MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
韓流ドラマ・ポストカード『3度結婚する女』
BS朝日で放映中の韓流ドラマ・オリジナルポストカードのイラストを担当しました♬
番組サイト「韓ドラの箱」にてプレゼント告知中です。
HANRYU_20150702002310a9d.png
文庫版『おしゃべりニューヨーク』と仕事のいろいろーその1
文庫版『おしゃべりニューヨーク』第一巻・上陸編が発売となって数週間たちました〜〜。
先週末まで、第二巻・生活編の書き下ろし分をやっておりましたが、無事校了。
こちらは12/18発売になります♬

上陸編の書き下ろし分は、イントロまんが(単行本のときの一巻のイントロまんがを、アップデートして書き直したもの)、見開き2ページのエリアガイド7つ(ひとつは1ページ)、巻末のエッセイ&イラスト(単行本時の書き下ろしとして掲載されたものをもとに、書き足し、アップデートしてまとめました。イラストは書き下ろし)です。
生活編の書き下ろしは、食べ物に関するイントロまんが、めちゃかんたんなスイーツレシピ(『アメリカまるかじり』や『はらぺこキッチン』などを読んでくださったかたには、おなじみというか、これしかないのか!って、あいかわらずのレシピですが、、、、汗)を6つ、巻末のエッセイ&イラスト(クイーンズとブルックリンのエスニック食べ物について)です。

***

文庫としてまとめるにあたって、やっぱ一応20年程度前のものなので、ひとつひとつに掲載年月日なんかを入れたほうがいいのじゃないかとも思ったのですが、内容はほぼ、情報ではなくエピソードなので、とくにその必要はないのじゃないかということになりました。
ということ、編集さんに言っていただけて、嬉しかった。

さすがに、ポケベルのこととか、今もうわかんないようなページは削除しました。
当時はネットもなく調べきれてないところもあり(雑誌掲載時も調べましたし、単行本になるときは校正も入っていたのですが)、今回改めて,細かいところまで全て調べていただいて、かなり修正もしました〜〜(汗汗)。

なんせ、書き文字が多いので、当時単行本になるときも、ペンと修正液を持って、集英社の会議室に一日こもり、赤字のびっしり入った原稿にアナログで修正を入れてったことを思い出します(5巻、それぞれ)。
書き文字の、てん、とか、ハネとかも、修正(今回の書き下ろしもですが)しながら、各ページのタイトルもその場で考えながらつけて(雑誌掲載時には、その号のテーマタイトルはついてなかったので)、書き文字タイトルその場で書いたっけ。。。。

前の単行本は5巻あるんですが、そもそも連載が、月刊誌に毎月2ページ&隔月刊の増刊に4ページずつという、ゆっくりペースでして、単行本1巻分がたまるのに2年半かかったんですよね。

『おしゃべりニューヨーク』を連載していたYOUNG YOUは、今はもうなくなってしまったのですが、とても思い出深い雑誌です。
なんせ、創刊からラストまで、たぶんすべての号に書かせてもらってた(たぶん)し、執筆されてるマンガもみんな大好きでした。
自分のはまあおいとくとして(汗)、載ってるマンガはどれも、少しずつ挑戦的で、おしゃれで、おもしろかった。少女マンガが大好きなおとなのための、でもレディースコミックじゃない微妙な層(年齢が、というわけではなく)向けで、自分も大ファン読者でした。

創刊時からしばらくは、東京の近所でみかけたことなんかをエッセイで書いていて、そのうち、キャラのネーミングだけを資生堂だったかの商品とタイアップした「パーキーちゃん」というシリーズを、他のマンガ家さんから受け継ぎ、食べ物エッセイ(だっけな)を描いていました。
その途中でNYに行く事になり、キャラはそのまま受け継いで、タイトルと場所と内容が『おしゃべりニューヨーク』になったというわけです。
『おしゃべりニューヨーク』の、くるくるヘアスタイルは、パーキーちゃんっていうキャラのために考えたものでした。

(続く)
ぱらぱら絵本『黒犬とのくらし』
「さるやまハゲの助アプリ」略して「さるプリ」というiPhone&スマホ用アプリにて、ぱらぱら絵本『黒犬とのくらし』の連載を始めました!
icon.jpg

まず、「さるプり」無料ビュウアーアプリをダウンロードします。
ダルンロードはこちらから
1

アプリの公式サイトはこちら

「さるプリ」は、いろんなゆるネタ(小説〜マンガ、しりとりから動画などいろいろ)を、チケットを購入して読むというアプリなんですが、どのネタも初回は無料&アプリをダウンロードした時に3チケットがついてきますので、4ネタは無料で読めるということになっております(購入の場合でも、10ネタ85円)。

さて、しりあがり寿さんのオープニングページが終わりますと、シリーズごとのアイコンが並ぶページになりますので、ちょこっとスクロールしていただくと、『黒犬とのくらし』が現れます。
(画像はクリックで拡大)
2
まんなからへんをクリックすると、『黒犬とのくらし』ページになります。
いままだ1話しかないので、アイコンが1個です。
初回は『雨ニモマケズ』です。
3
画面をタップすると次の絵が現れるという、パラパラマンガのシステムなんですが、わたしのは動くというよりは、タップして読み進む「ぱらぱら絵本」「ぱらぱら紙芝居」といったかんじかな〜。
4

今回はちょっと文字があるんですが、ないものもこれから登場します。だいたいどれも、12〜16コマです。
monmon booksの『はるのおくりもの』をベースにしていますが、全部新しく展開して描きおこしました♬
いまのところ、全9回になる予定。その後、別のシリーズが続くかもです。

次回の更新は、2/6の予定です〜!

*****

近況を少し。

1/30から、勤務してます成安造形大学の卒業制作展が始まります。
今年はわたしの担当するMONゼミは総勢17名。それぞれ今持てる力を出し切った作品が揃いました
(イラストクラスは4年の卒業制作のみ90名近く、あと、他の洋画や日本画、グラフィックデザイン、ファッション、プロダクト、住環境、現代アートなどは、3年生の進級展も兼ねています)。
会場である京都市美術館は、平安神宮大鳥居のすぐ東隣。
ぜひ、冬の京都観光とあわせてごらんください。

成安造形大学卒業進級制作展2013
1月30日(水)〜2月3日(日) 9:00〜17:00 (最終日は16:00まで)
詳しくはこちら

MONゼミのブログはこちら

**
2月に入りますと、挿絵イラストの仕事を始めます〜。
本が出るのはたぶん初夏ごろ。
またお知らせいたします♬

Twitterはこちら
しゅうりょう~
ここんとこずっと、かかりっきりになっていた仕事が、ゆうべめでたく終了!
これから直しなど入る可能性も多々ありますが、とにかく一息です。

えーっと、まだ詳しいことは書けないのですが、「笑って自由研究」のシリーズ第二弾です。
だいたい1ヶ月前あたりにタイトルなど発表とのことなので、来月上旬にはいろいろとお知らせすることができると思います☆

この仕事は取材を3-4月にしまして、7月終わりに原稿の第一稿、8月あたまにレイアウトをいただいてというかんじに、わたしの仕事は大学の夏休みにかぶせるかたちでスケジューリングをしていただいてたのですが、ラストらへんが押せ押せになってしまって、でも、なんとか引き渡しできて、ほっとしました~~~。

まだ先の話ですが、11/5に勤務先大学にて、「笑って自由研究」作者の令丈ヒロ子先生をおむかえして、講演会というか、同僚まつむらまきお(彼も令丈先生のお話に絵をつけています)とわたしとの鼎談形式のおはなし会があります。また、詳しいことが決まりしだいお知らせいたしますので、ぜひぜひおいでください。
滋賀ですが、JR京都駅から、電車に乗ってしまえば30分です~。

大学の公開講座なのでこちらからお申し込みを受けることになります(まだ告知のみなので、更新されしだいお知らせしますね!)。
あ、もちろん無料です!!
6月になりました
5gatsu.jpg
6月になりました。
今日も寒かった。今週後半は、京都取材や、ベルギービールウイークエンド大阪(木~日@新梅田シティ)や、日曜にはZINE PICNIC(お昼前後、公園でゴハンがてらと思ってます。バッグのカタログを配ろうかな。。。)があるので、お天気もつといいんだけどな。

今日はちょっと手短かに本業仕事などお知らせ中心で。

6/1発売号の、ミーツ・リージョナル7月号に、小さなコラムを書いています。

Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2011年 07月号 [雑誌]Meets Regional (ミーツ リージョナル) 2011年 07月号 [雑誌]
(2011/06/01)
不明

商品詳細を見る

まんなかあたりの、ZINE特集の見開きにて、おすすめZINEを紹介しました。
いろいろ迷ったのですが、わたしなりに、女子的なZINEということで3冊、「じぶんでもこういうの作ってみたい」「手作り感あふれてる」「ラブリーな気持ちになる」というかんじのものを選びました。

先日もちょこっとお知らせしましたが、イラストを担当しました「笑って自由研究 おかし工場のひみつ!!」が重版かかりました。うれしいです!
シリーズ第二弾の取材は終わっていて、11月ごろに刊行の予定です。
また、みらい文庫から、わたしが少し関わる他の本の企画もいま進行しています。
今週末は雑誌のための京都取材。こちらは今月末にはお知らせできると思います。

それからZINE関係。
7月のTOKYO ART BOOK FAIR 2011出展が決まりました。
7/16,17,18の三日間。詳しくはこちらを。こちらの詳細、出品物などはまたお知らせしますね。

来週末6/12(日)は、東京蒲田の大田区産業プラザにて「文学フリマ」、MONMON BOOKS既刊12冊と、新刊の手製本フォトブック「コドモノオクリモノ」を持って行きます(新刊本、まだ製本作業をする時間がとれてません!遅れ遅れ、今週末にはBOOKSサイトにアップの予定~~)。
6/18(土)は19時から大阪レトロ印刷さんで開催されるZINE NIGHTに、これはお客さんとして行きます。
渋谷ONLY FREE PAPERの石崎さんをお迎えして、BOOKS DANTALION境さんとレトロ印刷スタッフさんとのトークショー。楽しみです。

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
facebook
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ
「おかし工場のひみつ」!
ピクチャ 1
(クリックで拡大)
さてさて、やっとお目見えすることになりましたーー!
イラストを担当しました「笑って自由研究 おかし工場のひみつ」(令丈ヒロ子作)、本は3月1日発売なのですが、集英社みらい文庫のHPにて、先読み連載が始まりました。
集英社みらい文庫サイトはこちら
みらい文庫さんのtwitterはこちら
まずは元旦にすでにアップされている第一回目から次回はちょっととんで1月14日、それから2月25日まで全8回、毎週金曜日更新です。
先読み連載分は、グリコ取材をもとにした、主にポッキーのおはなし。文庫にはミスドのおはなしが続きます。
文庫にはおまけで、わたしの実録グリコ&ミスド取材記(まんが)と、小学生中学生の調べ学習に役立つ自由研究のためのメモがつき、お話のあちこちに(これは先読み連載にも入ってますが)「ひとくち大阪講座」ミニコラムまであって、一粒で何度もおいしくお得なかんじになってます!

登場人物は、上画像の右から「ぴろコン」「みのP」「MONMON」。ぴろコンとMONMONは、君らすでに大阪のおばちゃん?ってかんじの小学5年生。みのPは、最近ふたりのなわばりの近所にひっこしてきた謎の天然セレブお嬢様です。
この3人のかけあいが、ほんっとおっかしくて、電車のなかで、添付で送られて来た原稿をiPhoneで読みながら笑いを押さえきれず何度も怪しい人になってしまったわたし。イラスト描きながらも何度もニヤニヤしたり、ぷふってなってしまいました(外でも家でも怪しい)。

このシリーズは続く予定でして、次回取材のテーマも決まっております。
ぜひぜひお楽しみに!!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
MONゼミ(卒業制作展は1/19-23@京都市美術館)
一段落
今朝(イブの朝)、無事、「笑って自由研究、おかし工場のひみつ」(集英社みらい文庫より3月刊)のための、すべてのイラスト&まんが原稿を納品しました~。
本文イラストのほうは先週末で全部納品終了。
その後、この本のために令丈ヒロ子先生と編集さんとで、グリコとミスドに取材へ行ったときの「取材レポートまんが」をそれぞれ6ページずつ仕上げて、昨日朝と今朝にわけて納品。
まんがに関しては、本の判型が小さいので(新書判)1ページに入って4コマ。なので、合計12ページといっても、作業的にすごく大変なわけではありません。
ただ、たーーーくさん取材したなかの、どれを生かしてどれをやめとくという、取捨選択と書き直し。これがいちばん大変でした。まあ、まんがの時はいつもそうではあります。ざっくりした流れと構成は、かなり前からできてはいたのですが、最終的なネームが決まるまでに時間かかってしまった。

とまあそんなわけで、今日編集さんからはOKでたので、最終的にこのまま入稿になるかどうかは、年明けにグリコさんとミスドさんからのチェックを待ってからになりますが、ともかく大きく一段落。
かーなーりー、ほっとしました!!
本文中のイラストが大小あわせて約50点ほど、まんがが合計12ページ、それからカバーと、久々に大きくまとまったお仕事になりました。

学校のほうも出勤を伴う業務は今日で終了。
年末年始にかけて卒制製作中の学生とのやりとりや、展示を考えたりはあっても、やっぱ一段落です。

そのほかというと、MONMONBOOKS新刊入稿と年明けイベントの準備、新しい仕事のアイデアスケッチを、年末年始でやってしまいたいと思っているのではありますが、今日はおふろにはいってぬくぬくとして、じぶんへのご褒美で買ってかえったヒューガルテンを飲んで、ぬくぬくな犬と寝ますよ~~。
カンテツした日って、実は少々ハイになってるんで案外大丈夫なんだけど、翌日ガクンとくることが多い。目の下にクマできて、疲れてる顔になっちゃうのも当日より翌日だったりする。いかん、いかん。
今日はしっかりあちこちマッサージして寝ようっと。
「おかし工場のひみつ」
令丈ヒロ子先生のお話にイラストをつける仕事も今年中納品をめざし(っていうか〆切ですよ)ラストスパート。
タイトルは「笑って自由研究、おかし工場のひみつ」。
大阪の女の子、ぴろコンとMONMONが、ちょっとふしぎなセレブガール・みのP(みのぴー)に出会います。いつもおなかをすかしているふたりは、みのPのふしぎな力でおかし工場に潜入したり、おかしを作っている人の話を聞いたり。。。。。

いちおうラフが今朝ぜんぶできたので、あとは整理と仕上げです。イラストのほうは、チェックを待って、そのあいだにレポートまんがを仕上げねば!なんとか来週あたまには!!

この仕事は、この3月から、どういう方向で進めるかの企画から取材まで、すごい楽しくごいっしょさせていただいてます。取材には、グリコ(ポッキー)とミスター・ドーナツへ行きました。じっさいに、このふたつの会社や工場でのことが、お話にもりこまれてます。
ストーリーは基本フィクションなのですが、実際に取材でお会いしたかたもキャラとして登場していただいてたり、その反面、ストーリーの夢のなかのおかし工場やメモリアルホールはすごいこと(?)になってたり。。。。

はじめは、どういうふうにまとめたらいいのか、予想もつかなかったのですが、さすが令丈先生。。。!
ストーリーのまとまりもさることながら、この、ぴろコンとMONMONの大阪弁でのかけあいが、それはそれは濃くて。。。。途中からふたりに慣れて来た、セレブすぎて天然キャラ・みのPのつっこみも冴えてきて、わたしは電車の中で原稿読みながら、声出して笑っちゃったことが何度も!
これ、大阪弁で学芸会のお芝居にしたらぜったいウケる。わたしが小学生ならぜったいそうする。

で、わたしはそのストーリー部分のイラストと、それから、実際の取材風景の、リアルなレポートまんがを担当しています。このお話を読んだ子たちが、ストーリーを楽しんだあとは、じっさいにいつも食べているおかしがどうやって作られてるのか、つくっているおとながどういう気持ちで働いているかがわかるという、そしてついでに、取材ってどうやってしているの?ってとこをお見せすることで、自由研究にも役立ててもらおうという(そういうページもあります)、超欲張りな企画となっております!

ストーリー部分からレポート部分まで全体で、しごとっていろいろあるんだ、みんな真剣で、楽しんでて、おとなってかっこいい!って思ってもらえたらなーと、スタッフ一同思って作っております。
今回はおかしでしたが、シリーズとしてこれからもいろんなところを取材予定です。

追々、キャラ紹介などもちょこちょこアップしていこうと思います。

集英社みらい文庫の準備サイトはこちら
みらい文庫のtwitterはこちら
ほんやくしごとnew
いつもお世話になっている「ギャラリーあしたの箱」さんで、作品展が10/9から始まる木戸直子さんの絵本「dam dam juice」の本文英訳をしました。

■dam dam juice~木戸直子作品展~
ピクチャ 3
絵本「dam dam juice」原画展。
その他、森の子どもと動物たちの日々が描かれた小作品や、木戸直子解釈による童話の名シーンも展示。かわいさとシュールの狭間をお楽しみ下さい。

2010.10.9(土)~24(日)水木休み
13時~19時(最終日17時迄)
■作家在廊予定:10/9
■絵本の世界を食べちゃおう?!
アップルの発音」さんのdam damなパン(10/9のみ)
cafe Yooi」さんのdam damな焼菓子(会期中)もお目見えいたします。
■絵本 dam dam juice /木戸直子作
こどものくにのこどものじゅーす。おてんば うそつき なまけもの
森の子どもたちや動物たちはdam dam juiceが大好物。でもいったいdam damって?
じめじめした森でとれるdam damはとろーり濃厚。dam dam juiceのレシピも。
A5判 16ページ 800Yen(税込)
ashitanohako books刊
10月9日発売予定
ご予約受付中:下記宛にメールにてご注文ください
メール便(10冊まで200円)にてお送りできます。
info@ashitanohako.co

*わたしは11月にこちらで、「イヌヤラネコヤラ」展に参加させていただきます~。これもあれも、また近づいたらお知らせしますね!

twitter by monmonbooks
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
ラフ
この春から徐々に取材などでとりかかっていた、児童文学作家さんとのプロジェクト。
プロジェクトとゆーかコラボとまではいかない、もちろん主体は文字作品で、わたしは絵にしていく必要があるので取材も同行、キャラ設定やキャラたちがどのように走り出すかを時々いっしょに考えさせてもらってきました。ただいま、どのようなイラストを入れていったらよいか、原稿(すごく楽しい!)の読み込みと、アイデア出しをかねたラフラフ作業中。あまり今までにないスタイルの作品なので、楽しさを出すための責任の重大さも感じつつ。
現段階ではとくに、メインキャラ3人の服や髪型、表情、動きをあれこれ、あれこれ、こうでもないああでもない、これはいけるかも、こっちのほうがいいかも、えーやっぱこっちのほうがかわいいかな、いやいや・・と、昨日今日と何十枚もラフを書いていますが、まだまだ足りない。もっと動いてもらわないと。もっと書きます。他キャラや背景も、取材写真を見ながらあれこれ書いては悩み中。この作業はすっごく楽しいんだけど、いちばん時間がかかってたいへんではある。


今日は、久しぶりに天神橋筋六丁目すぐの大好きなケーキ屋さん「アルション」で友人とお茶したあと、梅田へ。曇っていたせいか(日差しがないだけですごく過ごしやすい。雲、がんばれ!)、それほど暑くなかったので、中崎町散策がてら歩いていったのだけど、やっぱ動くと暑いですね。
ここんとこずっと、昼間ほとんど外へ出ないモグラのような生活をしていたので、ちょっとでもこたえます。
暑いのは平気だったのになあ。13年くらい前に東京で家に取材に来られた、世界を渡り歩いてきたTVカメラマンさんが、バングラデシュより暑い部屋だとお墨付きをつけてくださって、そのころはそれでもエアコンつけずにいられたのに、もうだめ、ほんとにだめです。
高校生にもナイターか、せめて早朝に野球させてあげたい。

無印で「季節のお買い得」散財したあと、スタバでちょっと仕事してたのだけど、今日は大阪では淀川花火だったんですね。
けだるいボーカルジャズの流れるスタバ店内から窓際のソファのひとり席で外を眺めてると(仕事してないやん)、浴衣のカップルや、親子連れ、きっと披露宴の後であろう風船やら大きな紙袋やらを持った礼服の若者の団体さんがいて、そこへ花火大会の、どーん、どどーん、というすごい爆音が店内にまで響くという状況がとてもシュールで、なんだか、このまま世界が終わってしまうのじゃないかという幻想が頭をぐるぐるしてしまった。
映画なんかで、悪い宇宙人がおっきなUFOで現れたり飛行機が墜落とか大地震の直前って、いろんな人が幸せな状況をまず演出するじゃないですか。なんだかあんなかんじを思い浮かべた。


ずっと低め安定していたはずの血圧が、ここんとこ一段低くなってるかんじなので(ひどいと50-80とか。中国人の鍼のお医者さんにドラキュラのようだと言われたことあり)、塩分と水分と睡眠しっかりとろうと思います。
若いときから、すごく元気そうってことがほとんどなくて、喫茶店でただぼんやりしてて隣の人に「大丈夫?」と声をかけられたりするわたしですが、いつも体調低めだけども、じつはすごく悪いってことは人生でほとんどない。いつも低め安定。それがいいことなのかどうかはわかりませんが。
でもそんななかでも血圧良くないときって、指先まで血が巡ってない感覚です。
銀行やipadのタッチパネルが指先に反応してくれないことがすっごく多いのだけど、それってこういうのと関係あるのかしらん。

TWEET+monmonbooks=monmonbWEETs
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon
MONMON BOOKS
TEE PARTY-monmonbooks
イラストレーションな日々(成安造形大学)
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.