FC2ブログ
MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
ぼんやり
ぼんやり、ぼんやりしています。
この、ぼんやりがだいじなのです(いいわけっぽい)。
子供がぼんやりしているときは、ぼんやりさせておくのがいいらしいですよ。ぼんやりしているときにアイデアが出るというのは、なんだかほんとうらしいです。プロジェクトXとかでもありましたよね、会社で考え続けててもだめだったのが、半年ぶりに家族と川にキャンプに行って、川を流れる木の葉を見ていたらひらめいたとか(これは、駅の自動改札で、きっぷを機械のなかで回転させるアイデアを得たときの話。じつは、日本初の自動改札設置駅は、うちのすぐ近所で、わざわざ見に行ったのを覚えています)。
ただまあ、ぼんやりし続けてても何も出ないときもあり、そのままぼんやりと寝てしまうことも多いことは多い(すみません)。

なにかひとつのことを決めて考えるというよりは、5つくらいを同時に、関係ない事も、頭のなかで、あっちいったり、こっちいったりしながら、流れに脳みそをまかせてたゆたっているときが楽しいし、ノートとペンを持って、そんな流れにいるときは、いっきにノート1冊の半分くらいうまったりします(もちろん、何も書けないときもある)し、まとまらなくても、そういう断片をためておくことが、じぶんにとってはとっても重要。
流れに手がおいつかないときは、えんぴつで以前書いたものの上に、色ペンでつい重ねて書いちゃったりして、あとで読むのがたいへんなこともあって、そんなとき、昔より、きたない字がよけいきたなく雑になったと感じるのは、どうも、目やら脳みそやらが、パソコンのキーボードのスピードを手に求めているからじゃないかと思う。

十数年前に、はじめてパソコンというものを買ったとき(iMacの初代ボンダイ)、ワープロもさわったことのなかったわたしは、ひとさし指で、ひとつひとつキーを押して、2行のメールを書くのに2時間かかったものです。それも漢字変換とかできなくて、それが、慣れるにしたがって、漢字も打てて、文章も長くなって、友人たちからは、まるでアルジャーノンのようだと言われました。それが今では、レベル低いなりに、字を書くよりは速く打てるわけです。

でも、今でも、文字仕事のあとなど、文章をキーボードでたくさん打った後に寝るときなんか、目をつぶって考え事をしていると、脳内では、文字がアルファベット入力でカチカチと変換されてたりします(しません?これ、同意してくれる人に今まで出会ったことがないのです)。

なんだかぼんやりと、以前にも書いたことのような気がしつつ、ほんやりしています。
そういえば、デジカメのチャージャーはめでたくみつかりました。やっぱり半分見えてた、それも、仕事机のすぐそばで。ああ、ぼんやり。
スポンサーサイト



copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.