FC2ブログ
MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
「絶滅危惧・風景」など
ただいま絶賛昼夜大逆転生活中。朝日が上ってから眠り、せめて暗くならないうちに起きるというかんじ。
そろそろちゃんとした生活にしないと。。。。

と、いいつつ、昨日はちょっと活動しました!
昼イチで京都へ学生の展示を見に行き、その足で、大阪市立近代美術館心斎橋展示室でやっている「絶滅危惧・風景」という展覧会で友人と合流。
大阪市の文化事業で、西成、山王、飛田といった大阪ディープゾーンをフィールドにいろいろなアーティストが作品を作ったり、アートプロジェクトをしたりという活動を8年ほど行っているブレーカープロジェクトが主宰していて、わたしは以前、じんじんさんという移動型楽焼き窯をひいたドラアグクイーンのかたの楽焼き会に行ったことがあります。

西尾美也さんの、地元の人の子どものころの写真をもとに、同じ服をきて、同じ場所で、同じポーズで撮影をするというプロジェクト。
たとえば、この写真。右が昔ので、左が現在。
(画像はすべてクリックで拡大)
絶滅1
で、もちろん現在の服は作ってるんですね。右奥の黄色いジャケットのがこの写真の左のかたのです。手にもっているゴジラとモスラのお人形まできっちり、プリント生地は手書きやシルクで再現されていまして、そのへんの作りこみが、ほんとにすごいと思った。
絶滅3
で、こちらなんですが、なんと!知り合いのおそばやさん、通天閣すぐ下の、総本家更科のご主人がっ(右端)!もうおばあちゃんは亡くなられていたのですが、同じポーズで。
絶滅8
わたしのこのお店のおすすめは、だし巻き玉子と焼き鳥。おそばやさんをおすすめしといて何ですが、むちゃおいしい!絶対頼みます。

こちらは、下道基行さんのコーナーにあった、これはアウトサイダーアートといっていいのか、98歳のおじいさんが、中学生のころから4文字熟語(?)をチラシの裏に毎日書いているというもの。
絶滅4
これも多分ほんの、ほんとにほんの一部だと思いますが、このなかでわたしがいちばん好きだったのがこれ。
絶滅5
「口蹄病之牛之親子」
そのほかにも、「聖徳太子厩戸皇子」とか「米国黒人初大統領」とか「観光旭山市動物園」とか、まあふつうに天声人語から引用したものとか。。。「雨森的場松尾下道」ってのは、その日彼を訪れたスタッフ4人の名字らしいです。で、この裏面。
絶滅7

というわけで、この展覧会は21日まで。関西のかたはぜひ。
この日は、この前に心斎橋~長堀橋の地下街クリスタでアートフリマをやっていて買い物しちゃったり、このあとアメ村のスタンダードブックストアさんへ行って買い物しちゃったり、打合せと称しておいしいごはんやさんへ行ったんですが~~長くなるので明日アップ!

↓稼働するかどうかもちょっとわかりませんが、facebookを追加しました。イベントや制作情報のみ、こちらで整理して見れるようにしたらよいかなーとか思っています。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
SHOJO MANGA
先日見た「キックアス」で、主人公の男の子が好きな女の子を「マンガカフェ」に誘うシーンで、マンガとか読む?って聞かれた彼女が「最近は少女マンガを少し読んでるわ」ってことを言います。
そのとき、字幕では「少女マンガ」ですが、せりふは「shojo b....」って聞こえて、何かなー?と思ってたのですが、あれはたぶん、「SHOJO BEAT」のことなのじゃないのかなと、昨日、はたと気づきました。
images-1.jpegimages.jpeg
SHOJO BEATっていうのは、アメリカで出ていた日本の月刊少女マンガ雑誌で、「NANA」とか「赤ちゃんと僕」とか「ハチミツとクローバー」とか、日本での雑誌も時代もごちゃまぜで、おいしいとこを集めた雑誌で、巻頭には、日本のテレビ情報やNANA的なファッションをしようみたいなコラムもあります。

わたしは以前アメリカへ行ったときに買ったものを持っていますが、不勉強で、その後2009年に休刊になったと、さっき知りました。
同じような少年向けのSHONEN JUMPは今も出ている模様(こちらは「ワンピース」やら「なると」やら「遊戯王」やらってラインナップ。わたしが持ってるやつには、「るろうに剣心」や「幽幽白書」も載ってる。こちらには、アメリカの少年たちによるナルトの似顔絵コーナーや、日本語学習コラムなんかもある)。
SHOJO BEATのウエブサイトはまだあり、単行本を出したりしているみたいですね。

日本のマンガが市場として北米で頭打ちっていうのもちらりと聞いたけど、わたしはこのあたりの状況に関して全然知りませんが、まあ、マンガってソフトですから、いけるだろうなっていうラインナップをとりあえず出し終えたら伸び悩むっていうのは当然な気もします。
日本マンガの翻訳単行本は高いし($7~9)、雑誌って本屋さんには売ってないからほとんどがサブスクリプション(郵送年間購読)しないといけません。そもそも、本屋が田舎へいけばいくほど町にはないし、そんな本屋にはこんなマンガ雑誌ぜったい置いてないし、マンガの書棚もあるような大型書店は車で数十分以上かかるみたいな場所が多い(ほとんどかも)。子どもだけでは行けません。
日本みたく駅とかコンビニでも買える、本屋は一応すぐある、単行本や雑誌は子どものおこづかいで買える値段っていう状況とは違います。

あとは、とくに少女マンガは、アクションやストーリー自体じゃない、メンタルやこまごまとした部分が重要なことも多いから、そのへんの共通認識がないとつらい部分もどうしてもあるんじゃないかなーとも思います。
共通認識といっても、文化の習慣とか風景、物質など(学校や街のシステムや見た目の違いや、食べ物とか、家の中のモノの違いなどなど)は案外気にならなくて、もっとメンタルな、「こういうときは、たいがいはふつうこういう順番で考えるよね」という心理描写の共通認識や、感情のリズムやテンポみたいなもの。
アメリカのティーン向け小説って、少ししか読んではいないけど、わりと少女マンガに近いものがある気がする。このあたりを好きな女子が少女マンガに流れてるかもしれないな。
ほかの国の子たちにうけいれられてるマンガがどれかっていうのを、いろんな局面でリサーチしたら、どのへんが「普遍性」ってことなのか、それはどのあたりまでズレてもいいのかとか、わかっておもしろいかもしれないですね。

もう7年前ですが、ジョージアの田舎町で子どもたちメインに日本のマンガの書き方教室をしたとき、日本のマンガが大好きな小学生の子どもたちは、まずマンガやアニメが好きになって、次に、その中で描かれてる自分のよく知らないものや世界が何かをすごく知りたいと思う、ってかんじがしました。

はじめは、セーラームーンがおもしろい、ストーリーにひきこまれて細かいことは気にならない、何度も読むうちに、この魚のかたちをしたケーキみたいなものは何?って考える。「うさぎちゃん」の「ちゃん」と「タキシード仮面さま」の「さま」って何?って考えるみたいな(これらは実際に子どもたちに聞かれたこと。おにぎりあげたら、「これ、犬夜叉が食べてた!」って言われたりとか)。
これは昔、日本人が映画見てアメリカの大型スーパーに憧れたりみたいなのと同じとはいえ、分母がかなり小さいから、大きなうねりになるとはとうてい思えないけど、ナルトが好きで、独学で日本語勉強してる小学生男子や、日本人留学生の家庭教師つけてもらってる小学低学年女子、コスプレしてくるオタクな高校生だけど学校ではコミッククラブと日本語クラブに入ってるっていう女子もいましたし、だからまあ、これからなんじゃないのかなあ。マーケットは大きくはならないかもしれないけど、確実にしみこんではいると思うんですよね。いま日本のマンガが好きな子は、将来もずっと好きだと思う。ていうか、そういうんじゃだめなのかな、商売としては。

ただ、マンガは、プライドもって「所詮サブカル」って思っていたいとわたしは個人的には思ってます。お国だとか省庁に認めていただいたりしないでいいっていうか、。。。。パンクでいたいっていうか。。。

さて、わたしがこのワークショップやったときに一番おおっと思ったのは、年長クラスで18歳くらいの女の子が同人誌活動用に書いたマンガを見せてもらったら、学園恋愛もの、それも制服着用の学校が舞台だったので、どこからみても日本の少女マンガだったことでした。
もっと読み込むと微妙な違いもあったのだろうけど、とりあえずマンガの絵っていうのは、何人(人種)にも見えるんだなーってこととに、えらく感動してしまった。
マンガのなかでも、日本の少女マンガの表現ってやっぱ独特だと思うから、このあたりが異国で成熟して、日本人じゃないメンタリティで「少女マンガ」ができあがってきて日本にそれが輸入されたりすると、おもしろくなるかもしれないな。

***
(追記)
一昨日こけたその後。筋肉痛は左上腕から肩の裏側と脇腹あたり、左のおしりからふともも裏側、右のおしり上側、右上腕下部、左ふくらはぎ裏側に発生。なんかギシギシした動きの変な人になってます。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
リンク
最近見た映画(昔のも何度もも見たのもあります)や読んだ本とかが、わたしのなかでリンクしたことのまとめ。

ローラーガールズ・ダイアリー」にも「キックアス」にも出て来たのは、チェックのプリーツミニスカート。着てる女子は年も姿も全然違うけど、その両方が「漢」(おとこ)。

エリックを探して」も「キックアス」も、YOUTUBEがカギをにぎってる。

「エリックを探して」も「ネコのタクシー、アフリカへ行く」(これは読み物絵本)も、20年後の再会。

ソーシャルネットワーク」も「ローラーガールズダイアリー」も、学校の正統派をぶちのめしてるのがスカッとする。

「キックアス」も「白いリボン」も、ちょっと子どもががんばりすぎ。

「キックアス」も「エリックを探して」も、家族はいろんなかたち。

シーズソーラブリー」も「キックアス」も、子どものほうが冷静。

「キックアス」のパパたちも「ローラーガールズダイアリー」のパパも、パパであるエリックもダメダメでもイカしてる。

「シーズソーラブリー」も「ローラーガールズダイアリー」も、友達の懐が深い。

ズッカのムック本にあったメンズのスタイリングと「白いリボン」の男子農夫のスタイル。白いシャツに黒のズボンとチョッキ。

「白いリボン」のDr.の娘と「キックアス」のレッドミストは顔の系統が似てる(気がする)。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
まち
久しぶりに街歩きをしました。
友人と、まずは朝早く(ないよね、9時って)から、新しくなった大黒町の木津卸市場を探検に。建物は新しいんですが、この台車みたいなレトロでごついものに、やっぱりぐっときます。(画像はすべてクリックで拡大)
ichiba1.jpgichiba2.jpg
ぐるぐる歩いて結局買ったものは、友人がかつおぶしブレンド(その場で、さば節とかつお節をまぜてくれる)、わたしがうずら玉子。うずらの箱かわいい!だけど、表面には「うずら玉子」、側面には「うずらの玉子」とあるのが、どうも気になります。。。。。。
ichiba3.jpgichiba4.jpg
ここは玉子屋さんなんですが、この手書きのちっちゃな看板がゆるくてかわいい。
ichiba5.jpg
ひとめぐりしたところで、市場の食堂でごはん。「肉巻き定食」と「春巻き定食」です。定食には、このほかに小鉢(かに、大根おろし、青菜)がついて、選べるおつゆは、わたしは貝汁、友人は粕汁。春巻きはふっといやつを切ったもの(肉、えび、いか、野菜入り)、肉巻きとは何かというと、甘辛くたいた牛肉オムレツ?に、だしをかけたもの。おいしゅうございました!
ichiba6.jpgichiba7.jpg
ほんとは、この市場のすぐ横にあるスーパー銭湯へ行く予定だったのだけど、あまりに満腹でお風呂な気分じゃなくなったため、玉造界隈散歩に変更。
女子っぽく、雑貨屋さんや、パン屋さんめぐりをしました。
まずは、古民家を改造した雑貨屋さん「22家」(にこにこや)。こちらで、キエリ舎さんの陶器の指輪をふたつ。りすのブローチもかわいかった!(サイトから購入できます)おねだんもかわいくて、いっぱい買いたかった。
ichiba8.jpg
そのほか、H・L BAGELSでベーグルを買いお茶して(コーヒークリームが入ってるベーグル生地のコルネがうまかった!買って帰ったベーグルもおいしかった~。twipicにあげた今日のブランチのベーグルはここのです)、レオ・ナイスブレッドでフルーツケーキとオートミールクッキーを買って(これまたうまかった)、心斎橋まで歩いて、ちっちゃなちっちゃなエスプレッソ屋さんmill pourへ。
写真はフレンチトースト。ホットドッグもオリジナルソースでおいしかったー。
ichiba9.jpg
さいごに、谷町あたりでみかけた、パンチのあるシャッター。
ichiba10.jpg

と、いかにも自分で歩いたように書いていますが、じつはわたしはこういうアンテナがほとんどないので、ただただ、連れてってもらってます。
でもたまにやっぱりこういう女子な(前半が女子かどうかは謎だが)散歩もしないとなあ。途中で入った洋服屋さんのぬいぐるみにキャー♡と言ったりしつつ、結局9時間ぶっ通しでしゃべりながら歩いて食ったのだった。
犬鳴山
数週間前友人と、大阪の「犬鳴山温泉」(いぬなきやまおんせん)に一泊で行ってきました。
チープな風情がある意味最高と、とある筋からおすすめいただき、宿泊したのは「犬鳴温泉センター」。
(画像はすべてクリックで拡大)
inu1.jpgINU2.jpg
この日、宿泊客はわたしたちと、なぜか男性のおひとり客のみで、ひなびた宴会場のはしっこで粛々とごはんをいただきました。翌日は宴会予約が入っていたようで、前日の晩から20人分くらいの鍋の用意がされていました(舞台の前の席。カラオケとかするんだろうか)。
なんといっても最寄り駅まで、うちからは1時間半、友人ちからはなんと30分でついてしまう距離。そこから車で約20分ばかり山に入ると、ここはほんとに大阪府内?ってかんじの風景になります。まあ、北部でも摂津峡とか高槻の山あいのあたりとか、自然たっぷりな場所はあることはあるし、うちだって都会じゃないけど、たまに訪れるとやっぱびっくりします。
犬鳴山は修験道の行場でもあり、この日もホラ貝吹きながら歩いてる山伏スタイルの人がいました~。

関係ないけど、とってもくどい、火の用心の看板。
INU3.jpg
気持ちがびしびし伝わる看板です。大阪っぽいともいえる。

こちらは温泉センターのとなりのカフェ?にいた猫。
なんかKISSのメイクみたいじゃないですか?下あごと鼻の穴のまわりと目の周りが黒くてセンター分けの髪のような。。。むっちゃかわいいんですけど、しかし、どうやったらこんな色配分に。。。。
neko.jpg

実はこれは、「犬」「猫」がつく地名を旅するという、何年かかるかわからないプロジェクトの記念すべきスタートであります!いくつか回ってネタがたまりしだい、まとめていきたいな~。犬伏というところには去年行ったので、次は犬山あたりかな~。

旅レポートは、いま、観光銅山シリーズや宇和島など、いっぱいあっためてるネタはあるのですが、いまいち発酵してなくて、どうやってまとめようか、どの方向から書こうか、ネタがもう少し必要なのかもしれないとかいうあたりを判断しつつ寝かせてるかんじです。
旅など、なんでもなんだけど、どこかへ行ったり体験したりしたことをおもしろく書くというのは、じつはけっこう難しくて、書こうと思って行ってもぜんぜんだめだったり、逆におもしろかったと思ってもかたちにできなかったりなことはよくあります。

そんな中でたまったエピソードと、関係ない別の旅のエピソードや体験や映画とかのワンシーンなどがいろいろと脳内でリンクしてくると、いけるかな?ってかんじがしてきます。そのあたりで、ようやく全体のページ数をにらんでの語り口や構成がぼんやりとうかびます。すぐ描けるって場合もたまにあるけど、そこまでに数年かかることもあるので、とりあえずは寝かせておきます。
すでに何年もかたちにできてないまま、ひとりだちはできない小ネタもたくさんあって、その子たちもいつかお呼びがかかるのをじっと待ってます。

ネタを寝かせておく場所は、脳内のハードディスクで、ジャンル別に分けたフォルダに、細切れの動画で入ってます。
なので取材仕事以外では、長旅の場合かんたんな日記をつけるくらいで、固有名詞とか忘れちゃいそうなギャグとかシャレとか会話とか文章で覚えなきゃいけないこと以外、あまりメモはとりません。メモがいるようなエピソードってあまりおもしろくならないことが多いんですよね(取材仕事のときは、わたしがどう思うかよりも、書かなきゃいけないことが多く相手もあることなので、まちがいのないよう、たくさんメモが必要です~)。
そのかわり、写真はたっくさんとります。この写真が、脳内ハードディスクの検索インデックスになって、動画が再生され、そしてじっさいに絵に起こすときの資料となります。動画は脳内でなんども再生しながら、どこでとめるか判断してキャプチャをとるかんじ。
で、脳内&ノートに、動画のキャプチャや他ネタのリンクのウインドウをすべて開けて並べた状態で、取捨選択&構成を考えていきますが、それらをまた、ちゃんと言葉と絵で語っていけるかどうかで、捨てざるを得ないネタもあったりして。。。
もちろんわたしが結果、できてるかどうかはおいといて!

動画って容量くうよねって、こないだ友人に指摘されて、なるほどー!!それでわたし忘れもの多かったり、他のことがいろいろ覚えられないんだと、えらく納得しました。もともと脳内メモリ少ないのに、動画がたくさん入ってるならしかたない!
道順や思い出も動画で入ってるから余計だめですね。
ああ、長くなってしまいました~。

犬鳴温泉の帰りに寄った、JA大阪泉州即売所「こーたりーな」がすばらしいところで、買い物欲が全開しました!野菜もお惣菜もなにもかもむちゃ安い!泉佐野は畑も多いし漁港もあるんですよね。大阪産の海苔なんてはじめて見た。もちろん購入~。
わたしは買わなかったんだけど、犬鳴豚っていうブランド豚肉、すごいおいしかったそうです。
こーたりーなから日根野駅へ向かう途中で、たまたま入ったケーキ屋さんがとってもおいしくて、そしたら実は「シャルル・フレーデル」という有名店だった。うれしい遭遇でした!
cake1.jpgcake2.jpg
動画
最近あちこちから教えてもらって、あちこちにいいでしょうといいふらしている動画たちです。
はじめて動画をはりつけてみる。うまくいくかな?

これは、ニューヨークのラルフローレンのビルに映し出された4Dライトショー。カッコいい!とくに、がしゃん、がしゃん、と、壁が出てくるとことかが好き。


同じチームがやっているのかどうかわたしにはわからないけど、プラハの時計台の同じく4Dライトショー。縦長のビデオなところがこれまたカッコよく、れんががつみあがっていくところがとくに好き。
(これはYOUTUBEじゃなくて、はりつけかたがわかんないのでURLで)
http://vimeo.com/15749093

凶悪なパンダのCM(エジプトかどこかの?)
ひ、ひどい。。。。


フランスのパフォーマンス集団ロワイヤルドリュクスの「巨人と神話」のDVD予告編です。即買いしてしまった。
姫路
先々週の日曜日は、姫路の友人にお誘いいただいて、兵庫県立歴史博物館特別展「フィギュアの系譜ー土偶から海洋堂まで」を見に行きました。展示は、まさに土偶から江戸時代の人形、ソフビ人形、プラモの人形、バービーとかGIジョーとかの人形、フィギュア、ジオラマなどなど見応えたっぷりでした。

姫路のお楽しみといえば。。。。。
まずは、駅構内地下のフードコートにある「明石焼きふう、たこ焼き」。明石焼きふうのふわっとしたたこ焼きが、明石焼ふうのまな板状の台にのっかっているのですが、姫路的には、ここにソースをつけ、そして、だしにつけて食べる。わたしは実は、こういうものだとわかっていても、ソースがだしに溶け出るかんじがまだ許せなくて、いまいち楽しめてなくてまったく修行がたりません、すいません、でも来たら必ず食う。
(すべてクリックで拡大)
himeji1.jpg
このフードコートには、関西ではおなじみの回転焼き「御座候」(ござそうろう)がやっている担々麺屋があり、担々麺がなんと260円!ここは大好き(ここにしかない)。

そして、薄皮鯛焼き。薄皮の鯛焼きはいまはもう、あちこちにあるけど、ここのがいちばんおいしいと思います。はふはふ。
himeji2.jpghimeji3.jpg
もうここですっかり満足。

そしてせっかくなので姫路城、と思ったら、50年にいちどの改装中。お城をすっぽり覆うビルが建っていて、これはこれで、手前の瓦屋根の塀とあいまって、変な要塞みたいですごかった。
himeji5.jpghimeji6.jpg
50年前の改装風景の写真を見たのですが、当時は何百万本もの丸太で足場をくんだらしく、これはまたバベルの塔みたいでかっこよかった。
50年前はもちろん見れてないし、50年後も見れないだろうから、これはこれで貴重な体験だったかも。

これは関係ないんですが、駅前商店街の駐車場の料金表。
himeji7.jpg
こ、細かい!!

姫路といえば。。。。
ふだんわたしはJR京都線経由湖西線で通勤しています。関西のこのあたりのJR線というのは、神戸線の姫路や播州赤穂~京都線~琵琶湖線経由野洲または米原/湖西線経由敦賀のあいだを直行で結んだ新快速列車が走っています。
うちは私鉄沿線なのですが、JRと私鉄って、どうして?っていうくらい、乗り換えポイントがなくてすごくめんどくさいんです。
たとえば、山科や京都駅から家まで帰るとして、私鉄乗り継ぎまで入れての終電は11時くらい。なのに、姫路まではまだまだ余裕で帰れる。これがいつもちょっとくやしい。
wind up art
いつもお世話になっている大阪「あしたの箱」ギャラリー
ただいま開催中なのが、wind up art (ワインドアップアート)展です。
あしたの箱さんは、もともとブリキのおもちゃの復刻や制作をされてまして、今回はぜんまいで動くブリキのおもちゃのボディを使っていろんなアーティストに制作してもらうという企画。
友人や学生が参加していることもあり、先々週末のオープニングに行ってきましたが、やっぱ動くっておもしろい。
こちらから、すべてのロボ作品と、それらの動画も見れます(お値段も)!
また、お近くのかたは、今週日曜日まででです。会場でもご希望に応じて、ロボたちを動かしてくれるそうですのでぜひ(あ、水曜木曜はおやすみですのでご注意)。
会場はこんなかんじ。
robo1.jpgrobo3.jpg
(クリックで拡大)
一枚目いちばん手前がおともだちのゲームクリエーター(カードゲームなどをつくってらっしゃいます。ポケモンカードの生みの親でもあります)大山さんのロボと仕様書。二枚目のいちばん奥が、「へんな生き物」シリーズのイラストレーター寺西晃さんの「めがね橋の牛女/ホルスタインバージョン」。壁面の平面の牛女は、春に「壁新聞展」でごいっしょしたときの作品。牛女(OLなんだよね)かわいい。。。。。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
犬島
先週金曜日に行ってきた犬島。
維新派の野外芝居で行ったのですが、よいとこでした。昔ちょっとだけ稼働していた製錬所のあとです。
L1060346.jpg
このあたりに舞台と客席を組んでの野外公演。
L1060329.jpg
客席へは、こんな橋をわたっていくようになっていてすてきでした。
L1060395.jpgL1060393.jpg
いつも屋台が出るのですが、今回はシーフードカレーとモンゴルパン(ごめん、かじってて)を食べ、そしてなんと散髪までしちゃった。
L1060377.jpgL1060380.jpgL1060383.jpg
**
さて今日は、午前中1件大阪で学生面談をして本を3種類印刷屋さんに引き取りにいって、そして学校へ行って成績をつけまくり、面談をし、そして工房でバッグを30枚くらいシルクで刷って、そして飲みに。一応今日で、レギュラー勤務は前期終了。
そういえば昨日は3年実習の合評(朝9時半からほぼぶっつづけで18時まで)打ち上げ飲み@学校、おとといは仕事の打ち合わせ終わって飲み、と3連チャン。忙しくても、そのあと寝れなくても、楽しそうな飲みははずしません。
これから本の手直しをして、荷造りをして、おふろに入って、そして明日(今日)朝は新幹線で東京。TOKYO ART BOOK FAIRの設営、プレビュー、レセプションです。プレビュー入れて4日間もあるイベントははじめてなので、ぜんぜんかんじがわからなくてちょっと(かなり)どきどきしています(イベント告知Tシャツサイトはこちら)。

ともあれ新幹線で爆睡予定。東京行きは終点だから気が楽です。

TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
きたく
高松で食べた、鶏ゆず胡椒ぶっかけうどん(冷や冷や)と、いりこ天ぷらと、たこめしおにぎり。
画像はすべてクリックで拡大。
UDON1.jpg
宇和島で食べた、宇和島名物セット(向こう側左から、じゃこ天、ふくめん/千切りこんにゃくの上にそぼろ、ねぎ、みかんの皮フレークがのっかっています、フカの湯ざらし/とうふとこんにゃくもいっしょに、酢みそで。左側手前のは、「さつま」。白身魚の身をほぐして白みそと合わせてだし汁でのばし千切りこんにゃく、ネギ、みかんの皮を加え麦飯にかける)。+お刺身とお吸い物。どれもうまかったけど、とくにフカがうまかった。
uwajimateisyoku.jpg
アンパンマン列車。
anpanman.jpg
牛鬼まつり。
ushioni.jpg
おまつりで、型抜きに群がるこどもたち。なんかほのぼのした。
katanuki.jpg
○カチュウぽい。
pikacyuu.jpg

高松でのデータ入稿は無事、処理されたようでよかった。うちのスキャナは青が弱くて、ちょっと色味がどうなってるか不安もありますが、水曜日に引き取りにいくのが楽しみです。
宇和島では、牛鬼バレードを見て、メイン会場?の神社へ行って、そのまま港まで1時間くらい散歩して(瀬戸内海ってどこも水平線が見えないんですよね。なんか不思議。そして海が静かで島や山がいっぱいで、ほんとに美しいと思う)、ごはんを食べて、ちょうどやってきたおみこしパレードを見たら、二日間あまり寝てなかったのもあって、くたくた。提携ホテルの大浴場へ行って帰ってビールを飲んだら7時半、そのまま寝てしまいました。途中、打ち上げ花火の音で一瞬起きたけど、起き上がれなかった~。
ビールは「さぬき」地ビール。うまかったです。
sanukibeer.jpg

TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.