MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅の終わり
島をみっつまわりました。
社会復帰に1週間はかかりそう。
島1
L1030151.jpg
島2
L1030395.jpg
島3
L1030659.jpg
スポンサーサイト
肉体労働
今日の夜中になってから、ようやく年末からもちこしていた部屋のかたづけ&模様替えをはじめてしまいました。結局、旧正月にはまにあわなかったんですが、壁新聞展の制作のために作業ができる環境だけは旅に出るまえに整えて、あとは大学の卒業式(3/12←弱気?)をめざします。ちらかった部屋からわたしも卒業したい。
でも、やっぱ肉体労働すると、細かいこと忘れられるのはいいですよね。ちょっともんもんした気分だったのが、とりあえずさっぱり。

うちの家訓(わたしが制定してムスメに言い残す)は、
1.階段ではポケットに手を入れない(わたしが、階段から落ちてポケットに手を入れてたら死んでたと思う場面に何度もでくわしているから)
2.失恋とか失業とか失敗とかそういうので落ち込んだら、まずすっごくおいしいものを食べる、それでもだめだったらたっぷり寝る、それでもだめだったら、とことん肉体労働をする
3.ジャリん子チエちゃんのおばあちゃんの名言でわたしの座右の銘ですが、「おなかすいた、寒いと重なったら人間死にたくなるんや」なので、「寒い」と「空腹」が重ならないようにする
このみっつです。

先日パソコンを大学へ持って行った際、電源アダプタを忘れて帰ってきてしまいました。
講義のときMacはプロジェクタにつなぐのに特殊なケーブルが必要なので、これだけは忘れちゃいけないといつもパソコン用のリュックから絶対出さないようにして、毎回指差し確認しているのですが、電源アダプタは盲点でした。これはどこで使うにも最も必要な付属品(?)だということが、今頃わかった。
それでしばらく、以前使っていたiMac(ふだんは隠居生活だけど万一のときの予備マシンとして現役。3年ほど前、ヒンジから煙を吹いて病院送りになりましたが、マザーボード無償入れ替えで復帰、そしてバッテリも火を吹く危険性に大当たりで無償取り替えしたので中身はわりとピカピカ)を使っていたのですが、その遅さに、申し訳ないと思いつつイライラ。ほんの2年前まで、あんなに仲良くやっていたのに。スリープ後、無線(AirMac)がつながらないなど(なんか低血圧なじぶんのようだ)、不調は多くてもきだての良い子なのに、わたしが新しいマシンに慣れてしまったために。
OSが古いので、ソフトのバージョンアップもできないし、メモリを増設すればなんとかなるかなと周りの人に聞いても、あまり変わらないんじゃないかとのお答え。
イラッとしつつ、でもまた、脳みそのメモリ少ないじぶんみたいだと思い、また申し訳ない気持ちになってしまう。でもやっぱイラッとくるんですよねえ。すみません。

やっと、新しいほうのMacBook(でもちょい前のやつです)に戻って作業していますが、この子もいろんなソフトのバージョンが古くて、使うのにちょっとした工夫が必要ではあるのですが、処理はわたし的にはとってもさくさくと速くて、忘れ物は多いけど足は速い小学生みたいなキャラだと思っています(わたしは小学生低学年ずっと、忘れ物クイーンでした)。
というわけで、古いバージョンのフォトショップとかワードとかを使って、新年度からのゼミの計画書を作ったりしています。わたしの担当ゼミの名前(べつに名前をつける必要はない)は「モンモンゼミ」。
ミンミンゼミみたいな発音で語呂がかわいいと思ってつけたのだけど、みんな「もんもん(悶々)とするゼミ?」って言います。ちがいます!
では、悶々としないよう、肉体労働にもどることにします。
つけもの
わたしは日本のおつけものというのに実はあまり愛がなくて、なぜか食べる習慣なく育ってしまったためか、大分おとなになってから、おいしさはわかるようになりましたが、じぶんで漬けたり買ったりすることはほとんどありません。でも、キムチやピクルスは大好き。家でキムチがちょっとでも切れると暴れそうになるし、ザワークラウトなんかは、家で塩だけで数日かけて発酵させて作るくらい好き。
こないだ行ったお店でプチトマトのキムチというのがあっておいしかった。とっても浅漬けでしたけど、味的にもおもしろいし、家でもやってみようかなと思います。
L1030088.jpg
まるごとつけものでふと思い出した、下のはロシア人街のマーケットにあった、まるごとりんごのピクルス(左上のバケツ)とトマトまるごと(右上)。下はいちばんオーソドックスなきゅうりピクルス、左は浅漬け、右は深漬け。
ロシアりんごピクルス?

この1週間すこし、連日宴会orおいしいお店でがっつりごはんで幸せな日々でした。イタリアン×2、韓国×2、無国籍×2、和食。その前は年度末の出勤連日パンとカップ春雨のみという食生活だったので、これくらいの狼藉は許して下さい。
今日は休胃日で、絹ごし豆腐とはくさいと春菊をお湯だけで煮たのをどんぶりに入れてごはんを投入して、豆腐くずしながらポン酢しょうゆかけてがつがつ食う簡易雑炊。がつがつ食ってちゃ休胃にならないか。

来週は4日ほど、ひとり旅に出ます。
あれこれ調べて予定をたてるのはすっごい楽しいんだけど、国内ですが飛行機とバスでちょこまか移動するので、乗り継ぎなどで頭がぱんぱんです。3回乗る飛行機がすべて会社とか空港が違うので予約がややこしく、なにかポカをやりそうでこわい(じぶんをまったく信用してない)。
だいぶ前、仕事で大阪から東京へ行くので飛行機をネット予約して、当日飛行機に乗って数十分たってから、それが羽田行きじゃなくて成田行きなことに気づいたことがありました。国内線なのに、座席のポケットに免税品の冊子があるのってめずらしいなあ~なんて思ってたんですよね。成田から東京へ向かう電車のなかでかなりへこみました。
今日も、さいごに大阪へ帰る便の予約をしようとしてて、予約確定する直前によく見たら一つ目の場所へ戻る便だった。危ない、危ない……。
ヴィーガン
忘れて埋もれないうちに。
早起きしてまで今回東京で行きたかったお店「なぎ食堂」。
おしつけないベジタリアン食堂。ランチの3品定食、どれも食べてみたくて3品選ぶのにかーなーり迷ってしまった。で、結局みっつとも揚げ物だった。根が貧乏性なのか、無印カフェの3品デリでも、迷ったあげく結局いつもがっつり系のものにしてしまいます(家では一切揚げ物をしないから…ていうのは言いわけか。あ、揚げ物をしないのは、あとかたづけがめんどくさいから)。
L1030077.jpg
こちらのヴィーガン(ベジタリアンことをよくそう呼びます)おかずは、右上から時計回りに蓮根の薩摩揚げ、ファラフェルの豆腐ソース、じゃがいもとほうれん草のケバブ。それにちょこっとサラダ、みそ汁(この日は水菜とお揚げ)、玄米とおつけもの。この盛りつけだと、なんだか少ないなーと思ってしまうんですけど案外食べでがあって、おかずと割としっかり味のついたおつけもので、すごいおいしく炊けてる玄米(わたしはちょい硬めが好き)をきれいに食べられるバランスでした。とくにファラフェルがうまかったな~~。
こちらの毎日のメニューを見てたら、毎日通いたいくらいです。セットで選べるドリンクは、ホットしそドリンクで。
L1030078.jpg
(未)
週末から
日曜日は東京コミティアに出展でした。
お買い上げいただいたかた、ありがとうございます!現場を離れていたときにブースを訪ねてきてくださったかた、ほんとにすみません!
いつもながら、うちのスペースは冊数が多く、机の上がぎちぎちになってしまうのですが、今回はとくにぎちぎち感を強く感じまして、次回にむけて、より立体的な展示の工夫をしようと思いました。
大学の展覧会の展示でも、冊子の展示というのは難しくて課題のひとつと思っていたので、東京ではアートブックのギャラリーや、海外と日本のミニコミを扱っているお店などを、ちょっとですがまわってみました。まだまだリサーチも必要ですが、ちょっとずつ、学生&じぶんの展示に生かしていくアイデアを考えています。
そもそもわたしは「展示」というものに全く関わりがなく、考えたこともなかったんですが、去年ちっちゃいながらも個展をしてみようと思ったりしたのも、ここ数年、学生たちとのかかわりのなかで、こちらも刺激を受けてるんだなーと思います(「負けへんで~」という気持ちというか)。

そして今日(火曜)は、春から四年生になる学生の「進級展」の搬入でした。うちのイラストクラスの新四年は100名近く。あまり大きくはないスペースにそれだけの人数がひしめき作業をしているのは、なかなか圧巻でした。
搬入終了後、教員+ボランティア作業員の研究生で、カフェインと糖分の補給…(わたし以外男子です)。
L1030107.jpg

成安造形大学進級展
大津市歴史博物館
2010年2月17日(水)~2月21日(日)
10:00~17:00(最終日は16:00まで)
△ちょっと行きづらい場所ですが、なにかのついでがありましたら、ぜひお寄りくださいませ△
製本
昨日は学生や友人、同僚有志で作っているコミック誌の製本作業をしていました。
各自同サイズで入稿印刷をあげた紙を集めて、順番に重ねてホッチキスで綴じる。40枚(印刷が裏表あるのとないのとあるけど一応80ページ)で200部、4~5人で6時間くらいかかったけど、まあこれが本作りの醍醐味ともいえるでしょう。わたしはこういうの好きなんですよね、いっそプリントゴッコで本作りたいくらい。そして、今回はあえてホッチキスも見えている、ラフなかんじにしたかったのです。なんていうか、見た目だけきれいでりっぱな同人誌にメンチ切る気合いというか……そして、A4横長のサイズ感も、各自選んだ紙や刷り色が違うのも、おしゃれな本になったと思います。ほくほく。本ができるのはほんとにうれしい。
こんどの日曜日の東京コミティアでおめみえ&再来週くらいから、ネットでも詳しい説明とともに販売できるようにしていきますので、またどうぞよろしくお願いいたします。わたしはプロデュース兼編集、目次デザイン&1ページ書いています。
作業では、わたしは主に綴じ係で、200部ちょっとを自慢の大型ホッチキスでばんばんと綴じていましたら、今日は右ふとももの裏側、両肩のあたりが筋肉痛です。なんか力はいってたんですね……。
肉体労働のあと、みんなで食べるピザ(学校に配達してもらうんです~。守衛さんが連絡してくれるんで、ゲートまでとりに行く)はうまかった!
L1030075.jpg
ぼんやり
ぼんやり、ぼんやりしています。
この、ぼんやりがだいじなのです(いいわけっぽい)。
子供がぼんやりしているときは、ぼんやりさせておくのがいいらしいですよ。ぼんやりしているときにアイデアが出るというのは、なんだかほんとうらしいです。プロジェクトXとかでもありましたよね、会社で考え続けててもだめだったのが、半年ぶりに家族と川にキャンプに行って、川を流れる木の葉を見ていたらひらめいたとか(これは、駅の自動改札で、きっぷを機械のなかで回転させるアイデアを得たときの話。じつは、日本初の自動改札設置駅は、うちのすぐ近所で、わざわざ見に行ったのを覚えています)。
ただまあ、ぼんやりし続けてても何も出ないときもあり、そのままぼんやりと寝てしまうことも多いことは多い(すみません)。

なにかひとつのことを決めて考えるというよりは、5つくらいを同時に、関係ない事も、頭のなかで、あっちいったり、こっちいったりしながら、流れに脳みそをまかせてたゆたっているときが楽しいし、ノートとペンを持って、そんな流れにいるときは、いっきにノート1冊の半分くらいうまったりします(もちろん、何も書けないときもある)し、まとまらなくても、そういう断片をためておくことが、じぶんにとってはとっても重要。
流れに手がおいつかないときは、えんぴつで以前書いたものの上に、色ペンでつい重ねて書いちゃったりして、あとで読むのがたいへんなこともあって、そんなとき、昔より、きたない字がよけいきたなく雑になったと感じるのは、どうも、目やら脳みそやらが、パソコンのキーボードのスピードを手に求めているからじゃないかと思う。

十数年前に、はじめてパソコンというものを買ったとき(iMacの初代ボンダイ)、ワープロもさわったことのなかったわたしは、ひとさし指で、ひとつひとつキーを押して、2行のメールを書くのに2時間かかったものです。それも漢字変換とかできなくて、それが、慣れるにしたがって、漢字も打てて、文章も長くなって、友人たちからは、まるでアルジャーノンのようだと言われました。それが今では、レベル低いなりに、字を書くよりは速く打てるわけです。

でも、今でも、文字仕事のあとなど、文章をキーボードでたくさん打った後に寝るときなんか、目をつぶって考え事をしていると、脳内では、文字がアルファベット入力でカチカチと変換されてたりします(しません?これ、同意してくれる人に今まで出会ったことがないのです)。

なんだかぼんやりと、以前にも書いたことのような気がしつつ、ほんやりしています。
そういえば、デジカメのチャージャーはめでたくみつかりました。やっぱり半分見えてた、それも、仕事机のすぐそばで。ああ、ぼんやり。
今日は寒かった!
大阪でも朝から雪が降ったりやんだり。
ここ数日かかりきりになっていた、有志で作っている冊子のページ作りと入稿が終わり、ちょっと一息。ああしかし、デジタル作業はほんとしんどい、たいしたこともやってないのに。これからまだ、自力でやる製本作業が残っていて、こういう作業は大変なりに、実はかなり好きなんですけどねえ。。。
そして今日は、友人、学校の研究生、昨年度の卒業生(1年ぶり!)といっしょに、神戸のミニコミイベント、というか、ミニコミ作り手の交流会イベント「パブリッシュゴッコ」へ行ってきました。すごーくゆるいイベントで、そのユルさが楽しく、二度目の参加なので見知ったお顔もすこしできて、ちょっとうれしいかんじです。

3月中旬に、友人のギャラリーでの企画「壁新聞展」に出展します。わたしは日刊新聞を出す予定。休みの日をのけて9日分、来週から準備に入ります。詳細はまた!
新刊など
20101blogのコピー
2月になってしまいました。今年もすでに1ヶ月がすぎてしまった。
さて、4ページエッセイマンガ掲載中のYOUが発売中です。YOUは隔週刊ですので、バレンタイン前に書店へ!
また、翻訳をしております「ミステリー・パピークラブ」最終巻4巻が出ております。これにて全巻揃いました。
どうぞよろしくお願いしまーす!

久しぶりに風邪で寝込んでいました。去年もやっぱり2月に寝込んだのですが、去年はインフルエンザA型(思えば流行最先端でした。もしかしたら新型だったかもしれない、熱もあまり上がらずタミフルは飲んだとたんにはきもどし食欲なしの、とにかくしんどい1週間だった。お医者に行ったとたん点滴)、今回のはクラシックな風邪で、もうだめだと思ってお医者へ行ってもらった薬がことのほかよく効き、ぐんぐんと復活しております。熱があっても食欲があったので、しんどいながらもなにかこう、これは大丈夫感がありました。
発熱したときは一瞬、「ワンピース」全巻読破後の知恵熱かとも思いましたが、風邪症状がきっちりあったので……(全巻読んだ後も、現在の最終巻56巻を既に10回くらい読み直してはその度泣いている)。

もうひとつ、わたしの健康バロメーターはコーヒーでして、たいてい普通のコーヒーカップ換算にすると(ふだん特大マグで飲むので)一日3~4杯は飲んでいますが、これがぱったり一滴も飲めなくなるのが胃腸はじめ身体の弱り度最大値。今回の風邪は、熱あってもあったかいカフェオレとかはほしかったので、ああ、それくらいか、と思うのです。

さて、ほんとにいろいろたまっている作業をやらねば……。
そして、今週末は、神戸でのミニコミイベント、来週末は東京にてコミティア。今回はMONMONBOOKSの新刊は無理そうですが、同僚学生友人と作っているまんが誌の新刊をひっさげて行きます。といってもこれもまだ作業中~~。
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。