MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
さくひん
連休は1日をのぞいて、犬散歩以外外へ出ないひきこもりで、あーでもないこーでもないと家の中をうろうろして終わった気がします。
いまちょうど仕事の切れ目なこともあって、MONMON BOOKSの次シリーズのネームと下書き、学生たちや同僚先生とやっているコミックエッセイクラブの新刊本のためのまんが、これまた学生たちの企画に参加することになった「メンズ本」(ボーイズラブまではいかないけどそれらしきものもあったりするかもしれない、ともかくかわいかったりかっこよかったりする男の子が出ていればよいというまんが本)のイラストエッセイのネームなどなどをやっていたのでした(わたしはかっこいい男子の出てくる映画を紹介します)。
MONMON BOOKSは1ヶ月以内にもう4冊と、大口をたたいていましたが、いま同時に9冊分の構成(本と本とのつなぎ具合や、ネタのかぶりぐあいや関わりや、印刷方法など)を調整しつつ、ネーム、下書きを書いているところです。来週中には何冊か印刷屋さんに入稿の予定です。

10月18日の関西コミティア、11月15日の東京コミティア、12月6日の文学フリマの参加、それから12月8日から2週間の大阪での個展(というのかなあ、そんな大げさなものではない)が決まりましたので、ちゃくちゃくと仕上げていきたいと思います。

その他こまごまと、ミニコミのイベントに出たり、学生たちの手作り市参加に合流したり(予定)、10月中旬に大学内にて学生たちとほそぼそと活動している「手芸部」の展示をやったり(そのための作品も作らねば)、同じく10月中旬にゲーム・まんが関係の古い友人たちを大学に招いて特別授業をしていただく企画進行をやったり(本当は5月のはずだったのですが、インフルエンザ休校で延期になったのです)、11月のおわりに、ご縁あって栃木県のほうでなんと講演会なんてものをやらせていただくことになったり、今年後半は大いそがしで暮れていきそうです。

連休の1日をのぞき、と書きましたが、実はこの日はまたまた大阪新世界へ大衆演劇を見に行ってました。はまってる??いえいえ……、そういうわけではないつもりなんですが、いちど見てみたいという友人といっしょにまた8月とは違う劇団ということで行ってきました。
今回は、劇団九州男。
お芝居は、我が子と思って育てたこどもを手放す夫婦という話で、いやー、まわりのおばちゃんたちは号泣。先月見た都若丸劇団もでしたが、1500円でびっちり3時間、昼夜と一日2公演、それも毎日演目が変わるという、好き嫌いはともかく、とにかくこのサービス精神を、「表現」なんてものを商売にしようとする人は一度は見なきゃいけないのではないかと、しみじみ思いました。
左は座長の大川良太郎さん(衿もとにご祝儀がとめられているのが見えるでしょうか。クリックで拡大します。こういうのを「お花をつける」というそうです)。右は舞台から撒かれた特製チョコ(しっかりゲットしとります。たは)。
L1020508.jpgチョコ
熊本2
熊本二日目は、熊本から南へ。
熊本からまず鹿児島線にて八代駅、そして肥薩線で人吉駅へ。人吉駅ー吉松駅を走るレトロ観光列車「いさぶろう号」に乗るのが目的です。ほんとは熊本から、SL人吉号に乗れたらよかったんですが、そもそもこればかりはなかなか席がとれないみたいだし、運行が週末だけなのです。
いさぶろう号は観光列車なので、ガイドさんが乗っていて、見所ではゆっくり走ったり、止まったりしてくれます。途中、駅でも記念撮影の小物(運転手さんの帽子だとか、乗車記念のプレートだとか)があり、ガイドさんが撮影してくれたりして、これはこれで楽しかったですよ。
L1020366.jpg
この路線は何個かスイッチバックがあったり、ループ線というのがあったり、日本三大車窓のひとつがあったりして、楽しかったけれど、車窓でいうなら、その前の八代ー人吉間の球磨川の景色のほうが、わたしはきれいだと思ったなー。
L1020381.jpg
列車は球磨川に沿って走るのですが、川にずーっと山が映り込んでいてすごーくきれい。途中、球磨川を一瞬またいで、こんどは川を左手に見て走るのですけど、横断時、水の上を走っているようで、これまたすてきなのでした。
吉松駅では、駅弁立ち売りのおじさんからお弁当を買い大満足。そこから吉都線で都城へ。都城では乗り継ぎまで1時間だけあったので、近くのダイエーへ行ってお惣菜売り場で宮崎名物?チキン南蛮弁当を買い、お弁当だけのつもりが、鮎塩焼きがなんと150円!だったので買ってしまった。
L1020459.jpg
このへんでは鮎はいつもこんなに安いんでしょうか??
駅の売店で肉巻きおにぎりを買って宮崎駅へ向かい、にちりんシーガイア号で4時間半かけて小倉へ。車内でチキン南蛮弁当と鮎を食べながら、右手にときどき宮崎や大分の海が見えて、これもそれなりに満足いたしました。宮崎ってやっぱりヤシの木がいっぱいあって、南国な雰囲気ですねえ。マンゴーも育つわけだーとか思いながらながめておりました。
大急ぎな列車の旅、こんどはゆっくりいろいろ廻ってみたいですね。
2年ぶり
先週末、2年ぶりに……
散髪しました。
いつもダンゴにしてるので、のびっぱなしだったのですが、いいかげん頭が重いなー、でもめんどくさいなーと思っていたのですが、よく行くスーパー銭湯(&岩盤浴)に、1000円15分散髪屋さんができていたので衝動的に入ってしまいました。両隣はおじさんが顔そり中、なかなか新鮮でした。

思い出すと、わたしは幼少時、なぜだか刈り上げにさせられていて(おかっぱ刈り上げなのではなく、男子な刈り上げ)、父といっしょに「散髪屋」に行っていたのです。当然いつも男の子にまちがえられてました。
で、子どもの頃、おとなに対してすごい人見知りだったわたしは、その散髪屋さんにやさしいお姉さんがひとりいて、いつもその人を指名して切ってもらっておりました。その人がやめることになったとき泣いたのを覚えてます。それとともに、「散髪屋」には行かなくなり、髪を伸ばし始めました。
わたしは過去に戻りたいと思ったことがいちどもないのですけど(子ども時代とか絶対いやだし、昨日もいや)、その過去(黒歴史……)は、今思い返すとあまりにもアホで勘違いしてて情けなくて笑えることがたくさんあって、これもマンガにしてきたいなあと最近思うようになりました。
アメトークの「芸人イケてない中学生時代」がむちゃくちゃ好きなわたしです。
熊本からぐるり
先週行きました熊本。
今回は基本、鉄道の旅にしようと思い、テツ入門というかんじで、いろんな列車に乗ってみました。メインは、人吉ー吉松間を走っている「いさぶろう号」(復路はしんぺい号、わたしは今回は、いさぶろう号だけ、っても同じ列車が往復するんですけど)、それから阿蘇へ行くのに乗った豊肥本線、南阿蘇鉄道と、宮崎から小倉への日豊本線のシーガイア号。そのほかのローカル線も楽しみでした。関係ないけど、乗り継ぎで駅だけ降りた大牟田駅。
L1020251.jpg
わたし今回いろいろ調べるなかで、炭坑節の三池炭坑が大牟田あたりにあったというのを初めて知りまして(すいません)、なんだか感動。ここを通ったときはもう夕方すぎて薄暗くなっていて、月が出ていてちょっとしみじみしました。炭坑跡に行ってみたかったんですけど今回は日程合わず、次回のお楽しみです。
豊肥本線も、町なかから、だんだんと阿蘇な景色になってきてすてきでしたし、立野駅の日本最大スイッチバック(わたしとしては、はさすがにスイッチバックじたいにそれほど萌えるわけじゃないんですけど、いったん止まっては運転手さんが車内を行き来するのがのんびりしてて好き)、南阿蘇鉄道も、カーテンのかわいい、なんかどっかの家におじゃましているようなほのぼのする車内と景色も雄大(往路はちょこっと観光解説付き)。
これ南阿蘇鉄道のどこの駅だったかなあ、駅にあったベンチにまたほのぼの(文字が見えるかな?見えなかったらクリックして大きくしてみてくださいね)。
L1020278.jpg
(続く/この記事と同時にMONMONBOOKSのための下書きも進行中~)
ロリエ広告
お知らせ遅れました。ただいま発売中の、なかよしの裏表紙と、りぼんの本文まんがカラー表紙裏にて、花王ロリエ「おとなになるということ」シリーズの広告掲載中です。
毎度のことですが、本屋さんでなかよしを、くるっと裏返してごらんくださいませ。

ばたばたしておりますが、また九州ぐるり旅の写真などおいおいアップしていくつもりです~。
MONMON BOOKSの続刊作業中。シリーズ第二弾として4冊同時刊行したいと思ってます。
それから12月初旬に大阪で、ミニ本展をすることになりそうです。こちらもまた、決定次第お知らせいたします。
くまもと
出張で熊本に行っておりました。
せっかくなので、仕事の前後にあちこちまわってきました。
昨日は阿蘇へ、そして今日は、熊本~八代~人吉~吉松~都城~宮崎~小倉~大阪という乗り継ぎで帰ってきたところ。
約16時間列車に揺られていたので、まだなんか揺れてます~~~~。
ミステリー・パピークラブ
ミステリー・パピークラブ 2ミステリー・パピークラブ 2
(2009/09/02)
ジョディー・メラー

商品詳細を見る

チコ・ボンボンに引き続きまして、翻訳しましたこちら、「ミステリー・パピークラブ2」も発売中です!
今回は、ロックスターの家の絵が盗難にあい、その場所に居合わせたクラブの3人が、容疑者とされる元マネージャーを探します。クラブの女子たちは今回も元気、そして、元マネージャーさんの息子さんが、なかなかイカした男子なんですよ。
チコ・ボンボンと すてきなどうぐベルト
チコ・ボンボンとすてきなどうぐベルトチコ・ボンボンとすてきなどうぐベルト
(2009/08)
クリス モンロー

商品詳細を見る

「チコ・ボンボンと すてきなどうぐベルト」発売中です!
いつも腰に巻いているベルトに入った工具で、どんなものでも作ってしまう、いつも冷静、なにごとにも動じないクールなさる、チコが、ある日、相棒のさるににげられた移動サーカス団のオルガン弾きに誘拐されてしまいます。でもチコなら大丈夫……。

著者のクリス・モンローさんは、以前翻訳を担当しました「パパのカノジョは」(右柱「翻訳」欄をごらんください)のイラストレーターさん。今回は、お話もてがけてらっしゃいます。「パパのカノジョは」ではクレパスで厚塗りした画風でしたが、今回はペンと水彩でさらっと軽くて、そのぶんいろんなアソビがいっぱいです。
わたしは翻訳と、カバーの「どうぐベルト」中表紙のタイトル絵文字と、本文中の日本語書き文字を担当しました。

こまごまと小さな書き込みにくすっと笑える、おとなも楽しめる絵本です。けっこうユルくてつっこみどころもいっぱいなんですが……。そしてなんといっても、チコの表情がかわいいですー。
どうぞよろしくお願いします。
9月になりました
ブログ200908
今年の夏は比較的涼しかったように思いますが、なんだかここ数日、日によっては暑くても、空気の匂いにぐっと秋を感じます。
ゼミ展、オープンキャンパスなどが終わり、だんだんと後期に向けての準備を始める時期になりました。毎年(といっても今回で3年目)後期に講義をひとつ受け持っているのですが、半年あくと、いろんなことを忘れてるんですね……プロジェクターなど機材の使い方とか、何を準備したかとか。

minnkyo-yo-.jpg
↑こちら、民教協(民間放送教育協会)のパンフレットにイラストを描きました。
正しくは、今年3月に行われたメルエキスポ(メディア・リテラシーに関心をもつ人、メディア・リテラシーをめぐる実践にたずさわる人たちが情報の交換や交流をおこなうための場)に出展した民教協のパネル用イラストを、今回新しいパンフレットにも使っていただいたということです~。
このパンフレットはテレビ朝日の受付に常時数冊置いてあるのと、民教協にお問い合わせいただければお送りできるとのこと。わたしのイラストはちっちゃいですが、どこの展示会でも即完売となるぬいぐるみ作家「黒ねこ事務所」さんのぬいぐるみがたくさん載ってます。かわいいですよー。

さて、今後の動きとしましては、授業の準備と学校業務をちょこちょことやりながら(業務とは、出張とか会議とか入試とか。このへんは、わたしの今までの人生にもっともなかったものでして、「出張」とかいうことばを使うのがオトナなかんじでちょっとうれしいわたしです)、翻訳のリーディングをひとつ進めつつ、豆本シリーズMONMON BOOKSの続刊を、この1ヶ月以内に4冊出せればと思っています。
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.