FC2ブログ
MONMON PRESS
エッセイマンガ家 イラストレータ- MONの仕事
PHPくらしラク~る8月号
ピクチャ 4ピクチャ 2

ただいま発売中の、「PHPくらしラク~る♪」8月号
特別企画、「京都でパワーチャージ」掲載中です。
京都で坐禅体験、香道体験レポート、記事とイラストレポートで9ページやっております。
本屋さん、コンビニなどでぜひお手にとってみてくださいね!

京都の夏はこれまた暑いんですけど、わたしの大好きな鞍馬など、市内でも北のほうは少しさわやかですよ。貴船はかなりなパワースポットらしいし(この取材するまで知りませんでした~)。
春や秋は気候はよいけど人があまりにもほんとにもう多すぎだし、夏や冬の京都は場所によっては案外よいかもしれません。

イラストレーションな日々(成安造形大学)
TWEET+EAT=TWEAT BY kuumon(MON)
MONMON BOOKS
新刊など
20101blogのコピー
2月になってしまいました。今年もすでに1ヶ月がすぎてしまった。
さて、4ページエッセイマンガ掲載中のYOUが発売中です。YOUは隔週刊ですので、バレンタイン前に書店へ!
また、翻訳をしております「ミステリー・パピークラブ」最終巻4巻が出ております。これにて全巻揃いました。
どうぞよろしくお願いしまーす!

久しぶりに風邪で寝込んでいました。去年もやっぱり2月に寝込んだのですが、去年はインフルエンザA型(思えば流行最先端でした。もしかしたら新型だったかもしれない、熱もあまり上がらずタミフルは飲んだとたんにはきもどし食欲なしの、とにかくしんどい1週間だった。お医者に行ったとたん点滴)、今回のはクラシックな風邪で、もうだめだと思ってお医者へ行ってもらった薬がことのほかよく効き、ぐんぐんと復活しております。熱があっても食欲があったので、しんどいながらもなにかこう、これは大丈夫感がありました。
発熱したときは一瞬、「ワンピース」全巻読破後の知恵熱かとも思いましたが、風邪症状がきっちりあったので……(全巻読んだ後も、現在の最終巻56巻を既に10回くらい読み直してはその度泣いている)。

もうひとつ、わたしの健康バロメーターはコーヒーでして、たいてい普通のコーヒーカップ換算にすると(ふだん特大マグで飲むので)一日3~4杯は飲んでいますが、これがぱったり一滴も飲めなくなるのが胃腸はじめ身体の弱り度最大値。今回の風邪は、熱あってもあったかいカフェオレとかはほしかったので、ああ、それくらいか、と思うのです。

さて、ほんとにいろいろたまっている作業をやらねば……。
そして、今週末は、神戸でのミニコミイベント、来週末は東京にてコミティア。今回はMONMONBOOKSの新刊は無理そうですが、同僚学生友人と作っているまんが誌の新刊をひっさげて行きます。といってもこれもまだ作業中~~。
下絵出来
やっとネームがまとまり、下絵が完成したので、おふろに入ってビールでひと休み。
これから枠線を引いてしまって、お弁当を作ってから仮眠、それから仕上げにかかります。あとは、とにかく肉体労働なので、物理的な時間をどれだけとるかが問題。1枚1時間半で4枚、それでなんとか宅配便集配所に7時までにいけるのではないかという計算です(7時までに近所の集配所に持ち込めば,明日配達してくれるので。宅配便ってほんとえらい)。

枠線だけ引いた時点でいったん仮眠をとるのは理由があって、わたしは、ひとまとまりの仕事は「その日のうち」に終えたいのですが、マンガ作業の場合は、下絵~枠線、ペン入れ~仕上げ、が、それぞれなんとなくひとまとまりなかんじがわたしはするのです。
マンガは、ネームがとにかく一番時間がかる作業でして、枚数に関わらず、何日も、場合によっては数週間かかります(その余裕があればだけど)。イラストの仕事の場合はほんとにまちまちで、シリーズものなどだとまんがのネームと同じで、キャラクター設定とか流れとか、全体イメージが立ち上がるまでのアイデアにぎりぎりまでかかることもありますが、どちらにしても、描くものが決まってしまえば、あとは早い。
かっちりネームの決まったマンガ8ページ程度なら、下絵1~2日(ネームの段階で、どこまでカット割りや構図が決まってるかにもよる。ラフなネームのまま進めてたり、あるいは旅もの取材ものなどで、資料や写真を見て描く必要があるのが多いと、そのぶん時間かかる)、仕上げ1日、カラーなら、プラス色塗りを1~2日くらい。ただし、マーカーで塗る、水彩で塗る、デジタル仕上げそれぞれで微妙にかかる時間が違ってくるし(デジタルがいちばん時間かかる)、作業はハイテンションで一気に20時間とか、ぶっつづけでやることもあるんですが、寝る時間があまりないときは、ラストでへばると一番ヤバいので、じぶんの体力気力といつも相談、残り時間を計算しつつ、仮眠休憩入れていくようにします。最近さすがに体力もたないことも多々あって、そこも計算に入れとかないとなー。
もちろんわたしの絵柄だからこういう配分が成り立つわけで、それぞれのやり方があろうかと思います。大昔、正当派な少女漫画を描いてたときは、やっぱ1枚につき下絵~仕上げまで4時間くらいかかってましたし。でも、じつは、今でも効果線とか描くのは好き。描く機会もないけれど。。。。(集中線とかカケアミとか縄アミとか)。

ところで、今日のお弁当のおかずは、たまねぎのカレー粉炒め、ハムとコーン入り卵焼き(ちなみにわたしは卵焼きに一切味付けしません)、紫きゃべつとツナのサラダ(ごまと七味とポン酢醤油とマヨネーズ)、そしてシンガポールチキンライス(無印の炊き込みごはんの素で)のおにぎり。寝る前に食べちゃうかも~。
パピー4
文字仕事が一段落。
「ミステリー・パピークラブ」シリーズの第4巻の翻訳を昨日の夕方送り、同時に進めていた3巻のゲラ(刷りだし)のチェックを、さっき宅配便で送ったところ。たぶん直しがまだ出ると思いますし、それから、4巻のチェックなどもこれからの仕事ではありますが、気分的には一段落です。
これからMONMON BOOKSの新しいのにとりかかりまーす。
もじしごと
今週はずっと家では文字仕事です。
「ミステリー・パピークラブ」4巻の翻訳をやっています。さっき、1冊分の粗訳が終わりました。
粗訳というのは、わたしの場合は、とにかくざーっと、読むスピードでどんどん前から日本語に変換して文章を打ち込んでいく作業です。この場合、漢字が統一されてないとか、ぎこちないとか、そういうのは後回しにして、とにかく、意味を文脈にそって正確にとるようにします。この場合、あまり意訳にしません。とくに、てこずりそうな文章は、なるべくぎっちりした、何も省略しない直訳にしておきます。そのほうが、あとで日本語の流れとして文章を整理していくときにラクなのです。
短い会話は勢いで、その場で意訳にすることが多いかな。もちろん、まちがってないというのが大前提ですが。悪者の口調を、人物によってあれこれ考えるのは楽しいですねー。

で、これをいちど全部、紙にプリントして手直ししていきます。推敲は紙で見ないと、どうも頭がうまくまわりません。
シリーズものなので、同じ言い回しにしないといけない部分のチェックとか、小学生中学年にわかることばや言い回しを考えたり、登場人物それぞれの会話のくせの統一だとか、あと、これはイギリスの本なのだけど、イギリスならではのものが重要なお話ではないので、たとえばパトカーの音はぜんぶ日本風、お金の単位も円になおします。

英語では、代名詞をよく使うけど、こういう軽い読み物のときは、たとえば「彼は」みたいな言い方はそぐわないと思うので(8歳くらいの女子は言わないし)、今回はすべて、だれそれが、というふうに全て主語を固有名詞で語るようにしています(それがくどくならないよう工夫も必要だけど)。
また、英語では、同じものをいろんな違うことばで表現するというのがありますが、日本語でそれをやるとくどいとわたしは思うので、そのへんはすぱっとわりきってシンプルにしたりもします。

今回は車の表現にまずてこずりました。
vanと原本にはあるんだけど、まず日本語でふだん、車の種類ってぜんぜん知らないので、はじめは内容からしてワゴン車?とか思ってたんですけど、あとのほうに出て来るイラストを見ると、引っ越しに使うようなトラックなんですね。で、それが「トラック」でいいのかどうかから始まって、で、あの四角い箱の荷物を詰める部分をなんと言うのか、正しい言い方は調べればわかるんですが(「荷室」)、それがふだん使えることばなのかどうか(わたしはいきなり「荷室」といわれてもわかんない)、でも、たとえそういうものなのであろうと、やっぱ子どもの、とくに女子にはわからないと思うので、何かいい言葉、でも、まちがってない言葉がないものか、これを同僚男子に、あれこれお知恵を借りてなんとか……(チコ・ボンボンのときの工具のときもお世話になっとります)。どうなったかは本編にて見ていただけるとうれしいなあ。。。
だいぶ前、通訳翻訳学校へ行っていたときあぜんとしたのは、英語はもちろんなんですが、日本語がわからないことが多すぎて……。今もです。。

とまあ、こういう推敲をプリントと原本を、イラストとのかねあいも見ながらやってていきます。それをまた打ち込んで、プリントして……を、何度かくりかえします。
日本語をあれこれいじる作業は、じっとそればっかりやってると、ぐるぐるとわかんなくなってくるんで、通勤途中とかに、細切れにやるのがけっこういいかんじです。
それから、このシリーズは、イラストがわりと多いんですが、日本語は縦組みにするので、読む方向が逆になります。なので、たとえば登場人物が走っているシーンなどは反転させます。反転にするイラストの指示と、そして看板やサインなんかもなるべく日本語にしたいので、その部分だけ別に訳出したものもそえて、やっと編集さんに。
なんとか、来週頭までにかたちにしたいです。
ロリエ広告
お知らせ遅れました。ただいま発売中の、なかよしの裏表紙と、りぼんの本文まんがカラー表紙裏にて、花王ロリエ「おとなになるということ」シリーズの広告掲載中です。
毎度のことですが、本屋さんでなかよしを、くるっと裏返してごらんくださいませ。

ばたばたしておりますが、また九州ぐるり旅の写真などおいおいアップしていくつもりです~。
MONMON BOOKSの続刊作業中。シリーズ第二弾として4冊同時刊行したいと思ってます。
それから12月初旬に大阪で、ミニ本展をすることになりそうです。こちらもまた、決定次第お知らせいたします。
ミステリー・パピークラブ
ミステリー・パピークラブ 2ミステリー・パピークラブ 2
(2009/09/02)
ジョディー・メラー

商品詳細を見る

チコ・ボンボンに引き続きまして、翻訳しましたこちら、「ミステリー・パピークラブ2」も発売中です!
今回は、ロックスターの家の絵が盗難にあい、その場所に居合わせたクラブの3人が、容疑者とされる元マネージャーを探します。クラブの女子たちは今回も元気、そして、元マネージャーさんの息子さんが、なかなかイカした男子なんですよ。
チコ・ボンボンと すてきなどうぐベルト
チコ・ボンボンとすてきなどうぐベルトチコ・ボンボンとすてきなどうぐベルト
(2009/08)
クリス モンロー

商品詳細を見る

「チコ・ボンボンと すてきなどうぐベルト」発売中です!
いつも腰に巻いているベルトに入った工具で、どんなものでも作ってしまう、いつも冷静、なにごとにも動じないクールなさる、チコが、ある日、相棒のさるににげられた移動サーカス団のオルガン弾きに誘拐されてしまいます。でもチコなら大丈夫……。

著者のクリス・モンローさんは、以前翻訳を担当しました「パパのカノジョは」(右柱「翻訳」欄をごらんください)のイラストレーターさん。今回は、お話もてがけてらっしゃいます。「パパのカノジョは」ではクレパスで厚塗りした画風でしたが、今回はペンと水彩でさらっと軽くて、そのぶんいろんなアソビがいっぱいです。
わたしは翻訳と、カバーの「どうぐベルト」中表紙のタイトル絵文字と、本文中の日本語書き文字を担当しました。

こまごまと小さな書き込みにくすっと笑える、おとなも楽しめる絵本です。けっこうユルくてつっこみどころもいっぱいなんですが……。そしてなんといっても、チコの表情がかわいいですー。
どうぞよろしくお願いします。
9月になりました
ブログ200908
今年の夏は比較的涼しかったように思いますが、なんだかここ数日、日によっては暑くても、空気の匂いにぐっと秋を感じます。
ゼミ展、オープンキャンパスなどが終わり、だんだんと後期に向けての準備を始める時期になりました。毎年(といっても今回で3年目)後期に講義をひとつ受け持っているのですが、半年あくと、いろんなことを忘れてるんですね……プロジェクターなど機材の使い方とか、何を準備したかとか。

minnkyo-yo-.jpg
↑こちら、民教協(民間放送教育協会)のパンフレットにイラストを描きました。
正しくは、今年3月に行われたメルエキスポ(メディア・リテラシーに関心をもつ人、メディア・リテラシーをめぐる実践にたずさわる人たちが情報の交換や交流をおこなうための場)に出展した民教協のパネル用イラストを、今回新しいパンフレットにも使っていただいたということです~。
このパンフレットはテレビ朝日の受付に常時数冊置いてあるのと、民教協にお問い合わせいただければお送りできるとのこと。わたしのイラストはちっちゃいですが、どこの展示会でも即完売となるぬいぐるみ作家「黒ねこ事務所」さんのぬいぐるみがたくさん載ってます。かわいいですよー。

さて、今後の動きとしましては、授業の準備と学校業務をちょこちょことやりながら(業務とは、出張とか会議とか入試とか。このへんは、わたしの今までの人生にもっともなかったものでして、「出張」とかいうことばを使うのがオトナなかんじでちょっとうれしいわたしです)、翻訳のリーディングをひとつ進めつつ、豆本シリーズMONMON BOOKSの続刊を、この1ヶ月以内に4冊出せればと思っています。
ほんやく本のお知らせ
翻訳を担当しました「チコ・ボンボンとすてきなどうぐベルト」出ていましたー。
ちょっとまだ在庫が不安定なようですので、アマゾンに画像がアップされたらまたお知らせいたします。
オンライン書店bk1
アマゾン
紀伊國屋書店ブックウエブ
HMVオンライン

同じく翻訳をしました「ミステリー・パピークラブ2」、もうすぐ発売です。こちらはまだ予約受付中ですので、発売されたらしっかりまたお知らせさせていただきます~。

令丈ヒロ子さんとペアでの、とつげきレポート掲載中PHPくらしラク~る9月号は発売中です。

MONMON BOOKS、「アメリカまるかじり」も、引き続きどうぞよろしくお願いしますー!
copyright © 2005 MONMON PRESS all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.