MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
アメリカ自然史博物館1
ここ数日で、
ぐっと秋っぽくなってきた気がします。

前回にひきつづき、
ちょっと甘いものの話を……。

ニューヨークに行ったら、
なにはともあれ、必ず行きたい場所として
エンパイアステートビルの展望台と
自然史博物館があるのですが、
この夏はほんとに観光客が多く、
エンパイアをはじめてあきらめました。
自然史博物館も、チケットを買うのに数十分待ち。
カフェに入るのも列。
びっくりです。

関係ないけど、カジュアルブランド
アバクロンビー&フィッチの店にも入場制限の列。
昔、クリスマス前のFAOシュワルツ(映画「BIG」に出てくる
有名巨大おもちゃ屋)に列ができてたのに
びっくりしたことあるけれど、あれは
クリスマスだし映画にも出た観光地だしと、
なんとなく納得していましたが。

さて、自然史博物館のカフェでみつけた
くじら型クッキー。
くじらクッキー
もちろん、ここの名物である
オーシャンライフの部屋のクジラです。
もひとつ、惑星クッキーもあったのですが、
これはちょっと、言われないと何かわからないかも…。
惑星クッキー

ふだん、こういうお菓子の味には期待しないのだけど、
なんとこれは結構いけたのでびっくり。
本体部分は、バターをたっぷり使った、
さくさくのイギリスふうクッキー、
ショートブレッドなのでした。

自然史博物館ネタ、続きます。
初秋
朝晩はすっかり涼しくて、
窓を閉めて寝るようになりましたが
昼間はまだ暑いです。
とくに大阪。
そういえば
きのうの空は、秋の雲と入道雲が混在していて
へんなかんじでした。
8月のおわりにぐっと涼しい、
いや、寒いくらいの時期があったのでかえってしつこい残暑がこたえてます。

今日は夜中からの雨で
涼しいですが、
このまま涼しくなるといいな。

去り行く夏をおしんで、ちょっとあつくるしい
残暑おみまい(いやがらせ?)。

ペンシルバニア、ダッチカントリー
(アーミッシュ・コミュニティーのあるところ)の
ファーマーズマーケットでみかけたケーキです。
はちケーキ
よこ30cm、たて20cmくらいと巨大なうえ、
デコレーションはすべてバタークリームと
アイシング(粉砂糖と卵白を混ぜたもの)。
さすがです。

アメリカのケーキって
実はきらいじゃありません。
住んでいたころは、この味になれてしまってました。
あっというまになれた自分がこわいくらい。
日本の2~4倍あるサイズも当然たいらげてました。
たまに日本に帰ると、
日本のケーキは、たしかにすごおくおいしいんだけど
量も甘さもものたりないと思ったことを告白します。

当時、
ミルクチョコレートに
ピーナッツバターのかたまりがぎっしり入っている
ピーナッツバターカップというお菓子が大好きで、
いちどに5個くらい食べていましたが
先日久しぶりにトライしたら、
ほんのひとくちでギブアップしてしまった。
帰国当初は、なぜあんなおいしいものを
日本で売らないのかと思ってたけど
(せめて輸入食品店ででも)
理由はあきらか……。

さて、そんなスイーツのことなどぎっしりとつまった
アメリカの食べ物の本を書いています。
来年1月発売予定~、
おしりに火がついてます!!!

そちらに載せられないもの、
残念ながらはみでてしまった写真など、
ここでちょこちょこ紹介していきますね。
9月です
blog:7:08
8月の画像をアップできないまま
9月を迎えてしまいました。

ただいま発売中の「りぼん」中のまんがカラー表紙のうら、
「なかよし」裏表紙にロリエ広告掲載中です。

ただいまニューヨークの中南米街で買ってきた
ペルーの乾燥じゃがいもを水につけてもどしてます。
明日のごはんは、乾燥じゃがいもパパセカと豚肉の煮込み。
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.