MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デラックスうどんについて
7年くらい前、関西空港のゲート棟の売店でうろうろしていたときのことでした。

関西空港というのは、わたしの中の空港ランキングでは最下位に近いほど評価が低いのです。
それはどうしてかというと、セキュリティやイミグレーションを済ませる前のビルに、外が見えるカフェやレストランがない。
これにつきます。
だいたい、展望台すらないんです(わざわざバスで空港内別棟にある、カフェもなにもない展望台に行くことはできるらしいけど、行かないよね)。
空港の楽しみは半分以上、飛行機を見ることだと思うので、ほんとに行くのが楽しくない。
関空に行くということはわたしにとっては、ほぼ海外旅行だから、3時間前とかに行くわけですよね。
でも、その3時間のお楽しみが!!

なので、関空からの出発旅のときはいつも、とっととすべて終えて、2時間前とかにゲート前に行ってしまいます。ゲート前はガラス面が広くて明るくて、もちろん飛行機や空港で働く人や車が見えて楽しく、人が少ないときはベンチにごろごろ寝たりとかできます。
ただし、売店がしょぼい。

お菓子もおみやげ類も雑誌も、これか、という感じなんですよね。
なので、最近は、お菓子や、おなかのすき具合によって、お弁当などを買ってからゲート入りします。
航空会社によって機内食が残念なこともあるので、ちょっと持ちのよいパンや押し寿司などに助けられることもあります。
到着が夜とかだったら、買い物行きたくないけどコバラがすいたときにも助かります。
もしかして飛行機がどこかの山の中に不時着したら食料持ってると助かるかもしれないし・・・。

さて、7年前の話に戻ります。
わたしはその売店で、うろうろとあまりチョイスのない中で、おやつを探していました。
ちょっとしたフードコーナーがあり、うどん類を売っています。
立ち食いでした。
メニューは、素うどん、きつねうどん、てんぷらうどん、肉うどん、デラックスうどん。
デラックスうどんというのは、きつねとてんぷらと肉がすべて入っているもので、たしか900円くらいしていました。
空港値段だとしても、この売店で立ち食いで、うどんに900円はすごいな、とぼんやり思っていると、若いビジネスマンふうの男子が。かつかつと、うどんカウンターへ来て、迷いもなくデラックスうどんを注文したのです。

わたしは彼をみつめてしまいました。
その、迷いのない表情。

デラックスうどん
900円

すごい・・・が、やってみたく・・・はない。
けど、その彼は輝いて見えました。
わたしにはできない。
一生たぶんできない。
ああいう、なんていうか、細かいこと気にしない人になってみた・・・くはない。
ちょっとうらやましい。
けど、注文しても食べきれないし、おいしそうとも思えない。
でも、すごい。
すごくおなかがすいたときに、900円のデラックスうどんを、迷わず注文できるおとなになってみたい。
(わたしは夜店でサザエのつぼ焼き3個1000円とかを迷わず注文するおとなになりたいと思って生きてきましたが、まだ実現できていません)。

7年たっても、複雑な気分のままです。

去年、アラスカへ行くときにゲート前で売店に寄ってみましたが、あのうどんコーナーはみつかりませんでした。
なくなってしまったのか、または、ゲート棟が違ったのか。
でも、そのときは座って食べられるうどん屋が売店の隣にあり、3週間のアラスカ旅行に備えて、ソウルフードであるきつねうどんを食べましたが、わりといけました。
その店にデラックスうどんはありませんでした。
デラックスうどんはやっぱり頼まないと思うけど、ちょっとわたしのことを、待っていてほしいという気分になることもあります。
けど、たぶん頼まないからやっぱり待たなくていいよね、すみません(どのみち待ってない)。
スポンサーサイト
パン焼き
ここんとこ家にずっといたので、なにか心に余裕ができたのか、久しぶりにパンを焼いてみたくなりました。
冷蔵庫にもう半年くらいほったらかしにしていた酵母を活性化することから始めなくてはなりません。
この酵母は、かれこれ6-7年前、アメリカから持ち帰ったものです。

ジョージアで子ども向け「JAPANESE MANGA WORK SHOP」サマーキャンプをしたとき、場所を提供してくれた陶芸教室のオーナーが、ケンブリッジで生物を勉強して高校の先生をやったあとに、陶芸教室を始めて、かご編みとサワードゥブレッドの先生も兼ねているという、すごい多芸な方なのでした。
ここでサワードゥブレッド半日教室を受けたときに分けてもらったもの。

サワードゥブレッドというのは、小麦粉やライ麦粉と水だけの、とてもシンプルで原始的な酵母で作る、ちょっとすっぱい風味のあるパンで、特にサンフランシスコの名産品?です。
わたしはもう、これが好きで好きで、、、日本では、天然酵母パンはかなり多くなってきたけど、この、すっぱい風味がいまいち好まれないせいか?なかなか手に入れることができません。
通販なんかではあるようなのですけど、パンをわざわざ買いに行くのはいやだ、という、ほんとにもうどうでもいいこだわりがあって。。。近所で買う、または、ついでがあったので寄る程度みたいな、なんかパンってそんなかんじであってほしいのです。
おいしいパン屋さんにめぐりあったらすっごくうれしくて、でも、電車やバスに乗ってまで自分では行かないけど、他の用事でそのあたりに行くときはきっと寄るし、買って来てくれる人がいたらすっごくうれしい、でもなければ別にコンビニで「超熟」でいいみたいな、パンじたいに関してはその程度のパン好きってことです。

わけてもらった酵母は、白い小麦粉から作ったニューイングランド生まれの「白子」と、ヨーロッパ生まれのライ麦酵母「黒子」(名前はわたしが勝手につけました)で、ジョージアからタッパーとジップロックに入れられて、アムトラックでの4日間大陸2/3横断の旅と太平洋飛行にも耐え、無事日本入国を果たしました。
空港でもし手荷物全部開けられていたら、絶対別室行きだったでしょう(どろりとした白い/薄茶色のヨーグルト状物体)。
白子はわたしはその後だめにしてしまい、黒子も、いちど自家製で粉から酵母を起こしてみたときに、アメリカ生まれのと混ぜちゃったのでハーフになりました。そして、あちこちに養子縁組みをして分けたので、まんがいち、うちのがだめになっても大丈夫です(いちどだめにしたことあり)。

左のタッパーの子がうちの黒子。
img20070714001330937.jpgBREAD1.jpg
習ってきた焼き方でも、なかなか失敗することも多くて、いろいろ試行錯誤してきましたが、最近は「こねない」「混ぜるだけ」で、いちど作った生地を2週間冷蔵庫においとけるっていうのがとても楽で、こればかり。
小麦粉と、半量のぬるま湯を用意(今日は2カップ小麦粉と1カップぬるま湯)。元気な酵母カレーのスプーンこんもり大盛り1杯程度をぬるま湯にざばざばと溶かします(ドライイーストだったら、小さじ1/2くらい)。紅茶のスプーン半分程度の塩を小麦粉に混ぜておいてから、さっきの酵母湯をどばっと入れて、スプーンでかき混ぜます。だまや、粉気がなくなるまで混ぜたら、軽くふたをして室温に置きます。以上。
上右は、混ぜた生地をひなたに置いているところ。
下は、ぷくぷくとふくれてきているところ。気温によるので何時間、というよりは、適当に2-3倍になったらよいです。寒かったら5-6時間とかかかりますので、適当に。途中で眠くなったり、出かける時間になったら冷蔵庫に入れておきます(続けたいときはまた室温に出す)。
BREAD2.jpg
半分くらいをナイフで切り取って、小麦粉いっぱいつけた手でまるめて(すごく水分量多いので、べたべたしますが、だらーとなったところをまるめこむかんじ。または、この前にいちど冷蔵庫に入れとくと、ちょっと扱いやすくなります)、粉をたくさんふった台に30-40分くらい置きます。
BREAD3.jpg
ナイフで切れ目を入れて。。。
BREAD5.jpg
230度のオーブンで焼きます。ピザストーンがあると底がカリッと焼けますが、オーブンシートでもよいと思う。楽なのでよく使うし、または粉をふったパイ皿とかで発酵させてそのままオーブンに入れても楽。
ちょっとこげました。
BREAD6.jpg
さめたらスライスして、冷たいおいしいバター(加塩)を塗って食べるのがいちばん好き!
BREAD7.jpg
このちょっとすっぱい風味のあるパンには、バター、チーズなど、塩気のある乳製品がめちゃめちゃ合います。

残った生地は、タッパーに入れたまま冷蔵庫で2週間保存可能。パン焼きたいときは、生地取り出してまとめてしばらく室温に置いて焼けばよいだけ。といっても、失敗することも結構あるんだけど、そこは生き物(酵母)とのお仕事。
だれちゃった(過発酵)生地は、ぺたんと押しつぶして、ピザにしちゃうとよいです。

1月も終わります。
L1060675.jpg
今年お初の梨。梨はよのなかでいちばん好きなくだものです。
くだものはたぶんぜんぶ好きだけど、皮むくのがめんどくさいのは買わないかな、オレンジとか。誰かがむいてくれるなら、なんでもうれしくいただきます。
りんごなんかは皮のまま。秋から春にかけては、非常食としてりんごをいつもかばんに入れてでかけています。
梨は皮むくのもいとわないほど好きなのです。

梨はとくに出回るシーズンが限られてるのも好き。びわとか、いちじくとかも、そんな理由で好き。出始めの青い小さいすっぱいみかんも好き。あのみかんを見るとなぜか、もうすぐ運動会だなって思ってしまう。
先週末、すいかを今年お初にごちそうになってうれしかった。すいか、あのでかさってすごい、偉大なたべものだ。
1年半にいちどくらいの割合で(ハンパな・・)胃をこわすのですが(たいがい食い過ぎによる)、そういうときも、りんごジュースとりんごだけは食べられて、優しく回復(腹)のお手伝いをしてくれる。偉大。

最近パイナップルが葉っぱをすっかり刈り取られてスーパーに並んでるのをよく見かけるのですが、気持ちはとってもよくわかるけどちょっと寂しいわたしです。なんといってもあの姿はかわいくない、不憫。パイナップルっていう、特別な南国のフルーツという気持ちがもりあがらない。

これから犬散歩、ついでにコンビニでアイス。もうそろそろアスファルトの熱気はさめただろうか。
そして仕事。

monmonbweets(monmonbooks+tweet)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
ばたばた散財その2/食う編
ゼミ遠足の日のおひるは、中崎町の「カフェ太陽の塔」にて、塩焼き豚野菜温玉のせ丼。
(写真はすべてクリックで拡大)
L1050613_20100623001301.jpg
土曜日のおひるは、谷町九丁目のロシア料理屋さん「パントリー」にてAランチ。
L1050651.jpg
グラスと見比べていただくと、このプレートのでかさが想像できると思うのですが、これで800円は安い。とってもあっさりしたお味のボルシチ(ロシア料理の本でみたとおり←失礼、野菜が千切りになっていてちょっと感動。サワークリームを混ぜるとローズピンクになるのもお約束)、ビーフストロガノフ(ハヤシライス的なのだと今まで思っていたら、牛肉やマッシュルームや玉ねぎなどをホワイトソースで煮込んだようなお味、そしてスパゲティの上にのっかっている)、ピロシキ(焼きピロシキがマッシュポテト入り、揚げピロシキがひき肉入り)、そしてサラダ。ていうか、Bランチはボルシチとピロシキ2個とサラダで500円!安すぎ。
こんどはディナーで行きたいと思います。ロシアの発酵飲み物クワスで仕込んだスープとかあるらしい・・・。
関係ないけど、マトリョーシカの爪楊枝立て。頭につきささってるようでかわいい。
L1050652.jpg
そして、友人にからほり(谷町六丁目~九丁目界隈)を案内してもらったんですが、まずは味噌あん最中屋さん「一吉」(ひとよし)へ。
L1050654.jpg
昨日のエントリの最中の写真、味噌あんにワンポイント、なにかがあるのがおわかりになると思います。これはなんと、甘く煮たごぼうなのです~。このほか、いちじくが入ったあんもありました。わたしはオートミールクッキーもこうにゅう~。
L1050741.jpg
バナナケーキもうまそうだったし、もうじき、豆乳のアイス最中もはじまるそうで、これはまた行かねば・・・。とてもきさくな女の方がおひとりでやっている小さなお店なのですが、次々とお客さんがお店の外で待っていて途切れることがありませんでした。誠実なものはやっぱすてきです。
そして2階がカフェになっているパン屋さんLEAI(ルアイ)にておやつ。
L1050663.jpg
ううー、なんかもう女子力満開なこのパフェ、シアワセ。中はいちご、シャンテリークリーム、アイス、アイス、クリーム。堪能しました。1階で買って帰った香草入りバターのパンもくるみパンもブラウニーもうまかった。家で一日でなくなりました。
明日は街歩きをアップの予定、つづく・・・

イラストレーションな日々(成安造形大学イラストレーション領域日常ブログ)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
保存食
今週は火曜日から、授業、飲み、授業、特別授業のアテンド、飲み、授業、会議、飲みという3日間。でも、ほんとは今日だった会議をゆうべしちゃったおかげで、わたしは今日がお休みになりました。
ただ、ゆっくりできる日は、エンジンがかかりだすのがどうも午後3時すぎてしまう。ゆっくりといっても、このところ家でぼんやりしてるとへこみがちなので、例によって5時くらいから家を脱出、近所のパン屋カフェとファミレスをはしごして夜中まで、持ち帰った仕事の整理とじぶんの制作のメモ作り。外にいるとちょっとはしゃんとしてられます。6/20のオープンキャンパス以外は週末わりとゆっくりできそうだから、この際、毎週末旅にでも出ちゃおうかと計画たてたり。
パン屋のカフェは夕方早いめまでは、おやつや小腹がすいた人で混んでるけど、夕飯どきから夜はすいているので長居してもあまり悪いなあと思わずにいられる。そこが9時に閉まる前に同じビル内のスーパーで買い物して、本屋をぐるりとまわってたいてい衝動買いして、それから、夕飯ラッシュが終わって少しすきはじめたファミレスに。
外しごとのときは、必要そうな資料や資料本もいちおう持って出るのですが、これにipadが加わったために、より外で仕事しやすくなってヤバいです。
関係ないけど自分としましては、ファミレスとかパン屋カフェでipadこっそり見るのはいいかんじなんですけど、スタバやタリーズではちょっとはずかしい。意識しすぎでしょーか。

ipadといえば、今週はこれでなんと授業もしました~。
毎期、実用イラストの授業で動画を見せて各自メモをとって1枚ものに仕上げてもらうというのをやるんですが、去年度まではプロジェクタのある大きな教室でやっていたのが今期から普通の教室になったので、どうしようかと思っていたら、ipadがあるではないですか!
やっぱ画面が小さいので20数名にいちどにというわけにはいきませんが、8名くらいずつ分けて見てもらうかんじにしてなんとかできたかな。
ゼミでも起動してみたのはいいけど、このときは目的のサイトが一部フラッシュで作られていたせいか、見せたかった画像をうまく拡大して見せてあげられなかった。あとでよく考えれば、ほかの手もあったんですが。。。
学生に、「いつのまに先生そんなにデジタル化したんですか」(わたしのデジタルレベルの低いのは有名なので~。とくに4年ゼミ生にはデジタルのことは一切わたしに聞かないようにとあらかじめ言い渡してあるし)と言われたけど、これはたぶん、わたし程度の者がこうやって使うっていうことが「普及」ってことなんですよね。テレビなんかではipadは高齢者にうってつけ、とかってニュースで取り上げられていたけど、まあそういうことです。

ところで今週あたま、ついそのかわいさに負けてパックで買ってしまった実山椒(スーパーで見かけるのは1年のうち、ほんの1~2日だけ)。あちこちのサイトで調べて結局塩漬けにすることに。
塩漬けだとずっと保存できるし、思いたってから佃煮やちりめん山椒にもできるし、パスタとか麻婆豆腐にも使えそう。
うわさには聞いていたけど、枝をとるのが大変だった。ほんとに数時間かかりました。単純作業はかなり好きなほうなわたしでもちょっとめげそうになりました。

枝つきの実山椒はすごくかわいい。
でもだいたいなんでも「実」ってかわいいなあ。。。
(写真はそれぞれクリックで拡大)
L1050370_2.jpg
枝を一応きれいにとったらこんなかんじ。
L1050400.jpg
うちの(そんなに数はない)保存びんコーナーに仲間入り。
L1050480.jpg
左手前から3年もののレモン酒、夏みかん酒(このふたつはロンリコでつけてます)、その奥がミニきゅうりのディル・ピクルスで、真ん中の小さいのが実山椒の塩漬け、その奥が日本酒でつけてるびわ酒、右側一帯は豆類(右端の豆のびんの上にのっかってるのは関係ない珊瑚。アイスクリームみたいでかわいいのでこうやって飾ってる)。
明日は梅を買ってきて、夏のための梅ジュースと梅酒(ラムで!)を仕込むとしましょう。

イラストレーションな日々(成安造形大学イラストレーション領域日常ブログ)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
池袋のごはん
池袋で狭くうろうろして食べたものたちです。
いつも泊まるビジネスホテル韓国館のすぐ近くにあり、ずっと気になっていた中華料理屋「温州坊」。
金曜日の晩、打ち合わせのあとチェックインして10時半ごろ、入ってみました。
(写真はいずれもクリックで拡大)
ikebukuro1_20100524233241.jpg
いろいろある定食の中から、鶏カシューナッツ炒め&肉野菜炒め&麻婆豆腐の定食(ごはんとスープ、杏仁豆腐ついて850円!)。麻婆豆腐はぴりっと山椒のきいた本格派。ほかのおかずもうまかった。スープが、岩のりのようなものと、塩辛い白い桜えびのようなものがたっぷり入っていて珍しく、うまかったです!完食。
表でメニューを見て迷っていたら、ここんちの息子さんか、若いおにいちゃんがどうぞと言ってくれたんで、するすると入ってしまったんですが、このおかずも、できたぶんから順番に持ってきてくれて、おかあさんとともに、お店を出るときもお見送りしてくれて、なんだか照れました。
この日は気温も高く疲れ気味だったので、ひとりビールも。おとなでよかったと思う瞬間ですねえ、っていうか、おっさんくさい?
ikebukuro2.jpg
この生中についてきた、揚げ落花生もうまかったのです~~。

翌日は仕事のための画材を買いにちょっと駅付近へ出て、関係ないものも買っちゃったりしながらの帰りみち、「ケバブ弁当」の張り紙に目をうばわれました。トルコ料理屋さんの軒先で、ケバブサンドを売っているのですが、サンドだけでなく、お持ち帰りの「お弁当」も売っているのです。
ikebukuro3.jpg
お弁当は、ごはんの上に、そいだケバブ肉をのっけて、辛いソース(辛さは選べる)をかけて、レタスと辛いトマトソースとトマトがそえられてます。Sサイズで600円。
この折り弁当箱と割り箸が、あまりにも似合わなくて、なんだかほほえましい……。
お味はお肉の油がごはんにしみてたのがちょっとくどいくらいで、うまかったです。コンビニでエビスビールを買って、じゅうぶん幸せ。

ケバブの前には、関西にはまだないモリバコーヒーで、メープルナッツチーズケーキとコーヒーでおやつ。韓国館から駅までのあいだにあるので、時々利用します。スタバと、ドトールの中間くらいのスタンスに、フレッシュネスバーガーをちょびっとだけ混ぜたような雰囲気で、わりと好きです。安いし。
もちろん朝はいつもの韓国定食で、体力的にかなりくたばってた割には、充実した食生活なのでした。

文学フリマのお昼は、モスバーガーのホットドッグと鯛焼きを、隣で出品していたうちの学生ふたりにおごってもらっちゃってうれしかった。うまかった~。ありがたくいただきました!
帰りは品川駅で、おみやげ市場みたいなとこで買った、おにぎりふたつ(うどの炊き込みごはんと、鮭のおにぎり)と唐揚げと卵焼き1個ずつ入った小さなお弁当、新幹線改札前のカフェで買った、クラムチャウダー(S)とキャラメルナッツソフトクリームとコーヒーを持って、新幹線に乗り込みました。

新幹線では食うもの食ったらいつのまにか爆睡していて、ふと京都あたりで目覚めたら、外は暴風雨でびっくり。関西地方は今朝まですごい風雨だったけど、お昼からはすっかり晴れて、夕方の取材も楽しくこなして帰宅しました。
取材は、座禅体験。日々雑念だらけのわたしが、どう座禅をこなしたか、7月の掲載をお楽しみに……。
イラストレーションな日々(成安造形大学イラストレーション領域日常ブログ)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
ぎょうざ
L1050069.jpgL1050074.jpg
ゆうべは大学で、4年学生を中心にぎょうざパーティーがありました。
4年の学生でおうちが中国本場のぎょうざ屋さんの子がいて、家から具と皮の生地をもってきてくれて、みんなで包んで焼いて(水餃子も)食べたのです。皮の生地をのばすところからやって、三日月型に包むのですが、なかなか難しかった。でも、厚みのある手づくり餃子の皮がもちもちで、そして、この具のお肉も、ひき肉じゃなくて、かたまりから切ってたたいたものなんですよね。ほんと、おいしかった~~~。
学校の中庭のミントをこっそりいただいてきて、キューバのカクテル「モヒート」を作る先生も。あっというまに最終バスの時間に……楽しい時間はあっというまです。

そして、家へたどりついて今も仕事中~。ラフとテキストを送ってから、午後の新幹線で東京へ向かい、夜一件打ち合わせ、土曜日は宿で仕事になりそう、そして、日曜日の文学フリマにのぞみます。
文学フリマは「大田区産業プラザ」(蒲田駅より徒歩)にて、11:00~16:00。
ブースはR-10、MONMON BOOKS&PRESSで出展しております!

*大学のイラストレーションクラスでの日常を綴るブログをたちあげました。主にわたしが執筆しております。そのせいか?なんだか宴会やら食べ物やらの話ばかりという噂もありますが…、ほぼ毎日更新でがんばってますので、お時間あったら見てみてくださいね。
イラストレーションな日々(成安造形大学イラストレーション領域日常ブログ)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
韓国朝定食
毎度おなじみ(?)東京でよくお世話になっている、ビジネスホテル韓国館の朝定食です。
前夜どれだけ食べ過ぎてても、飲み過ぎてても、どれだけ遅く帰っても、朝起きて完食する(朝食時間は7時半から30分ごとの予約制)。で、ごはんのあとまた寝る。
今回のはこんなかんじでした。
1日目/上段右上から、スルメの甘辛いあえもの、こんにゃくとネギのごまあえ(ちょっとだけピリ辛)、大豆もやしのナムル、大根?のキムチ、中段左から韓国のり、野菜チヂミとたれ、下段は青菜(たぶん漬け物)のみそ汁、ごはん(おかわり自由)*各画像クリックで拡大
KANKOKUKAN2.jpg
2日目/上段右から、ズッキーニ(たぶん干してあるもの)の甘辛あえもの、こんにゃくとネギごまあえ、青菜のキムチ、豆腐の焼いたの(ポン酢のようなたれが下に)、中段左から豚キムチ、韓国のり、下段わかめスープ、ごはん
KANKOKUKAN1.jpg
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
ヴィーガン
忘れて埋もれないうちに。
早起きしてまで今回東京で行きたかったお店「なぎ食堂」。
おしつけないベジタリアン食堂。ランチの3品定食、どれも食べてみたくて3品選ぶのにかーなーり迷ってしまった。で、結局みっつとも揚げ物だった。根が貧乏性なのか、無印カフェの3品デリでも、迷ったあげく結局いつもがっつり系のものにしてしまいます(家では一切揚げ物をしないから…ていうのは言いわけか。あ、揚げ物をしないのは、あとかたづけがめんどくさいから)。
L1030077.jpg
こちらのヴィーガン(ベジタリアンことをよくそう呼びます)おかずは、右上から時計回りに蓮根の薩摩揚げ、ファラフェルの豆腐ソース、じゃがいもとほうれん草のケバブ。それにちょこっとサラダ、みそ汁(この日は水菜とお揚げ)、玄米とおつけもの。この盛りつけだと、なんだか少ないなーと思ってしまうんですけど案外食べでがあって、おかずと割としっかり味のついたおつけもので、すごいおいしく炊けてる玄米(わたしはちょい硬めが好き)をきれいに食べられるバランスでした。とくにファラフェルがうまかったな~~。
こちらの毎日のメニューを見てたら、毎日通いたいくらいです。セットで選べるドリンクは、ホットしそドリンクで。
L1030078.jpg
(未)
シャルドネとカベルネ
廃番の女なわたしですが、たまに、廃盤かあーと思ったものが復活することがあります。
先日書いたモバイルノートは、たまたまあの時期品薄だったのか、今はお店に復活していますし(よかった、けど油断できない)、しめつけがきらいなわたしやら友人たちが長年熱望していたワイヤーのない下着なんかも、無印で商品化されてはすぐになくなりを繰り返すうちにだんだんと市民権を得てきて,今や「ずっと変わらない」シリーズの仲間入り。廃盤女の声は小さいし、あちこちにばらばらとひっそり住んでいるので(たぶん)、どうもなかなか聞き届けられないんですが、同士はやっぱりいっぱいいたんだとうれしくなります。
で、最近のうれしい復活はこれ。無印スパークリング・シャルドネ。ワイン用のぶどうを使った100%ジュースです(微炭酸)。カベルネもあって、こちらは赤ワインふう。これも、なくなっては復活を数回繰り返しているような気がします。
しゃるどね

copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。