MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
8月です
8月です。
なんだか、もう、すぐ9月になる気がします。
7月

今年の夏はたしかに暑いし、じじつ自分バテてるし、なんですが、朝夕は涼しい日が多くて比較的過ごしやすいような気がしています。なら動けよってかんじですが動けてません〜。
大学への出勤は普段、3回乗り換えていちばん速い経路で行くのですが、それだと7分くらい歩くので、あえて早起きして外を歩かなくていい経路で行ったりしていました。

大学は月末のオープンキャンパスや成績つけやその他の業務もだいたいは終わり、一応夏休みになっています。が、今年は秋の原画展とか、もうひとつプロデュースをしている卒業生の展覧会の準備があり、休み中も作業が続きます。
28年間の仕事などなど、押し入れにあった原画をすべて展示する、量だけはあるという原画展になる予定でして、10/2~13(たぶん日曜と祝日が休み)です。大学にある大小3つのギャラリーとカフェのショップで開催です。

関連イベントも企画中。ひとつは10/12(金)の夕方から、ギャラリー前でビールとかあけながら(肉も焼くかもしれない)ゲストをお招きして、この30年間の同人誌やら自費出版やら仕事やら事務所やらみたいなことをだらだら話す会。
それから10/13(土)には、大学カフェのテラスで、ZINE PICNICをやります!!こちらはまた正式なリリースをしますので、ぜひ遊びにいらしてください。

*********
8/18から26まで、京都のh2oギャラリーで開催の『シルクとカッパン』展に参加します。
活版活版2
(クリックで拡大)
大きな意味での「印刷」。
シルクスクリーンと活版印刷に焦点をあて、「作品」も、より身近に感じてもらおうという企画です。
わたしは活版印刷で参加。
で、昨日、今回活版を担当される「江戸堀印刷」さんへ、印刷立ち会いに行ってきました。
IMG_4517.jpg
既に「版」ができていて感動!
A4サイズに組みこんでくれています。
IMG_4524.jpg
職人さんが「圧」やインクののり具合を何度も試してくださいました。
IMG_4522.jpg
うちの犬が。。。。
IMG_4521.jpg
版にインクがのった状態で、再度位置調整。

などなどを繰り返し、圧を変えながら、希望のへこみぐあいなどをお願いしました。
それでも1枚1枚微妙に刷り上がりが違うのが楽しいですね〜〜。

できあがってきたら、エディションを入れて販売します。

*******
これとも関連あるような、ないような、ですが、「作品」っていう単語のことを考えることが最近しばしばあって、わたしじつは自分が描いた絵のことをずっと「作品」って言ったことがないんですね。
ずっとわたしには「原稿」なんです。
「原稿」は雑誌とか本とかに載ってはじめて表に出る。
原稿そのものは基本見せるものじゃあない。

大学で働くようになって、それも美大だから、みんな描いたものを「作品」っていうことに、当初わたしはとても居心地が悪かったのです。

あ、あとは、仕事をしているあいだも、デザイナーさんにたま〜に他の作品も見せてって言われることがあり、そのつど、「ええ、『作品』って、ない。。。。」と思ったりもしていました。
『作品』って何なんだろうって思っていたんです。

大学に勤めるときの面接には、ポートフォリオを出すんですけど、そのときもまたまた「作品」ってことばが出てきて、「作品」なんてないよ、「仕事」「原稿」ならあるけど。。。。と思ったりしました。

全然違うけど、つい最近、(わたしはあまりイラスト周りのことって不勉強で知らないのですが、でも)大好きな渡邉良重さんの、というか「KIGI」っていう、渡邊さんと植原さんのデザインユニット)の本を買って(震えました〜すてき!!)、渡邊さんがデザイナーなこと、イラストを描くときには納期優先なので、そのままでは見せられないものになることもある、だけど最近、絵じたいを見せることも考えるようになった、っていうようなことを言われていて、大変かなり僭越ながら、ちょっとだけわかる、と思ったのでした。

それでもわたしはアーティストじゃないしクリエーターでも絵描きでもないんで、で、でも印刷ということに別にこだわってはいないけど、作品そのものを売るようなことってやっぱあまり考えられない。
それに、作品をのものを売るということでもわたしはやっぱり、それを買う人がいるとして、じゃあその人はその絵をどうしたいのかと考えてしまう。
やっぱり絵を買うっていうのは(いわゆる現代アートな投機とかコレクションとかじゃなければ。そして、そんなものは一部の人のものであって、たいていの人にとっては)インテリアなのじゃないのだろうか?

だからといって、インテリアとしてだっていろんな好みがあるわけです。
万人に受けるように描くというのも、ありはありだと思うし、そうじゃないのもありでしょう。
それがインテリアかどうかというのはまあおいとくとしても、ぴーんとくるものがあって、いつも見ておきたいと思う。だから買おうと思うのじゃないのかなあ。それはインテリアなのではないのだろうか。
だけど、それがポスターやポストカードでなくて、描かれた本物で1個しかないものをある程度のお金を出して手に入れたいと思うほどのものかを考えなくてはいけないのではないかと。。。。
あくまでわたしの考えですよ。

まことに僭越ながら、すてきな絵でもそこから自分が何を得たいかが、本物が見たいかどうかの判断で、それは見ないと結局判断できないから見るのですけど、アイデアがいいなと思うものはカタログを持っておきたいし、カタログでよかったと思うこともよくあります。
ただし、わたしには実はあまりないのだけど、そこにそのたったひとつの絵があることがだいじと思えるものもある。わたしにとってはMOMAにあるロスコの絵なんていうのはそれ。

イラストっていうことを考えたとき、原画を展示してみてもらうのは、わたしの考えのなかでは、原画と印刷物を比較して見てもらう以外のことは考えられない。
印刷で色が出ないとか言ってるイラストレーターって信じる気になれない。
印刷に色がしっかりでないことなんていうのは、ある程度あたりまえのことだし(わたしはそのなかでしか仕事をしていないので)、そこでどうするかを考える以外のことはしたことがない。
でもやっぱり、どのくらい違うかとか、ちゃんと色出ててこの印刷すごいなとか、そういうのはとても興味があるから、やっぱり原画を見てみたいと思う。
切り貼りのイラスト原画とか見るのはすごく好き(高野文子さんの原画見たときは、その切り貼りのすごさと印刷物の完成度の高さに興奮!!)。

こんどの原画展では、わたしのは切り貼りもないですが、人の手が入ってはじめて印刷物になっているということを見てもらいたいと思ってます。
で、活版印刷のエディションつきのプリントを販売するっていう企画は、初めてのことで、でも、1枚1枚刷り上がりが違って、でも、作家のプリントとは違って機械の印刷で、だからお求めやすいお値段で販売、という趣旨は、なにか、ちょっと次のステップが見えるみたいな感触がありました。

twitter(ツイログ)monmonbooks
7月になってます

7月になっております!
7月のあたまに、トートとテューテ展が終わり、翻訳仕事が手を離れ、7/5に『笑って自由研究 お金工場でびっくり!!』が発売となりまして、一段落した感で、1週間ほどフヌケ状態になってました〜。

お知らせとしましては、2月から延々と開催中の(ありがとうございます!!)丸善ジュンク堂梅田店でのMONフェアが、いよいよ7月いっぱいまでとなりました。

翻訳絵本は10月に岩崎書店さんから発売となります。
サッカーが大好きな女の子の話です。

『笑って自由研究 おかね工場でびっくり!!』は、こちらです!
JIYUUKENKYUU.jpg

アマゾンはこちら!

これからの予定です。
8月に京都で開催予定の、「シルクとカッパン」展に出展の予定です。
シルクスクリーンと活版印刷の作品を集めて販売する企画で、
わたしは活版印刷に挑戦します。

9月1〜3日に広島の昴珈琲店1959店でのZINEイベントに、フリーのミニZINEを出します。
MONMONBOOKSのBERKELEY本は販売の予定です。

詳しいことはまたアップいたします!

10/2-13に成安造形大学にて原画展とトートバッグ展示販売を開催します。
関連イベントも、いろいろ企画中です。

その他イベントは、
9月は9/2がコミティア(東京ビッグサイト)、
中旬が未定ではありますが東京アートブックフェア、
10月は10/14が関西コミティア、
11月が11/10,11にデザインフェスタを予定してますー。
5月になりました。。。
4gatu
うう、ぜんぜんブログをアップできないまま5月になってしまいました。
今年も気候的には春や秋がなくて、とつぜん冬から初夏になってしまったかんじですが、山は新緑でもこもこ、好きな季節です。

さて、新刊のお知らせをします!
monmonbooksの新刊は、いつものシリーズより大きいA5判(倍の大きさ)で、フルカラー40ページとなりました。
写真とスケッチで、2月に2週間滞在した、カリフォルニアのバークレーのレポートです。
あまり、ああしたこうしたという動きではなく(じっさいあまり動かなかったし、そういう旅だった)、見たもの、食べたものなどなどを、そのままお見せしたくて、こういうかんじでやってみようかと思いつきました。
カバーはこんなかんじ。
(画像はすべてクリックで拡大します)
ばーくれー本カバー
なかみはこんなかんじ。
ばーくれー本2
スケッチはすべて、滞在中合計6度通ったファーマーズ・マーケットでみかけた人たちです。
エコバッグやかごを持ってる人たち、色あいがおしゃれでついみとれた人たち。
人のスケッチが33人、写真は104枚(たべものが圧倒的に多いですが、町の風景や、気になったものなども)、料理のイラストが8点。プラス、各ページに、メモをちょこちょこと書いてます。
それから、ちょっと言い忘れたことがあって、おまけのペーパーも作りました。こちらはレトロ印刷さんで2色印刷、機内食のスペシャルミールのことについて書きました。

じつはまだ手元に本ができてなくて(汗)、5/5コミティアの前夜に届くという、ぎりぎり綱渡りなスケジュールになってしまっております。
MONMON BOOKSのサイトへアップ&通信販売のお取り扱いは5/8以降になると思いますが、またお知らせしてゆきますので、どうぞよろしくお願いします。
また、5/5(土)にコミティア(東京ビッグサイト#ね55a)、5/6(日)に文学フリマ(東京流通センター#ウ29)、そして関西コミティア(天満OMMビル#O-03)におりますので、遊びにいらしてください♬

それから、もうひとつの新刊。
主宰して活動しております同人誌トイロ・ト・トイロの11号を作りました。
今回は「クラフトイロ」としまして、全ページ切り取って折って組み立てて遊べるものです。
torio1.jpg
(↑撮影/原公香)
参加メンバーは11人、切り取って遊べるものというシバリになかで、ほとんどダブりなくバラエティに富んだ内容となりました。
立体ペーペークラフト、レターセット、シールブック、きせかえ、、、、わたしは、じゃばらに折って一気に切るって広げるオーナメントを3種類作りました!
詳しくはこちらのサイトをごらんください。立体できあがりの画像も続々更新中です。
こちらも、コミティアと関西コミティアに、MONMON BOOKSのお隣で出ています!!
会場では実際に作られた立体も展示して販売予定♬

そして、いま本1冊分イラストの仕事を進めているのと(こちらは5月なかばには全て閉め切り、本が出るのは7月)、絵本の翻訳(こちらも初回〆切は同じく今月なかばですが、手直しなどしていきながら、発行は秋の予定です)を進めています。

***
4月がばたばただった理由は、やっぱ大学が始まって授業準備などがあったりしたのもありますが、まあ、それはわかっていたことで、いちばん大きかったのは、プロとしてマンガ家デビューをした卒業生10名の原画展をいま大学でやっておりまして、この準備でした。
「成安発!フレッシュマンガ家原画展」
成安造形大学内ライトギャラリーにて
(ただいまGW休館中。5/7-12)
特設サイトはこちら
様子はこちら
もちろんわたしよりも、同僚やアシスタントさんのほうが数倍働いてくれたわけですが、キャパの狭いわたしは、ばたばた。。。。4/29の大学のオープンキャンパスには出展作家のうち4名が来てくれてトークショーも開催しました。
ついこのあいだ卒業した子から、5年前の卒業生と、20歳代前半の人たちなのでしたが、やっぱり学生のときとは違って、プロとしての仕事をするようになり、しっかりしてきているのを感じられてうれしかったです。と、いまだにしっかりしてないわたしが思います。

***
このあとは、若い友人ふたりとの企画でトートバッグの展示を(ドイツやアメリカで買ってきトートとそのストーリーを展示&オリジナルトートの販売)大学と大阪で6月に、そして10月に大学で、ちょっと大きな個展(原画展)も予定しています。
詳しくはまたお知らせしますね!!

あ、あと、大阪梅田MARUZENジュンク堂のMON展も、まだ続いてます~~~♬

TWITTER-monmonbooks
3月も半分すぎてしまいました~
201202
やっと月極画像を更新しました。

2週間のアメリカ滞在から帰って来て10日。
やっと時差ボケがなおってきたかんじです。

本来ならば、東方向へ移動したときの時差ぼけがきつくて(たとえば日本からアメリカ)、その逆はたいしたことないと言われますし、今までもわりとそうでした。
わたしはそれでもあまり時差ボケって、ひどいのは一度くらいしか経験がありません。
それは日本からニューヨークへ直行で行った時(午前中到着の瓶)だったので、それ以来、直行で行くのはやめ(帰りにサワードゥ・ブレッド買いたいからとか、いつも使うユナイテッド航空で関西からニューヨークへ直行便がないという理由もありましたが)、サンフランシスコやロスで乗り換えて、わざと長い時間かけて行くようにしたりしていました。
といっても、今回は関西からサンフランシスコなので、ちょっと心配してましたが、向こうでは大丈夫だったんですよねえ。

帰って来てから、どーしても夜9時ごろ、一服盛られたかのように眠ってしまい、夜中3時くらいに目がさえて起きてしまうのが続いてました。
数日飲みが続いてようやく、まともな生活(といっても、わたしの日常なので、夜中の2時以降に寝るみたいな)に戻ったかと思ったのですけど、どうも睡眠が細切れで、すっきりしないのでした。

戻って10日目の今日は、久々にたっぷり眠れたし、外を見るとすごく良いお天気なので、いろいろとアドバイスいただいたなかにあった、「強い光にあたる」というのを実践すべく、さっそく犬散歩かねて、おひさまにあたってきました~。
これですっきりするといいな。。。。

さて、仕事まわりでは、MARUZEN&ジュンク堂梅田店での展示は継続中、それから、『女のコだもん!! からだと心のハッピー・ノート』発売中です!!

それからアメリカ、バークレーでのいろいろをまとめた本を4月末からのイベント三連チャン(4/28に広島・呉での一箱古本市に出展、5/5のコミティア、5/6の文学フリマ、5/13の関西コミティア)に出品すべく、構想中です。
今までのシリーズとはちょっと違う、判型を少し大きめに分厚くした本にしようかなあと思ってます。
2012年になりました!(遅い)
すっかり遅くなってしまいました。
2012年になりました。

2012newyear1.jpg
(クリックで拡大)

思えば、去年はニューイヤーカードを作れないままでした。いろんなことがよせてはかえし、よせてはかえし、というような年でした。
社会的にも自分的にもいろいろあって。。。。社会的なことについては、とにかく続いているということを、いつも考えてなければと、思う。
昨年自分的に「終了」したことがいくつかあった。秋からこちら、いまだ直面できてないこともあるいっぽう、年の前半、失ってはじめてどうでもいいことだったんだって気づけたこともあったのはよかった。
ほんとに楽しい会話や、うれしい人やものごととのつながりや出会いもたくさんありました。だいじにつなげていきたいと思います。
これだから、もう少しは生きていたいし、飲みたいと思うよ。

イベントや製作については、秋頃まで突っ走りすぎて、年末トーンダウンしてしまったかんじ。11月、12月は、ブログもあまり書けないままでした。
ちょっと思いついたことはtwitterで書いてしまうからっていうのもあるんですが、自分のためにも、ちゃんとこちらをアップしていこうと思いますので、本年もどうぞよろしくお願いします!

・仕事については、来月上旬にひとつお知らせの予定!
・今月中旬に、ちょっとした個人イベントについて、お知らせができる予定です。
。。。すいません、もったいぶって。仕事については情報解禁が2/5と、イベントはまだ詳細が確定してないので。。。。
・今年初のイベントは、2/5のコミティア(東京ビッグサイト)。秋に作った新しいトートバッグを持って行こうと思います。
・2月中旬から2週間ほど旅に出る予定♡レポートをお楽しみに~!
・そのあとは、5月に、またまたコミティアと文学フリマ、デザフェスも出展の予定、そして秋口に、個人的なイベントを予定しています。

・映画は、年末に見た『宇宙人ポール』がとってもおもしろかったので、近々、感想を書きま~す!(ネタバレするとまずいので、どう書こうか考え中。。。。)。
12月になりました


12月になりました。
今年もあと25日。
どうしようって、毎年言ってます、この時期。

引き続き、文庫の仕事してます。
今日は本文テキストの入稿がとりあえず終わり、イラストコラムとマンガのラフを猛ピッチでやっております。
猛、です(うう)。

さて、今年さいごのイベント、「三条富小路書店2」に参加しています。
京都三条富小路にあるギャラリー「h2o」にて、開催される、2週間限定の書店。
monmon booksは、13種類の冊子を出展しております。
(画像はすべてクリックで拡大)
8EO8FF095x8FAC98H8F9193X2838183C8393.jpg
サイトトップの画像、フライヤー画像にも、monmon books登場しております。
こんなところに?という路地を入ったところにある、とってもすてきなギャラリーです。
京都観光といっしょに、ぜひお立ち寄りください♡

ギャラリーh2o
京都市中京区富小路通三条上ル福長町109
・地下鉄東西線「京都市役所前」徒歩5分
・地下鉄烏丸線「烏丸御池」徒歩10分
・電話 075-213-3783
・FAX 075-254-8038
・Open 12:00-19:00
・休廊日 月曜日
11月になりました

ああ、11月ももう8日になってしまっていました。
コミティア、文学フリマ、「おもちゃ工場のなぞ!!」発売、成安造形大学での令丈ヒロ子先生公開講座と続き、あたふた、あたふたと日々が過ぎていってしまっておりました。
今週末はデザフェスです。
日曜日に、バッグのシルク作業をこれまた、ばったん、ばったんとしていました(鶴の恩返しふう)。
マシーンになって刷りまくり、アイロンがけ。
(画像はすべてクリックで拡大)
bag1_20111108213659.jpg
こんな版で刷っていきます。
bag2_20111108213714.jpg

今回はブースが狭いので、漢字のバッグを中心に、カラーのを少しだけ持って行きます。
まだ壁面のレイアウトをちゃんとしてないので、何枚飾れるかによるかな。
なんにしろ、今日これから漢字&犬の新作図案を作って、また明日刷ります。

昨日今日は、仕事の取材でした。
取材先でみかけた「顔」。
上下にダブルであるのがカワイイ♡
kao.jpg

デザフェスが終わったら、今年の行商イベントは終了。
その後、来春目標の本の仕事に本格的に入ります(昨日今日取材したのとは別)。
スケジュールとしては、12月あたまにいったん〆切があって、そのあと年明けにもう一度〆切というかんじで動くので、できたら12月なかばあたりに、2-3日おやすみとって、ゆっくりな旅がしたいな。。。。
観光とかせずに、目的なくうろうろと知らない町を歩いたり、海とかをながめてぼんやりしたり、ゆっくり本とか読むような旅。
10月になりました


10月。
あと2ヶ月で今年も終わりだなんて、なにかの間違いでしょうなんてことを毎年もう、何十年思っていることでしょう。学習しないとはこのことですね。でもまあ、そんなもんですね。
ここんとこ急に涼しくというか寒くなって、長袖やおふとんや、あったかい飲み物を急遽補充しています。

寒くなると、コーヒー、紅茶にはミルクを入れたくなる。
はちみつとか入れた甘いのが飲みたくなる。
ココアとかチャイとか濃いめのが飲みたくなる(日本茶は昔から玉露はきつすぎて苦手だったのだけど、なぜか最近、濃い緑茶も苦手になってきてしまった。香りは好きなんだけどなあ。。。抹茶や焙じ茶や玄米茶は大好きです)。
今日は、粉末のロイヤルミルクティーを買ってきました。寝しなの一杯には、こういうあったかい飲み物に、ちょっと(ちょっとじゃないという噂も)ラムを入れます。
木のおさじでふーふーいいながら飲む。

濃い飲み物というと、アメリカで友人に作ってもらった濃厚なエッグノッグを思い出します。
あれ以上濃厚な飲み物に出会ったことがないってくらい濃厚で、アルコールがすごい入ってた。

●エッグノッグの作り方●
ミルク 1カップ
卵の黄身1個よく溶きほぐす
砂糖か蜂蜜、お好みで
ダークラム、お好みで
もっと濃厚にはミルクの半量を生クリームに
お好みでシナモンとかナツメグとか

ぜんぶをまぜます。

ラムじゃなくてブランデーとか、チャンポンてなレシピもある。。。。

ただし、アメリカでふだん売ってる卵って、生食しないようにって言われてるんですよね。アメリカにいたときは、なんとなく卵かけごはんはしないようにしていました。
エッグノッグに関しては、お鍋を弱火にかけて、少し火を通すレシピもあるようです(ミルクと砂糖といっしょにもったりするくらいまで弱火でかきまぜる。あっためすぎるとかたまっちゃいます)。
すでにエッグノッッグとしてパックされてるドリンクは、なにか殺菌みたいのしてあるんでしょうね。なんせ、溶き卵のパックを売ってるお国柄(ほんとの溶き卵と、卵アレルギーの人のためのものがあります)。

少しレシピを調べていたら、ホット・バタード・ラムっていう飲み物があって、これは、熱湯とバターとダークラムとお砂糖をまぜたもの。
熱湯をホットミルクにしたら、ホット・バタード・ラム・カウとなるらしい。
わたしは、かんたんに、ホットミルクにはちみつとラムを入れるのが好き。生姜を入れるのもいいですねえ。
クリスマスあたりの飲みものでもありますが、風邪ひきさんの飲み物でもあるみたい。卵酒みたいなもんで、まあ、アルコールで眠って栄養で回復するということですね。

そういえば、寒い季節のレシピ本を作りたいと思いながら2年たってしまった。
考えようっと。

***
今後のイベント出展予定ですが、
10/16(日)関西コミティア(大阪OMMビル)
10/30(日)コミティア(東京ビッグサイト)
11/3(祝/木)文学フリマ(東京流通センター 第二展示場)
11/12,13(土日)デザインフェスタ(東京ビッグサイト)

となります。
デザフェスは、バッグをメインの出展です。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
9月になりました。
BLOG-8.jpg

9月になりました。ただいま台風接近中。
そしてただいま絶賛仕事中。
来週末にはかたがついてるはずですので、またそのころ詳しくお伝えします!

**

9月1日から5日まで、書籍『リトルプレスをつくる』著者の石川理恵さんが、葉山のギャラリー『HOUSE 1891』にて開催の『5 days 5 hours』という月例イベントで、リトルプレスのブースを出されます。
ここでmonmon booksを委託で出させていただいています。
石川さんの在廊日は9/3。
20110901-05.jpg
サイトの写真で見るだけですが、すてきそうな場所。。。。
お近くのかた、ぜひ。
インフォメーションはこちら
アクセスはこちら
8月になりました
7-2011.jpg
8月になりました。
このところ、暑いのは暑いのですけど風かあり、夜中は結構涼しいので助かってます。

だいぶ日にちがたってしまったんですが、THE TOKYO ARTBOOK FAIRで、同時開催されていた、スケーターZINEの展示のようすです。
(画像はすべてクリックで拡大)
1-1.jpg5.jpg

わたしは割と空間恐怖症的なところがあって、壁ががらんとしてると落ち着かなくて、部屋の壁には写真やらポスターやら娘のちっちゃい時の絵やらレントゲン写真やら帽子やら、ごっちゃりあれこれ貼りまくっています。
大学の展覧会やギャラリーで、1段掛けで絵を飾ってるのを見るとつい、上下のスペースがもったいない~と思ってしまうので(すいません)、全然違うけど、天井までそれも互い違いに5~6段掛けになってるイタリアやフランスの美術館とか結構好き。
というわけで、こういう展示は好きなのだ。もちろん絵画じゃないというのもあるだろうけど。テーブルの展示もおもしろい。こういうのやりたいな。
壁に直接キャプションを書いてあるのもおもしろかった。
このグリーンのクレヨンで書かれたキャプション、FAIR全体がこのイメージで統一されてました。
3_20110804202328.jpg4.jpg
こちらはスケーターZINEのコレクターのかたのトーク。
2_20110804202328.jpg
1980年代の西海岸発祥のZINEカルチャーっていうことなんだけど、やっぱインターネットがない時代に、あの広いアメリカで、スケートボーダーたちが、小切手のやりとりとかでZINEで情報交換してたということで、シカゴのスケーターZINEとか、ニューヨークのとか、いろいろあった。
ネットでも、twitterはなんか口コミみたいでちょっとおもしろい。わたしは電子書籍の書籍の部分には懐疑的だけど、zine的という意味ではブログもそうだと思う。でも、ぺらぺらのものでも紙の本にするときには編集をする。そこが大事なような気もするんです。ネットでも編集ということはあるけれど、ちょっと違う。
えっと、でも、今日はそういう話題じゃないので。。。

さて、あとは、ART BOOK FAIRからこちらの、モノ、コト。

これは、ARTBOOK FAIRのときに、読者のかたが持って来て見せてくださった、むか~~~し、モーニングでプレゼントに作ったアロハシャツ!これは、いろんな俳優さんの顔のプリントで。。。。たしか、ルトガー・ハウアーにシャルロッT-・ゲンズブールにウイレム・デフォーあたりだったか。。。
襟のあたりがすりきれていて、ちゃんと着てくださってたんだなあと大感激!!ありがとうございました。
8.jpg

「アメリカまるかじり」のときの編集さんと上野にゴハンを食べに行った時、ちょっと迷ってうろうろしたそのときに正面にあった建物、看板には「モン」。なんという偶然でしょう!
閉まっていたけど、ふだんは何屋さんなんでしょ。喫茶かバーかな?ていうか、やってんのかな。
6.jpg
そのあと上野、アメ横のお店はもう閉まっていたけど、なんかこれ。。。。たら子だけが、子が漢字なのが気になって。。。。。
7.jpg

そして、こちらはART BOOK FAIRのときに来てくださった知人が持って来てくれた梅ジャムで作ったヨーグルト・パフェ。
9.jpg
味が濃く酸味があっておいしかった!ありがとう!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.