MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
ロリエ広告
なんだか久しぶりのお仕事お知らせ。
花王ロリエの広告、はなちゃんのシリーズが
来月1日発売の、なかよしとりぼんに掲載です。
なかよしは裏表紙、
りぼんは本文まんがのカラー表紙の裏面です。

こういう仕事をしていると、
定期的な雑誌や広告だと季節の先取りをし、
また正反対に、単行本だと、
あまり季節を感じさせない絵を
考えることになります。
どちらにしろ、
季節ってだいじですね~。

今日はじっと床座りで仕事をしていると
すっかり冷えてしまって
ひとり用ホットカーペットを出してしまった。

単行本のしごとは、
ただいまペン入れ&色つけ中。
今までと、すこ~し違うテイストに
挑戦してみてます。
秋ですね。
うちのベランダにも秋が。
エセエコ(自分だけにやさしいエコ)なわたしは
プランターに生ゴミコンポストを作っているのですが
(ふつうのプランターに土を入れ、
野菜くず、卵のから、コーヒーかす、お茶っぱなどの
生ごみを埋めて、土を10センチ程かけておくだけ。
ぶ厚めに土をかけるというのがポイントです。
それすらめんどくさいことがよくあるわたし、
けっして無理しません……)、
で、夏前に、その土で植え替えをした
グレープフルーツの鉢の土に
かぼちゃの種がまざっていたのでしょう、
芽を出し、育ってしまって、この度、結実しました。
かぼちゃ
かぼちゃがはえてきたのには気づいていたのですが
とりあえずほっといたら、
夏の終わり頃、雌花がついてたので
ためしに受粉させてやると
なんと、結実したのでびっくり。
といっても、この実も直径15センチくらい、
これ以上大きくはならなさそうです。
なかみがどんなのかはわかりませんが
とりあえずうれしいな。

というわけで、このかぼちゃの後ろに写っているのは
これまた食べたあとの種をまいた
グレープフルーツと、シークワーサー。
グレープフルーツはそろそろ7年目なのですが、
ほったらかしなので、青虫にまるはげにされることも多く
なかなか花も咲きません。
でも実生は年月がかかるということなので
気長に待ちます。
もとでもかかってないし。

この春先には、
昔ながらのにがすっぱい夏みかんの種も
もちろん食べたあとのをまきまして、
4~5本苗が育ってきています。
なつみかん

コンポスト用プランターなのですが、
いまはこんなことになっています。
じゃがいもとさつまいもの皮から。
ベランダのポテト
もうちょっとしたら、いも掘りしてみます。
週末の遠足
週末に、夏まえから楽しみにしていた
維新派のびわ湖公演に行ってきました。
野外は前作「キートン」以来です。
なんというか、ことばにできないのですが
一夜の夢を見た気分。
圧巻でした。

前後せっかくなので、
長浜と近江八幡観光もし、物欲のまま散財して満足。
長浜ではちょうどアートフェス開催中で、
同行の友人のおともだちが出しているブースを訪ねたり
頭が電球の動物ペンダント、すっごいかわいいです。
犬のを持ってます~)、
以前、クリスタ長堀のアートマーケットで買ったことのある
ガラス作家HAPPY GLASSさんをみつけて
どくろの指輪を買ったり、
フェスとは関係のない商店街の
台所用品屋さんで、アルマイトのお弁当箱を買ったり、
ほうじ茶と抹茶のミックスソフトクリームを食べたり、
石釜で焼きたてのパンを並んで買ったりしました。
そのなかでも、
なんだか心に残ったのは、このにんにく。
青森産にんにく
一見ホイップクリームのような?
なんだかとっても大切に並べられているすがたに
もうめろめろです。
青森産の、種用にんにく、
ひとつ買いました。
お店のかたも、上品な年配のご夫人で
とってもすてき。
今週末にでもプランターを整理して植えてみます。
りっぱに育ったら、はっぱごと収穫して
あこがれの、「みつあみにんにく」
(はっぱをみつあみにする、なんか魔除けなかんじ)
を作ろうと、もくろんでいます。

近江八幡では、
ボーダレス・アートミュージアムNO-MAを再訪。
ちょうどこの日から新展示、
もともと、アウトサイダーアートというのに
ものすごく惹かれていて、
数年前、思いあまって
ジョージアのアウトサイダーアートのビッグネーム、
ハワード・フィンスターの庭にまで行ってしまいましたが、
NO-MAの展示はもう、いつもツボです。
今回は、盛岡在住の高橋和彦さんの作品に
ノックアウトされました。
画集がほしい。出版してほしい。

たねやで甘いものも買ってごきげんで帰宅、
仕事が山のようにたまっています。キャアアアーーー。
がんばります。
10月になりました
ブログ9月2008
さすがに朝晩は、涼しいというより寒いですね。

引き続き、単行本の作業を進めています。
やっぱ1冊書くってたいへんですが
言い残し?書き残し?がないよう、
ぎっしりと、内容つめていきたいです。
スタイルなど、いろいろ迷ったんですけど、
やっぱじぶんは、あれこれ脱線しながら
語るのが好きなのだと、再認識したところ。
あちこちとんだ話をうまく集束できたときは
それはそれはうれしいのです。
なんだか、いつまでたっても、
じつは
どーしよ、どーしよ、これでいいのかなと、
ぐらぐらゆらゆらしつつ、
それでも、語りたい伝えたいと
思わずにいられないのです。
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.