックで拡大)
8月の前半からのぐずぐず不調が解消。
当初お医者で原因わからないから年齢的なこととかストレスだとかといわれてたことが、数日前別のお医者でやっぱ原因のあることだとわかった。わかったとたんその場で調子が良くなった気すらしました。もちろん、そのあとしっかり薬を飲んだらあっというまになおり、わたしの3週間を返してってかんじです。
あああ、元気ってすばらしい。これでやっとサンダルで歩ける。大好きなザリガニのサンダルで歩きたい。

さて、わたくしこの度、iPhoneにしました。
別件でヨドバシに行ったとき、その場の雰囲気で勢いで、つい、フラフラと申し込んでしまったのだった。
ipadを使いこなせては全くないんだけど、触っていたから、まだなんとかなった気もする。それでもときどきキーッとか、モーヤダとかなりながら設定をし、iphone手に入れてから約7時間くらいかかって、やっとアドレス変更のお知らせを友人知人に送り(それも、BCCにするとなぜかたくさんのアドレスがサーバにキョヒられてしまうので、1件1件手動で)、かえってきた反応は。。。。
「IT革命が止まらない!」
「すっかり現代化。裏切り者~」
「もんが あいほんを てにいれた、って、ドラクエふうフレーズがうかんだ」
その他、このアドレスのsoftbankの前にに<i.>がついてる!(=iPhoneのアドレスってこと)と気づいて「ぎゃー」と叫んだとか、ぱったり携帯を閉じたとか、あちこちで波紋を呼んでおります。。。。。

はじめの設定のハードルをなんとかクリアし(まだ一部終わってない)、だんだん楽しくなってきましたが、その楽しみはというと、アプリの買い物だったりとか、ケースの買い物だったりとか、結局物欲なお楽しみなような。まだまだカレンダーがなかなかうまく管理できなかったり、アドレス帳が整理できてなかったりで、いろんなことがするっとうまくいってないのですが、でも、むちゃかわいいケースを見つけたので、たった今は、かなりきげんがよくなってます。

そして、ただいま開催中のイベントは。。。
9/12まで、文通博覧会@吉祥寺ZAKKA東京倉庫
40数名がオリジナルのレターセット(びんせん4枚、封筒2枚セット)を300円均一にて展示販売、わたしは黒犬のレターセットを販売しています。
(13:00~20:00/月木曜休)
お近くにお寄りの際はぜひどうぞ!

それからこれは予告ですけれど、9/30に発行予定の「girls ZINE―女子のためのジン案内」という単行本にて、monmon booksを紹介していただくことになりました。

内容紹介を引用しますと、
『ZINE(ジン)とは、クリエイターやアーティスト、フォトグラファーにはじまり、個人(または団体)が少部数で出版を行う、ミニコミや同人誌、リトルプレスなどのような印刷物のことです。
「THE TOKYO ART BOOK FAIR」などの盛り上がりもあり、雑誌などでも取りあげられる機会が増えた「ZINE(ジン)」。
本書は、すでにZINEに注目している女子や、印刷物が好きな女子、あるいは何かを表現してみたい、と考えている女子に向けて、かわいくておしゃれ、且つ自由な表現に溢れたおすすめのZINEを、カテゴリ別にビジュアルたっぷりで紹介します。
また、注目のZINE制作者のインタビューやZINEのつくりかた、ZINE関連のイベント情報なども紹介することで、実際に読者の方々が「つくってみたい!」と思えるようなつくりになっています。自分の中にあるものを自由に表現して発表することは、こんなに簡単で、こんなにおもしろいんだ!ということが分かる1冊です。』
一応アマゾンへのリンクをはっておきますね。
「girls ZINE―女子のためのジン案内」
月末にまたお知らせいたします!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
なんと9月
AUGUST2010.jpg
9月になってしまいました。
ゆうべ行商の旅から帰って来て、いま9月2日朝8時。曇っているせいか、おひさまが出ちゃったらすぐに猛暑になるのかわからないけど、涼しい。風のにおいもとっても秋なかんじ。このままだといい。無理かな。

さて、報告が遅くなりましたが、日曜日のコミティア無事終了しました。
会場でお会いできたかた、お買い上げいただいたかた、手にとってくださったかた、どうもありがとうございました!
L1060823.jpg
今回のディスプレイはこんなかんじ。段々の棚は軽い木材で工作してみました(画像はすべてクリックで拡大)。
あっと思いついて半日しか時間がなかったので、設計じたいホームセンターで、その場にあらかじめ切ってあるやつを床で組み合わせてみただけだったり、釘とかもありあわせで、木のやわさと薄さにしてはごつすぎて一部割れたりしてるし、ストッパーもつける時間なく、両面テープですべりどめにしてあったりだけど、まあいいのだ。

トートバッグを作り始めてから何度かイベントに出ているのだけど、毎回売れ筋が違うのがおもしろいです。イベントによっての客層かな?とも思ったけど、どうなのでしょう。
はじめて出した5月のコミティア(東京)では「手」がいちばん出て、文学フリマでは「怖」、7月のアートブックフェアでは「震」(これはこのときはじめでのお目見え)。なので、今回は一応「震」をたくさん刷っていったんですけど、なぜか「歩」「座」がよく出ました。それも今回バッグをお買い上げのお客さんのなんと8割が男子。

月曜火曜は仕事や打ち合わせなどしつつ、昨日9/1は夕方、吉祥寺へ。吉祥寺って何年ぶりだろう。さいごに行ったのは、高山なおみさんがいらしたころのKuuKuuという無国籍料理店(閉店)でのごはんだった気がします。
文通博覧会の搬入に、ZAKKA東京倉庫という雑貨屋さんへ。
文通博覧会は40数名が、便せん4枚封筒2枚のオリジナルレターセットを制作し、300円均一で販売するイベントです。
9/4より12日まで。お近くのかたはぜひのぞいてみてください。

わたしのセットはこんなかんじ。
L1060836.jpg
白地にカラーのが2枚、ちょっと違うクラフト紙のが1枚ずつ、合計4枚、それから黒犬が封筒くわえて歩いてる消しゴムはんこを押した、裏がクラフトで表が白いというかわいい素材の封筒が2枚です。
便せんは、1枚に犬とフキダシが4セット印刷されてるのですが、このまま使ってもよいし、短いメッージのときは、1/4や縦長、横長などに切って使っていただいてもよく、または、1/4に切ったものをホチキスなどでとめてストーリーふうなお手紙冊子にしてもらっても楽しいと思う、あと、犬のポーズも気分にあわせて使ってもらえたらというかんじで作ってみました。
関西方面では10月の関西コミティアや11月のグループ展にて、また、今月後半からはサイトにものっけていこうと思います。どうぞよろしくお願いします。

***
9月のプロフィール画像は、はじめてipadで描いて公開する絵です~(左上のプロフィールのとこの絵です。記事のトップの画像は8月分←これは10月の関西コミティアのサークルカットでもあります~)。
ipadに、Zen Brushという筆描きアプリがありまして、今までいろいろとお絵描きソフトというのを試してみたのですがどれもぱっとしないというか、ぐっとくるのがなかったのですが、これは、はまるまではいかないけどすごく楽しい。
今までどーも、指で描くというソフトな感触と画面上の硬い線てのがしっくりしなかったんですけど、これは指のタッチとか強さが筆圧に反映されるし、筆の太さを選べるけど墨の濃さは選べない、ひとつ前の操作だけ取り消せるといういさぎよさと、筆描きといっても決してほんものの筆で描いたらこんなんじゃないってとこもよいのです。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.